NEWS NET

神戸大NEWS NET 2000年(7〜8月)のニュース






ニュースネット ホームページに戻る。

◎【告知】秋季近畿学生野球リーグ 9月1日開幕

 平成十二年度秋季近畿学生野球一部リーグが九月一日開幕する。神戸大は山口章太主将率いる新チームで春季五位の雪辱戦に挑む。日程は以下の通り。【8月31日 UNN】

●秋季近畿学生野球1部リーグ
 9月1日 南港中央野球場
  午前10時 阪南大−奈良大
  午後12時30分 奈産大−神戸大

 9月2日 南港中央野球場
  午前10時 大教大−大府大
  午後12時30分 奈良大−阪南大
 
 9月3日 南港中央野球場
  午前10時 神戸大−奈産大
  午後12時30分 大府大−大教大

 9月8日 南港中央野球場
  午前10時 奈産大−大府大
  午後12時30分 大教大−奈良大

 9月9日 南港中央野球場
  午前10時 阪南大−神戸大
  午後12時30分 大府大−奈産大

 9月10日 南港中央野球場
  午前10時 奈良大−大教大
  午後12時30分 神戸大−阪南大

 9月21日 南港中央野球場
  午前10時 阪南大−大府大
  午後12時30分 神戸大−奈良大

 9月22日 南港中央野球場
  午前10時 奈産大−大教大
  午後12時30分 大府大−阪南大

 9月23日 南港中央野球場
  午前10時 奈良大−神戸大
  午後12時30分 大教大−奈産大

 9月28日 南港中央野球場
  午前10時 大府大−神戸大
  午後12時30分 阪南大−大教大

 10月4日 南港中央野球場
  午前10時 奈産大−奈良大
  午後12時30分 神戸大−大府大

 10月5日 南港中央野球場
  午前10時 大教大−阪南大
  午後12時30分 奈良大−奈産大

 10月12日 万博球場
  午前10時 阪南大−奈産大
  午後12時30分 大府大−奈良大

 10月13日 藤井寺球場
  午前10時 奈良大−大府大
  午後12時30分 大教大−神戸大

 10月14日 藤井寺球場
  午前10時 神戸大−大教大
  午後12時30分 奈産大−阪南大




◎【告知】9月9日、初戦は対甲南大 アメフット日程

 関西学生アメリカンフットボールリーグが九月二日に開幕する。連覇を狙う関学は尼崎市陸上競技場で同大と対戦する。【8月31日 UNN】

●関西学生アメリカンフットボールリーグ
 9月2日 尼崎市陸上競技場
  午後5時 関学−同大

 9月3日 長居球技場
  午後4時 京大−近大

 9月9日 西宮球技場
  午前11時40分 甲南大−神戸大
  午後2時40分 立 命−大産大

 9月16日 西宮球技場
  午前11時40分 関学−大産大
  午後2時40分 京大−神戸大

 9月17日 長居球技場
  午後0時 甲南大−近大
  午後3時 立 命−同大

 9月30日 西宮球技場
  午後0時 甲南大−大産大
  午後3時 関 学−近 大

 10月1日 宝ヶ池球技場
  午前11時20分 京大−同 大
  午後2時20分 立命−神戸大

 10月14日 宝ヶ池球技場
  午前11時20分 立命−近 大
  午後2時20分 京大−大産大

 10月15日 西宮スタジアム
  午後1時 関 学−神戸大
  午後4時 甲南大−同 大

 10月28日 西宮スタジアム
  午後1時 神戸大−大産大
  午後4時 近 大−同 大

 10月29日 西宮スタジアム
  午後1時 関 学−甲南大
  午後4時 立 命−京 大

 11月11日 西宮スタジアム
  午後1時 神戸大−同 大
  午後4時 立 命−甲南大

 11月12日 西宮スタジアム
  午後1時 近大−大産大
  午後4時 関学−京 大

 11月25日 西宮スタジアム
  午後1時 大産大−同 大
  午後4時 京 大−甲南大

 11月26日 西宮スタジアム
  午後1時 神戸大−近大
  午後4時 関 学−立命




◎シドニー五輪に壮行演奏会 吹奏楽部から16人

 「シドニー2000オリンピックバンド日本派遣団壮行演奏会」が八月三十日、大阪国際交流センター大ホールで行われ、本番に向けて順調な仕上がり具合を披露した。【8月30日 神戸大学NEWS NET=UNN】

Photo  オリンピックには日本を代表して関西学生吹奏楽連盟から百八十五人が出演。九月十五日に行われる開会式で、選手入場の伴奏やマーチングを行う。このバンドには、関西の大学から約六百人の中から百八十人が選出された。神戸大の応援団総部吹奏楽部からも十六人が参加。
 この日の演奏会には、日本で最後の公開演奏ということもあり、老若男女問わず、およそ二百人以上の観客が詰めかけた。

「水・陸・そら、無限大」など熱演

 第一部では、友情出演として大阪府立淀川工業高校吹奏楽部が演奏。カーペンターズ・フォーエバーや加山雄三メドレーなど、若さ溢れた演奏で先輩達を壮行。
 シドニーバンドは第二部に出演。「連盟マーチ(関西学生吹奏楽連盟委嘱曲)」、「19」の「水・陸・そら、無限大」、「東京オリンピックマーチ」、「スター・パズル・マーチ」、「We are the world」を演奏、観客を魅了する。また、曲と曲の間に曲当てクイズをし、正解者にプレゼントを渡すなど演出にも凝り、観客を楽しませた。最後のアンコール曲でも「YMCA」を団員、観客など全員で踊り、演奏会をしめくくった。

一年の練習の成果をシドニーで

 同じ吹奏楽部の仲間の演奏を聞きに来たという大槻祐士さん(神戸大・法・三年)は「音がよく響いていた。室内の演奏から屋外の演奏に変わっている」と、仲間達の努力に感心していた。
 神戸大の吉田玲子さん(国文・三年)は「今日は人の前で演奏するいい機会になった。一年かけてやってきたので、最後は自分が納得できるように終わりたい」と語した。また、実行委員会会長の倉地祥子さん(桃山大・二年)は「シドニーに向けて順調。あとは現地に行って調整するだけ」と自信満々に意気込みを話した。
 シドニーバンドの練習は昨年の九月から始められた。各大学の練習もあることから全体練習は月一回のペースだったが、各自自主練習に励んだという。その月一回の全体練習では、本番に屋外で演奏することを想定し、雨天などコンディションの悪い日以外は大阪万博公園で練習を行った。また、今年の二月と六月にはニューヨーク大学の講師を招き、龍谷大で練習を行った。六月二十四日に西宮スタジアムで行われた「3000人の吹奏楽」にゲスト出演するなど、公開の場での経験も積んだ。

 八月に入ってからは生活面でも調整をはじめ、後半からは全体練習も毎日行った。八月二十八日に結団式も済ませ、万全の態勢だ。
 シドニーバンド日本派遣団は九月二日に関西国際空港を出発。現地入りして十五日の開会式に備える。(酒井大介 記者)

●神戸大応援団総部吹奏楽部からの出演者は次の16人(敬称略、五十音順)
阿江正輝(発達・一年) 浅原陽子(文・三年) 新井谷恵(国文・四年) 大塚美知代(発達・院二年)
岡 晶子(松蔭女大・四年) 小野たまみ(工・四年) 鈴木理子(経済・二年) 田邊久美子(国文・三年)
西本奈央(松蔭女大・四年) 平尾真紀(親和女大・三年) 深見裕美(工・三年) 松元康史(工・二年)
丸山耕平(発達・二年) 森田奈津子(国文・四年) 山本さや香(発達・二年) 吉田玲子(国文・三年)

【写真】練習は昨年の九月から始められた。(8月31日 大阪国際交流センター大ホールで 撮影=酒井大介)



◎国立大大学院の定員大幅増

 文部省は八月三十日、社会人の再教育や専門的な職業人養成のため、来年度の国立大の大学院入学定員を二千四十四人増やし、修士・博士両課程合わせて四万八千六百二十七人にすると発表した。神戸大の入試情報はhttp://www.kobe-u.ac.jp/admission/index-j.htmlを参照。 【8月30日 UNN】

 今春、一橋大と京大に初めて設置された、高度な実務能力を身に付ける専門大学院を来年度には新たに九大にも設置し、医療行政の専門家養成を図る。
 来年度の大学院入学定員は工学、五百七十二人増、医・歯学、二百十三人増など自然科学系の増員が目立つ。
 四年制大学の入学定員は四十人増の九万七千三百三十七人。少子化の影響で十八の大学で合わせて四百二十人今年よりも定員が減る一方で、弘前大などで医療技術短期大学部を四年制に改組したため、五年ぶりに増加に転じた。短大は四百人減の千七百九十人。
 九大では専門大学院として医療経営・管理学専攻を新設。定員は二十人で、地域の医療体制の在り方などを研究する。
 米国のビジネススクールをモデルにした一橋大の専門大学院の入学定員も現在より二十四人増やす。
 福島大、茨城大の大学院ではスクールカウンセラー養成のため、学校臨床心理専攻を新設。筑波大は社会人向けの夜間大学院としてビジネス科学研究科を新たに設置する。
 岡山大、熊本大の大学院法学研究科では来年度、組織を改組するのに合わせて実践的な法曹教育に力を入れる模様。



◎もっと女子学生を公務員に 人事院が予算概算要求

 人事院は八月三十日、総額百十三億千三百万円の二〇〇一年度予算概算要求をまとめた。男女共同参画社会基本法を実現するための費用も計上されている。【8月30日 UNN】

 主な新規要求は、女子学生を積極的に国家公務員に採用するために東京と大阪で「女子学生のための霞が関セミナー」を開催する費用、二百三十万円。また、今年四月に施行された国家公務員倫理法の趣旨を民間企業に理解、協力してもらうパンフレットの作製や説明会の費用として二百二十万円を計上している。
 この予算概算請求は本年度予算と比べると十一・八%増となる。



◎医学部生も参加 神戸市の防災訓練

 兵庫県南部で震度六強の地震が発生、台風も接近という想定で、神戸市が八月二十九日午前、約千四百人が参加する総合防災訓練を実施。けがの程度に応じて負傷者を選ぶトリアージ訓練では、神戸大医学部の学生が赤い血のりなどのメークをして臨んだ。【8月29日 UNN】

 現実の災害に近いかたちにするため、特設会場のほか市内のビルや道路も使って訓練が行われた。
 訓練は午前七時五十分に地震が発生。さらに台風が接近して、浸水被害の可能性があるという想定。
 中央区内の都心を交通規制し、地下街の浸水防止、ビルからはしご車を使った救出訓練菜度が行われた。
 仮設の救護所では、けがの程度に応じて負傷者を選別するトリアージ訓練が行われ、神戸大医学部の学生が赤い血のりなどのメークをして参加した。



◎【告知】2日から はちの巣座公演「Will−age」

 はちの巣座プロデュース公演Will−ageが九月二日から四日まで六甲台講堂で行われる。二日、三日は午後二時と六時の二回、四日は午後三時に開演する。
 チケットは前売り五百円、当日六百円。生協国際文化学部サービスカウンターで発売中。チケット予約はキクチさん(電話090−9163−6774)まで。【8月12日 神戸大学NEWS NET=UNN】



◎【告知】震災モニュメントウォーク 9月は神戸大

 阪神大震災の慰霊碑を巡って関係者の体験を聞き、震災を語り継いでいこうという「震災モニュメントウオーク」の九月例会が、神戸大慰霊碑など灘区の碑を巡るコースで行われる。【8月28日 神戸大学NEWS NET=UNN】

 「震災モニュメントウオーク」は、一九九九年一月に始まった市民の運動。毎回百人ほどの参加者がおり、二か月に一回ほどのペースで行われている。今回で十回目。
 九月十六日土曜の午前九時三十分に阪急六甲駅北側出口に集合。六甲カトリック教会、神戸大六甲台学舎前庭、石屋川公園などを巡り、午後四時に解散する。マップは「モニュメントマップ」ホームページ参照。参加無料だが、昼食や飲み物は持参のこと。
 詳しくは、http://www1.plala.or.jp/monument/に掲示されるほか、毎日新聞でも告知される。連絡先は、震災モニュメントマップ作成委員会(電話078−595−1500、FAX078−595−280)まで。

●第10回震災モニュメントウオーク
 日  時 9月16日(土)
 受  付 午前9時30分
 出  発 午前10時
 集合場所 阪急六甲駅北側出口
 参加費  無料
 解  散 午後4時
  ※昼食、飲み物は各自で持参。
 コース
  ・六甲カトリック教会 聖母子像
  ・神戸大慰霊碑(六甲台学舎前庭=神戸大の学生・教職員四十一人の慰霊碑)
  ・高羽墓地慰霊碑(灘区桜ケ丘町2=桜ヶ丘、一王山などの各町地区七十四人の慰霊碑)
  ・石屋川公園の桜の木(足立伸也さん=当時二七=と富子さん=当時二五=を偲んで今年一月八日に植樹)
  ・交流会
  ・JR六甲道で解散



◎国立大の教育養成学部を見直す会議 文部省

 国立大学の運営を効率化し、質の高い教員を養成するために文部省は八月二十八日、会議を開き、国立大学の教員養成学部を統廃合して減らす方向で検討を始めた。【8月28日 UNN】

 八月二十八日から始まった会議には、大学や小・中学校の関係者が出席した。
 会議では、文部省の担当者が国立大学の教員養成学部を統廃合して減らす方向で検討するよう求めた。
 国立大学の教員養成の学部は、旧制の師範学校の流れを受け継いで都道府県に一つは置かれていて、合わせて四十八あり、一つ一つの規模が小さすぎて、教育の効果が十分に上がらないという指摘がある。
 また、会議では、今の教員養成学部の教官は、小中学校などで一度も子どもを教えた経験がない人が多いため指導力のある先生を養成できないなどの問題点が指摘され、質の高い教員を育てるために、学部の教育内容も含め、幅広く見直しの議論を進めることになった。
 文部省は、会議の意見を踏まえて、来年の夏ごろまでに学部の統廃合について結論を出したいとしている。



◎2001年エコノメトリック会議が募金呼びかけ

 経済学の理論的、計量的研究の発展を目指している国際的学「エコノメトリック・ソサエティ」の極東会議が、二〇〇一年七月に神戸大が担当大学になって神戸で開催される。アジアの若い研究者の参加を支援するために募金活動も行っている。【8月29日 神戸大学NEWS NET=UNN】


 エコノメトリック・ソサエティ極東会議(代表 鈴村興太郎・一橋大経済研究所教授)とは、二年に一回東アジアで開催されている国際的な理論経済学、計量経済学の学会。アジアのほか欧米、オセアニアなどから約四百人の参加が見込まれている。
 これまでに、一九八七年に青学大で、八九年に同大で行われたあと、九一年ソウル、九三年台北、九七年香港、九九年シンガポールで開催されてきた。この間、九五年には慶大で世界大会が開かれたが、二〇〇一年に神戸大が担当大学になり、久しぶりに日本で開催される。七月二十日から三日間の日程で、会場は神戸国際会議場。

 アジアの若い研究者も多数参加するが、その渡航費や滞在費の負担を軽くするために、新庄浩二・神戸大教授、篠原総一・同大教授、伴金美・阪大教授らでつくる「2001年エコノメトリック・ソサエティ極東会議募金委員会」では、募金活動もしている。

●2001年エコノメトリック・ソサエティ極東会議
 日時 2001年7月20日(金)
         開会式、招待講演、分科会
         7月21日(土) 
       招待講演、分科会、歓迎レセプション
         7月22日(日) 招待講演、分科会
 募 金 《金額》一口10万円以上
     《募金期間》2000年6月1日から2001年4月30日
     《申込先》神戸市灘区六甲台町2-1
          神戸大学経済学部 新庄浩二
           電話078-881-1212 代表
     《払込先》さくら銀行日比谷支店
          普通口座 7381341
          財団法人統計研究会「理論・計量経済学の現状と将来展望」特別会計



◎関西学生水球秋季戦第2日 龍谷大に快勝

 関西学生水球秋季戦が八月二十六日、京大プールで行われ、関学、立命、神戸大などが快勝した。【8月27日 UNN】

●関西学生水球秋季戦(8月26日・京大プール)

 京 大 2 1 2 5=10
 大市大 0 0 3 0=3

 関 学  2 1 2 4=9
 大阪高専 2 0 0 2=4

 立 命 8 5 8 6=27
 京教大 0 1 0 0=1

 神戸大 4 2 4 3=13
 龍谷大 1 0 0 1=2

 大阪高専 3 2 4 3=12
 大市大  1 0 2 0=3

 関 学 6 8 5 9=28
 京教大 1 2 0 0=3

 立命 6 6 4 1=17
 京大 1 1 1 2=5




◎関西学生ラクロス 男子は圧勝、女子大敗

 第十一回関西学生ラクロスリーグ戦が八月二十七日、浜寺公園第一球技場などで行われ、神戸大は男子は圧勝したが、女子は大敗を喫した。【8月27日 UNN】

●第11回関西学生ラクロスリーグ戦(8月27日・浜寺公園第1球技場ほか)
▽男子
 神戸大 2 4 4 2=12
 甲南大 0 0 0 1=1
 【神戸大】小室3、北浦2、谷口2、前田2、筒井、田中、江
 【甲南大】土居

 立 命 2 2 3 4=11
 龍谷大 1 0 0 1=2
 【立 命】鳩場4、喜島2、川橋、村上、奥田、久徳、福田
 【龍谷大】田代、高山

▽女子
 立命 9 7−4 6 関学
      2−2
 【立命】井崎2、菅原2、猪田2、坂田、宮本、山崎
 【関学】北川4、竹形、萬野

 甲南女大 13 6−2 2 神戸大
        7−0
 【甲南女大】友田4、佐竹3、都出2、濱崎、石本、櫟原、岡本
 【神戸大】北邨、鶴間




◎関西学生水球初日 大工大に不戦勝

 関西学生水球第一日が八月二十六日、京大で行われ、大阪高専、関学、立命が勝ち進んだ。【8月26日 UNN】

●関西学生水球第1日(8月26日・京大プール)
 神院大 1 2 3 2=8
 阪 大 0 1 2 3=6
 

 神戸大 20 0 0 0=20
 大工大 0 0 0 0=0(試合不成立・大工大人数不足) 

 大阪高専 5 4 6 3=18  
 京教大  3 2 1 2=8

 関学 3 7 5 8=23 
 京大 0 0 1 0=1

 立 命 9 6 9 5=29
 大市大 0 0 1 1=2




◎自劇・新人公演 多感な高校時代描き出す

Photo  自由劇場の新人公演「ホテルカリフォルニア〜私戯曲県立厚木高校物語〜」が六甲台講堂で行われ、舞台経験のまだ浅い団員たちが、多感な高校時代を見事に描き出した。【8月26日 神戸大学NEWS NET=UNN】

 物語は七十年代の進学校が舞台。ほとんどの学生が現実的でさめている中、冷たい目を向けられながらも情熱に燃える高校生達をコメディ仕立てで描く。出演はほとんどが一年生ながら、多感な高校生達を見事に演じた。感動のラストシーンが終わると、熱演した団員達に惜しみない拍手が送られた。
 サークル活動後に見に来たという学生は、役者が一年生だという事を知り、「半年でこれだけうまくなれるなんてすごい。高校時代を思い出して感動した」ととても満足そうだった。
 今回、初めて演出を担当した向原孝樹さん(経営・二年)は「役者一人一人に心の動きを伝えるのが難しかった。でも一年生は一生懸命考えて演じてくれた」と興奮した様子で話した。また、「これから役者だけでなくスタッフをする時もあるだろうが、芝居を好きな気持ちは忘れないで楽しんで欲しい」と後輩にエールを送った。(酒井大介 記者)

【写真】学園祭に向けてダンスを広めようとする高校生を演技(8月26日六甲台講堂で 撮影=酒井大介)




◎国家公務員一種の合格発表 神戸大は11位

 人事院はこのほど、中央省庁の幹部候補となる二〇〇〇年度の国家公務員一種の合格者を発表した。競争率は過去最高の前年度より、やや低下した。昨年十四位だった神戸大は今年は十一位だった。【8月26日 UNN】

 八月十六日に人事院が発表したところでは、二〇〇〇年度は三万八千八百四十一人の申込者に対し、合格者数は前年より二十四人少ない千二百二十八人で、倍率は過去最高だった前年度の三二・四倍から三一・六倍(前年)となった。女性の合格者は昨年度より二人多い百八十二人。女性の合格者の占める割合は一四・八%で、一九九六年度の一五・一%に次いで二番目に高い。二十八の試験区分のうち行政と産地区の二区分の成績は女性がトップだった。民間企業へ就職する人もいるため、合格者の中から約六百十人を、省庁再編後の新省庁の一期生として来年四月に採用する。
 出身大学別では、東大が前年度より二十四人多い三百九十二人でトップを維持した。以下、京大百五十一人、早大七十八人の順でベスト三は不動。私大合格者は前年度より六人増え二百四十二人となり、全体の一九.七%と〇.八%アップした。合格者を学歴別に見ると、大学院生(修了・中退者も含む)が六百四十人で五二・一%を占め、八五年度に一種試験が始まって以来最高となった。特に、理工系で七七・五%、農学系で七〇・四%とそれぞれ過去最高となり、合格者の高学歴傾向が明らかになった。(人事院のホームページhttp://www.jinji.admix.go.jp/top.htmを参照)

●大学別合格者数(10人以上の大学のみ、単位・人)


  大 学 00年度 99年度 98年度 97年度 96年度 95年度
  ―――――――――――――――――――――――――――――
  東 大 392 368 341 342 437 428
  京 大 151 166 135 158 221 209
  早 大  78  76  65  78  89  88
  慶 大  54  58  57  54  53  65
  東北大  52  62  55  55  60  46
  東工大  43  38  46  56  73  61
  北 大  41  40  59  60  54  89
  阪 大  36  33  38  36  44  52
  九 大  32  45  40  43  44  52
  名 大  29  28  42  40  81  50
  神戸大  25  19  17  21  22  23
  東理大  25  16  21  19  40  48
  一橋大  17  27  21   9  29  23
  東農工大 17  10  11  21  22  23
  筑波大  16  26  22  36  31  31
  千葉大  16   9  15  13  10  11
  中央大  15  21  21  25  18  25
  立 命  15   7   ※   8  10  15
  広島大  14   9   ※   ※  16  13
   (※は10人未満のため不明)




◎ハンド近国体男子 2回戦で京工繊大に敗退

 第三十八回近畿地区国立大学体育大会ハンドボール男子が、八月二十二日から二十五日まで高砂市総合体育館で行われた。大教大が京教大を下し優勝、神戸大は二回戦で京工繊大に敗れた。【8月25日 UNN】

●第38回近畿地区国立大学体育大会ハンドボール男子(8月22日〜25日・高砂市総合体育館)
▽決勝
 大教大 28−21 京教大
▽3位決定戦
 阪 大 25−19 京工繊大
▽準決勝
 大教大 22−18 阪 大
 京教大 21−14 京工繊大
▽2回戦
 大教大  26−8 滋賀大
 阪 大  34−11 兵教大
 京工繊大 19−14 神戸大
 京教大  16−14 京 大
▽1回戦
 滋賀大   19−14 神商大
 阪 大   18−13 和歌山大
 京工繊大  棄権 大外大
 京 大   棄権 奈教大



◎東京同窓会が納涼ビールパーティー

 八月二十五日夜、東京日比谷の東京KUCで、東京同窓会恒例の「納涼ビールパーティー」が行われた。参加者は六十人を超え、経済、経営、法学部をはじめ医学部、文学部、工学部、教育学部卒業生の参加があり、夫婦での参加もあった。大正十三年卒から平成十一年卒までのOB、OGが集った。(同窓会ホームページを参照)【8月25日 神戸大学NEWS NET=UNN】

 今年は、ゲストにブルーグラス歌手のJOSH大塚(じょっしゆ・おおつか 1964年・経営入学)さんが招かれ、カントリーの名曲の数々で楽しいパーティーとなった。
 JOSH大塚さんは、軽音楽部とブルーグラス同好会を創設。1971年にはバンド「ブルーグラス45」を率いて渡米、全米で演奏。現在もプロとして幅広く活躍中だ。
 パーティー後半には、ブルーグラス同好会の若手のOBたちが、背広にネクタイ姿で仕事を終えて駆けつけ、バンジョーやバイオリンの6人編成のバンドで会場を盛り上げた。
 メンバーは、「ロッキー・トップ」の替え歌を披露。

Photo  ♪「ロッコー・トップ」(作詞・田中のびる伸)
   六甲山脈中腹あたり 神戸大学
    楽器を担いでのぼれば徐々に
     足が太くなるー
    (中略)
   ロッコー・トップはいつだって
    家みたいなところ
     よいとこロッコー・トップ
      ロッコー・トップ コウベー

 ビールですっかり上機嫌の会場から、やんやの喝采をあびた。  このあと、最高齢参加者の鳥羽貞三さん(1924年・神戸高商卒)が飛び入りで、バンドとともに応援歌『大旆』(たいはい 大きい旗の意。明治39年作曲の歌で、『商神』とともに高等商業の学生に親しまれていた)を歌い、パーティーは最高潮に。

 最後は、『商神』を全員で合唱し、初参加で最若手の高野裕さん(1997年・法卒 厚生省社会援護局勤務)の音頭による一本締めでおひらきとなった。(須田鉱太郎 記者)

【写真】最後は『商神』を全員で合唱。(8月25日午後8時すぎ、東京日比谷の東京KUCで 撮影=須田鉱太郎)



◎近国体サッカー 決勝で京教大に敗れ準優勝

 第三十八回近畿地区国立大学体育大会サッカーが八月十六日から二十日まで兵教大で行われ、神戸大は京教大に決勝で敗れ準優勝。三位決定戦は大教大と大外大が争い、大教大が勝利した。【8月24日 UNN】

●第38回近畿地区国立大学体育大会サッカー(8月16日〜20日・兵教大グラウンド)

▽決勝
 京教大 1−0 神戸大
▽3位決定戦
 大教大 8−0 大外大
▽準決勝
 神戸大 3−1 大外大
 京教大 3−2 大教大
▽2回戦
 神戸大 2−2 阪大(PK3−2)
 大外大 0−0 京大(PK4−1)
 京教大 6−0 滋賀大
 大教大 3−1 奈教大
▽1回戦
 神戸大 1−0 和歌山大
 京 大 2−0 神商大
 滋賀大 2−0 兵教大
 奈教大 3−3 京都工繊大(PK3−2)



◎【告知】26、27日に自由劇場が新人公演

 自由劇場の新人公演「ホテルカリフォルニア」が、八月二十六、二十七日に六甲台講堂で行われる。入場無料。
 両日とも五時開場、五時三十分開演。お問い合わせはクスセさん(電話090−3822−4964)、またはシノダさん(090−3972−1852)まで。【8月12日 神戸大学NEWS NET=UNN】



◎フィールド洋弓予選2日目 芳仲は4位で追う

 第二十三回関西学生フィールドアーチェリー個人選手権大会予選二日目が八月二十二日、京都の鈴の山フィールドアーチェリークラブで行われ、男子では関学の吉澤が首位にたち、神戸大の芳仲は四位で追っている。【8月22日 UNN】

●第23回関西学生フィールドアーチェリー個人選手権大会予選2日目
 (8月22日・京都・鈴の山フィールドアーチェリークラブ)
 
▽男子
 1位 吉澤晴彦(関 学)295点
 2位 島本洋介(京産大)295点
 3位 深谷英則(京 大)293点
 4位 芳仲幸治(神戸大)287点
 5位 松岡洋介(京 大)283点
 6位 後藤放人(立 命)281点

▽女子
 1位 秋山恵梨(大院大)261点
 2位 福島美幸(京産大)260点
 3位 林みゆき(大院大)244点
 4位 奥村千尋(大院大)236点
 5位 村田和世(京府大)234点
 6位 和田智美(京 大)233点




◎関西学生ラクロス男子 龍谷大に完勝

 八月二十一日、服部緑地補助競技場で第十一回関西学生ラクロスリーグ戦男子1部の試合が行われた。神戸大は龍谷大に9−4で完勝。【8月21日 UNN】

●第11回関西学生ラクロスリーグ戦(8月21日・服部緑地補助競技場)
▽男子1部
 神戸大 9 2−2 4 龍谷大
       1−0
       3−1
       3−1
【神戸大】前田博樹6、谷口寛、小室洋樹、田中拓野
【龍谷大】田代直樹2、桜井圭介、高山信雄

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎【告知】ラクロス日程 男子リーグはきょう初戦

 第十一回関西学生ラクロスリーグ戦の1部リーグが男子が八月十六日から女子は十九日からそれぞれ開幕する。神戸大は二十一日、龍谷大と対戦する。【8月21日 UNN】

●第11回関西学生ラクロスリーグ戦

▽男子1部
 8月16日 服部緑地補助競技場
  午前10時00分 立命−甲南大

 8月19日 伊丹スポーツセンター陸上競技場
  午後3時30分 関学−関大

 8月20日 長居球技場
  午前10時30分 第11回関西学生リーグ戦開会式
  午後2時00分 京大−同大

 8月21日 服部緑地補助競技場
  午前10時30分 神戸大−龍谷大

 8月27日 浜寺公園第1球技広場
  午前10時00分 神戸大−甲南大
  午後〇時15分 立 命−龍谷大

 9月2日 神戸総合運動公園球技場
  午前10時00分 関学−同大
  午後〇時15分 京大−関大

 9月9日 鶴見緑地運動場
  午前10時00分 京大−甲南大

 9月10日 服部緑地補助競技場
  午前10時00分 神戸大−関 大
  午後〇時15分 立 命−同 大
  午後2時30分 関 学−龍谷大

 9月17日 浜寺公園第1球技広場
  午前10時00分 立 命−関 大

 9月23日 服部緑地補助競技場
  午前10時30分 京大−龍谷大

 9月24日 未定
  午前10時00分 関 学−甲南大
  午後〇時15分 神戸大−同 大

▽女子1部
 8月19日 万博記念公園運動場
  午前10時00分 関 学−松蔭女大
  午前11時45分 武庫女大−神戸大
  午後1時30分 同 大−立 命

 8月20日 長居球技場
  午前10時30分 第11回関西学生リーグ戦開会式
  午前11時00分 甲南女大−大谷女大

 8月27日 武庫女大公江記念グラウンド
  午前11時45分 関 学−立 命
  午後3時15分 甲南女大−神戸大

 9月2日 西京極補助競技場
  午前11時00分 同大−松蔭女大

 9月3日 浜寺公園第1球技広場
  午後1時30分 武庫女大−大谷女大

 9月9日 住ノ江公園球技広場
  午前10時00分 甲南女大−立 命
  午前11時45分 関 学−神戸大

 9月16日 万博公園運動場
  午前10時00分 同 大−大谷女大
  午前11時45分 武庫女大−松蔭女大

 9月23日 未定
  午前10時00分 同 大−神戸大
  午前11時45分 関 学−大谷女大
  午後1時30分 武庫女大−立 命
  午後3時15分 甲南女大−松蔭女大

 9月30日 服部緑地スポーツ広場
  午前10時00分 立 命−神戸大
  午前11時45分 甲南大−関 学


INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎週末から学生部サーバーがダウン

 八月十八日金曜の午後三時半から午後六時ごろのあいだに、学生部サーバーのうち、ホームページを更新する「FTPサーバー」が停止し、課外活動サークルのHP更新ができなくなりニュースネット委員会のニュース更新も滞った。十九日土曜の午後には、ホームページ閲覧やメール送信にも異常が生じて、サーバーは全面的にダウン。二十一日の午前九時過ぎに復旧した。学生部サーバー担当教官によると「原因は不明」という。【8月21日 神戸大NEWS NET=UNN】

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎【告知】シドニー五輪 日本から派遣の吹奏楽団、30日に壮行演奏会

 「シドニー2000オリンピックバンド日本派遣団壮行演奏会」が八月三十日、大阪国際交流センター大ホールで行われる。入場は無料。【8月20日 UNN】

 開場は午後六時、開演は午後六時三十分。指揮は丸谷明夫が務める。主催は関西学生吹奏楽連盟。神戸大や同大などから選ばれた吹奏楽部員が演奏する。また、大阪府立淀川工業高校吹奏楽部が友情出演する。問い合わせは倉地さん(電話・090−7885−1090)まで。

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎大学病院のずさんな投薬 文部省の調査で明らかに

 全国の国公私大の大学病院で看護婦の六八%が医薬品投与の際に患者を間違えそうになり、一六%が間違えていることが八月十八日、文部省の調査でわかった。【8月18日 UNN】

 この調査は京大病院などで医療ミスが相次いだことを踏まえて六月、全国の七十九大学病院の医師、看護婦、薬剤部長らを対象に実施。七十八病院(約八百人)から回答があった。
 それによると、研修医の書いた処方箋などを必ずチェックする指導医は二七%に過ぎず、「原則確認」が四四%、四人に一人以上は「危険な薬剤など特別な場合は確認」「確認はしない」と答えた。「ほかの医師の指示の誤りに気づいた時は」との問いには、九三%が「指摘する」と答えたものの、「先輩医師」や「同僚」らには「指摘しにくい」などとする回答も一割あった。一方、「医師の投薬指示書の内容がときどき不明確」とする看護婦が九一%も。三%弱が「常に不明確」だった。
 これらのミスの背景については、「思いこみ」(九九%)、「忙しさで注意力低下」(九六%)、「医薬品の類似」(九四%)などをあげ、「ものを言いにくい職場の雰囲気」との答えも五割を超えていた。

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎軟式野球 近国体2回戦で大教大に敗退

 第三十八回近畿地区国立大学体育大会の軟式野球二回戦が八月十七日、兵教大野球場で行われた。滋賀大、大教大がそれぞれ決勝に勝ち進んだ。【8月17日 UNN】

●第38回近畿地区国立大学体育大会・軟式野球2回戦(8月17日・兵教大野球場)
 滋賀大 7−0 阪大 (7回コールド)
 大教大 6−5 神戸大

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎国立大病院が10月に対策協議会 院内感染で

 院内感染が問題になっているのを受け、全国の国立大学病院が院内感染対策協議会を十月中旬に設立させると、朝日新聞が八月十七日に報じた。【8月17日 UNN】

 同新聞によると、協議会の発足は、全国に四十二ある国立大学病院の自主的に組織している「国立大学医学部付属病院長会議」で決まり、同会議の下部組織になる予定という。準備委員長は武沢純・名大医学部教授。
 院内感染は最近、従来問題となってきたメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)以外のさまざまな菌による事例が増えてきており、六月には名大病院の風呂で患者がレジオネラ菌に感染、死亡している。

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎関西学生ターゲット 準決勝で惜しくも敗退

 八月十六日に、第十二回関西学生アーチェリーターゲット選手権団体の部決勝トーナメントが服部緑地陸上競技場特設レンジで行われた。【8月16日 UNN】

 男子では近大チーム、女子では甲南女大チームが優勝した。また、上位三チームは九月に行われるA-J-S-A-F,CUPへの出場権が与えられる。

●第12回関西学生アーチェリーターゲット選手権大会 男子団体の部 最終日決勝トーナメント(8月16日・服部緑地陸上競技場特設レンジ)

▽決勝  近大(原口航・井上喜正・稲本雅由) 230−223 京産大・龍谷大(島本洋介・中原啓隆・西野紫貴)


▽準決勝
 近大 234−217 立命・大府大(関沢征史郎・久利陽一朗・森岡俊介)
 京産大・龍谷大 234−204 神戸大・京大・大市大(芳仲幸治・伊藤健一・高崎真一)

▽3位決定戦
 神戸大・京大・大市大 202−190 立命・大府大

●第12回関西学生アーチェリーターゲット選手権大会 女子団体の部 最終日決勝トーナメント(8月16日・服部緑地陸上競技場特設レンジ)

▽決勝
 甲南女大(坪内美沙・野澤陽子・田中紗代) 215−214 近大(松下沙耶未・平田光代・橋戸由梨)

▽準決勝
 近大 209−208 京大(大塚沙羅・大西裕子・河原真紀子)
 甲南女大 225−205 甲南女大・立命(永田淑子・勝手理恵・小出美沙都)

▽3位決定戦
 甲南女大・立命 199−199 京大
  ショートオフ 25−23



◎バスケ関西女子リーグ 大院大に敗れる

 関西女子学生バスケットボールリーグが八月十五日に奈良大、神戸外大などで行われた。神戸大は大院大に39−86で破れた。【8月15日 UNN】

●平成12年度関西女子学生バスケットボールリーグ戦(8月15日・奈良大)


▽3部  滋賀大 80 43−14 34 大芸大        37−20  四天王寺仏大 115 57−11 27 同女大            58−16  兵庫大短期大学部 20 棄権 0 花園大  阪大 91 44−9 20 京府大       47−11  仏教大 53 29−18 36 姫路独協大        24−18  関学 20 棄権 0 滋賀県立大  大院大 86 41−17 39 神戸大        45−22  奈良大 20 棄権 0 大女大 ●平成12年度関西女子学生バスケットボールリーグ戦(8月15日・神戸市外大) ▽3部  常磐会短大 80 33−24 34 神戸女大          47−10  京外大 107 57−6 19 和歌山大         50−13  兵教大 69 34−10 29 帝塚山大        35−19  奈教大 57 34−14 40 梅花女大        23−26  桃山大 154 80−10 15 英知大         74−5  大市大 50 25−17 47 京大        25−30  奈女大 109 49−19 36 京都精華大         60−17  追手門学大 57 28−30 55 神戸市外大          29−25


◎西日本学生ホッケー 神戸大男子は1勝1敗

 西日本学生ホッケー選手権大会男子リーグが八月十二日から柊野ホッケー場などで始まり、同大などが勝ち点をあげた。C組の神戸大男子は一勝一敗。十四日におこなわれた同女子では立命が準決勝にコマを進めた。【8月14日 UNN】

●第28回西日本学生ホッケー選手権大会男子予選リーグ第2日(8月13日・立命柊野ホッケー場、関大高槻ホッケー場)

▽A組  摂南大   1 1−0 1 関学  (1勝1分)  0−1   (1勝1分) ▽B組  大体大   0 0−0 0 日本福祉大  (1勝1分)  0−0   (1分)  中京大 4 1−0 0 日本福祉大  (2勝)  3−0   (1敗1分) ▽C組  甲南大 5 3−0 0 神戸大  (2勝)  2−0   (1勝1敗) ▽D組  同大 7 4−0 0 松山大  (2勝) 3−0   (2敗) ▽E組  奈良大 0 0−0 0 和歌山大  (1分)  0−0  (1敗1分)  京産大 2 1−0 0 奈良大  (2勝)  1−0   (1敗1分) ▽F組  広島大 2  0−1 1 大商大  (1勝1敗) 2−0  (2敗)


●第28回西日本学生ホッケー選手権大会男子予選リーグ第1日(8月12日・立命柊野ホッケー場、関大高槻ホッケー場)

▽A組  関学 5 3−1 1 阪大 (1勝)  2−0  (1敗)  摂南大 6 3−0 0 阪大  (1勝)  3−0  (2敗) ▽B組  中京大 3 1−0 0 大体大  (1勝)  2−0   (1敗) ▽C組  甲南大 16 7−0 0 関大  (1勝)  9−0  (1敗)  神戸大 5 2−0 1 関大  (1勝)  3−1   (2敗) ▽D組  同大 6 2−0 0 京大  (1勝) 4−0   (1敗)  松山大 2 1−0 0 京大  (1勝)  1−0  (2敗) ▽E組  京産大 1 0−0 0 和歌山大  (1勝)  1−0   (1敗) ▽F組  大市大 3 0−0 0 大商大  (1勝)  3−0   (1敗)  大市大 2 1−0 1 広島大  (2勝)  1−1   (1敗)


●第28回西日本学生ホッケー選手権大会女子(8月14日・立命柊野ホッケー場)

 立命 12 7−0 0 中京大       5−0


INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎42大学の熱演に満場の拍手 山野ジャズコン

 第三十一回山野ビッグバンドジャズコンテスト(主催=山野楽器、後援=スイングジャーナル)が、八月十二日からの二日間、東京・日本青年館ホールで行われた。毎年恒例のこのコンテストには今年も四十二大学四十四バンドが参加した。神戸大は惜しくも入賞を逃した。【8月13日 UNN】

 関西から出演したのは神戸大、同大、立命、関学、阪大、京大、甲南大、天理大。会場は通路がふさがれるほどの満員で、各大学の熱のこもった迫力の演奏に、大きな野次や拍手が飛びかった。


大舞台での演奏に満足 神戸大軽音マソック・ジャズ・オーケストラ

Photo  神戸大軽音楽部のビッグバンド「コウベ・マソック・ジャズ・オーケストラ」は、東京・日本青年館ホールで二日間にわたって行われた第三十一回「山野ビッグバンドジャズコンテスト」最終日の最後から四番目に登場した。
 曲は、いずれもサッド・ジョーンズ作曲の「Low Down」と「Little Pixie」。ハッピやアロハなど、例年奇抜な衣装の大学が多い中で、今年も神戸大はスーツやネクタイの正装でステージに臨んだ。

Photo  演奏を終えて、「今までで一番の演奏だった」と、神戸大のバンドマスター・戸田雅也さん(理・三年)は晴々とした表情。「これまで“山野”に焦点をあてて練習を積んできた」という。
 辛口のコメントが多い審査員からは「聴いてみるまでは『できるかナ』と思っていたけど、自分達のものにして演奏をこなしていて楽しめた」と、おほめの言葉。
 「ほめてもらうなんて、意外。うれしかった。(夏休み返上で)一生懸命練習してきたおかげだと思う。」と戸田さん。「入賞は結果としてついてくるもの。入賞のために音楽をするんじゃない」と、全国四十二大学が集まる大舞台での演奏に満足そう。  多くのバンドは、この「山野ジャズコン」目指して腕を磨く。神戸大マソックは、レベルの高い関西勢に揉まれながら、また一年間の活動が始まる。今年は惜しくも、入賞を逃したものの、来年へのチャレンジにメンバーは燃えている。


最優秀賞は明大 阪大、同大が入賞

 最優秀賞に選ばれたのは明大ビック・サウンズ・ソサエティ・オーケストラ。関西勢では阪大がスイングジャーナル賞を、同大がTBSラジオ賞を受賞した。同大コンマスの井谷直義(文三)は「同大独特の楽曲選びが観客と審査員に受け入れられるか不安だったが、こういうかたちで評価してもらえてよかった」と満足した表情で話した。(辻本寛和、野村房代 記者)

【写真上】コウベ・マソック・ジャズ・オーケストラのステージ(8月13日 東京・日本青年館で 撮影=白樫友紀)
【写真下】トランペット・ソロもスーツ、ネクタイでステージに。(8月13日 東京・日本青年館で 撮影=白樫友紀)


INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎近国体陸上競技 男女とも総合5位

Photo  近国体の陸上競技が八月十三日、加古川陸上競技場で行われた。男子は京大が女子は京教大が総合優勝。神戸大は男子五千メートルで堀常純也が一位を取るなど健闘したが男女とも総合五位に終わった【8月13日 UNN】

●第38回近畿地区国立大学体育大会陸上競技大会(8月13日・加古川陸上競技場)

▽男子100メートル  1位 田中洋平(大教大) 10秒67  2位 魚谷信行(滋賀大) 10秒71  3位 塩野祐也(大教大) 10秒83 ▽同200メートル  1位 魚谷信行(滋賀大) 21秒81  2位 広瀬亮平(京大) 21秒84  3位 前川文紀(神戸大) 22秒10 ▽同400メートル  1位 今村一平(滋賀大) 50秒48  2位 中島博昭(滋賀大) 50秒74  3位 小西淳一(京教大) 51秒79 ▽同800メートル  1位 後藤良徳(大教大) 1分55秒38  2位 谷口和隆(大教大) 1分58秒55  3位 武林周一郎(神戸大) 1分58秒55 ▽同1500メートル  1位 後藤良徳(大教大) 4分13秒02  2位 巽友宏(大教大) 4分14秒22  3位 小柳文彦(京教大)4分15秒13 ▽同5000メートル  1位 堀常純也(神戸大) 15分55秒06  2位 小柳文彦(京教大) 16分16秒45  3位 渡田賢治(京大) 16分20秒85 ▽同110メートルハードル  1位 涌田知昭(阪大) 15秒15  2位 杉本和則(奈教大) 15秒17  3位 若山哲志(京大) 15秒31 ▽同400メートルハードル  1位 川元伸彦(大教大) 55秒47  2位 奥井誠樹(大教大) 56秒14  3位 杉本和則(奈教大) 56秒68 ▽同3000メートルショートトラック  1位 堀江岳(大教大) 9分36秒42  2位 松井謙治(神戸大) 9分52秒51  3位 西村重行(京大) 9分58秒34 ▽同100+200+300+400メートルリレー  1位 大教大(船登、川元、田中、奥井) 1分59秒14  2位 京大(朝田、國信、広瀬、杉本) 2分00秒19  3位 滋賀大(中島、魚谷、河端、今村) 2分00秒52 ▽同走り高飛び  1位 藤本(兵教大) 2メートル1センチメートル  2位 木内全(奈教大) 1メートル90センチメートル  3位 葛西徹(大外大) 1メートル90センチメートル ▽同棒高跳び  1位 岡本晃明(兵教大)2メートル80センチメートル   ▽同走り幅跳び  1位 安積高靖(阪大) 7メートル26センチメートル  2位 南岡広樹(奈教大) 7メートル17センチメートル  3位 宮田征門(京大)7メートル1センチメートル ▽同三段跳び  1位 杉本茂樹(大教大)14メートル79センチメートル  2位 林剛(和歌山大) 14メートル73センチメートル  3位 甲泰行(兵教大) 13メートル93センチメートル ▽同砲丸投げ  1位 濱重幸(兵教大) 10メートル59センチメートル  2位 浦安洋平(京大) 10メートル25センチメートル  3位 小泉真太郎(和歌山大)9メートル79センチメートル ▽同円盤投げ  1位 濱重幸(兵教大) 37メートル59センチメートル  2位 小泉真太郎(和歌山大)33メートル9センチメートル  3位 永久保太士(阪大) 32メートル78センチメートル ▽同ハンマー投げ  1位 小泉真太郎(和歌山大)43メートル67センチメートル  2位 米澤真(滋賀大) 39メートル70センチメートル  3位 八木美典(京大) 35メートル20センチメートル ▽同やり投げ  1位 永久保太士(阪大) 58メートル23センチメートル  2位 堤哲生(京大) 58メートル15センチメートル  3位 河崎浩明(和歌山大)57メートル45センチメートル ▽総合順位  1位 京大 120点  2位 大教大 111点  3位 阪大 72点  4位 和歌山大 64点  5位 神戸大 64点  6位 滋賀大 58点  7位 奈教大 47点  8位 兵教大 42点 ▽女子100メートル  1位 竹田友美(神戸大) 12秒41  2位 長瀬あゆみ(大教大) 12秒48  3位 森千亜紀(京教大) 12秒82 ▽同200メートル  1位 竹田友美(神戸大) 25秒95  2位 出石智佳子(大教大) 26秒62  3位 古田真梨子(京教大) 27秒36 ▽同400メートル  1位 田辺有郁(大教大) 61秒31  2位 古田真梨子(京教大) 61秒81  3位 岡田亜希子(大教大) 65秒44 ▽同800メートル  1位 古田真梨子(京教大) 2分20秒34  2位 古川良子(大教大) 2分22秒94  3位 亀井宣子(大教大) 2分32秒27 ▽同1500メートル  1位 柳瀬久美(大教大) 5分01秒27  2位 南香奈絵(大教大) 5分10秒06  3位 佐々木郁(京大) 5分11秒57 ▽同100メートルハードル  1位 片山妙子(京教大) 15秒32  2位 森千亜紀(京教大) 16秒01  3位 中村由香里(大教大) 16秒08 ▽同4×100メートルレース  1位 大教大(西條理恵、吉本恭子、出石智佳子、長瀬あゆみ) 50秒07  2位 京教大(山内弘子、大平宏美、駒田砂織、森千亜紀) 52秒47  3位 和歌山大(川南雅代、山添華代、永吉景子、高橋里佳) 55秒25   ▽同走高跳  1位 加古静香(京大) 1メートル50  2位 片山妙子(京教大) 1メートル45  3位 田中景子(京教大) 1メートル40 ▽同走幅跳  1位 森千亜紀(京教大) 5メートル61  2位 駒田砂織(京教大) 5メートル51  3位 高橋里佳(和歌山大) 5メートル34   ▽同砲丸投  1位 谷めぐみ(大教大) 8メートル32  2位 渡邊いずみ(大教大) 7メートル86  3位 高橋里佳(和歌山大) 6メートル60 ▽同円盤投  1位 春山亜沙子(京教大) 32メートル13  2位 田中景子(京教大) 30メートル20  3位 増田範子(兵教大) 29メートル94 ▽同やり投  1位 田中景子(京教大) 39メートル73  2位 永吉景子(和歌山大) 32メートル27  3位 谷めぐみ(大教大) 32メートル15 ▽同総合順位  1位 京教大 134点  2位 大教大 110点  3位 和歌山大 37点  4位 兵教大 28点  5位 神戸大 26点  6位 京大 16点  7位 奈教大 9点  8位 大外大 6点


【写真】5000メートルで優勝した堀常純也(8月13日・加古川陸上競技場で 撮影=関西学生報道連盟)

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎《お知らせ》5周年迎え「読者の声」募集中

 ニュースネット委員会は、このほど創立五周年を迎えました。一九九五年五月に課外活動団体として発足。同年六月の硬式野球「神京戦」手配り号外で学内紙を創刊。九六年の六月にはホームページを開設し、インターネット上でのニュース配信を開始しました。そして、五月二十七日に、アクセス累計が八万件を突破、八月十一日付の「フレッシュなメンバーで熱演 はちの巣座新人公演」が、ウェブ開始二千本目のニュースとなりました。

 そこで、ニュースネット委員会では、創立五周年にあたって、読者のみなさんから意見や声、要望を広く募集しています。寄せられた意見は記事として紙面やホームページに掲載するほか、 新しい特集の企画や、ホームページや紙面の改良に反映させていく予定です。皆さんの声を専用フォームでお寄せください。お待ちしています。【8月13日 神戸大NEWS NET=UNN】



◎理系学生の数学力低下 全国17国私立大調査

 全国の理工系の大学生を対象に京大の西村和雄教授が学力調査を行った結果、多くの学生が中学、高校レベルの数学が満足に解けないことがこのほどわかった。【8月12日 UNN】

 調査は、西村和雄京大教授(複雑系経済学)と戸瀬信之慶大教授(数学)が昨年と今年春、全国十七国私立大の理系学部の一年生計約四千人を対象に行った。中一で習う小数の四則計算の正答率は、トップの国立大工学部で九一%、東日本の旧帝大の工学部では六七%、私大難関校の理工学部では八〇%、西日本の国立大理学部では五八%。同じく中学で習う連立一次方程式は、東日本の旧帝大工学部の一六%、私大一流校の理工学部の一五%が不正解という結果になった。
 三角関数の基本が問われるものや、簡単な確率の文章題のような理系学生にとっては基礎的な問題も、先の私大理工学部や首都圏の国立大工学部で一四%、二四%、西日本の国立大理学部になると三五%、六六%が間違えた。ある地方の国立大では、「ルート四十九」の値を求める問題で二割以上が不正解だった。
 全体の平均点では、入試で数学を選択しなかった学生が、選択した学生より一から二点低いようだった。両教授はこれまで私立文系、国立文系に同様の調査を実施しており、今回は三回目。

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎フレッシュなメンバーで熱演 はちの巣座新人公演

Photo  演劇研究会はちの巣座の新人公演「スケッチブック・ボイジャー」が八月十一日午後六時三十分から尼崎ピッコロシアター中ホールで行われた。【8月11日 神戸大学NEWS NET=UNN】

新人公演は今回で八十六回目。出演者は全員新入生、スタッフは全員二年生というフレッシュな顔ぶれで一ヶ月前から準備し、完成させた。  ストーリーは締め切り日に一ページも描いてない漫画家が、編集者に催促されながら漫画を完成させてゆくコメディ。漫画家と編集者のやり取りと漫画の中のSF劇とが交錯しながら物語は進んでゆく。予想できない展開の連続に観客は大爆笑だった。そして、ラストには漫画家の思いが漫画の中のキャラクターを通し暴露され、感動のままに幕を閉じた。  主演の松浦寛丘さん(文・一年)は、初めての演技に「始めは緊張して素の自分が出てしまったが、段々物語が進むにつれのっていけた」と満足そうだった。  観客は百十七人。夏の暑い日にもかかわらず大人数が訪れ、臨時席を用意するほどだった。パンフレットに広告をはさませてもらっているので見に来たという関大学窓座の学生は「面白かった。全員一年生だとは思えない演技だった」と話した。  今年の新入生は九人だが、そのうち一人は三年生。今回のメンバーで芝居をするのは最初で最後となる。もう一人の主演で漫画家を演じた堀井陽子さん(理・一年)は「楽しかった。これからは一年生で盛り上げてゆきたい」と、楽屋へ入っていった。(酒井大介 記者)

【写真】漫画家と編集者のやりとりを熱演(8月11日・尼崎ピッコロシアターで 撮影=酒井大介)

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎溝上さん発見から一ヶ月 仲間と歩いた6年

Photo  今年三月に富山県立山連峰大日岳で遭難した溝上国秀さん(文・当時二年)が七月十一日に遺体で発見されてから一ヶ月。中学・高校時代の友人と共に溝上さんの想い出を振り返ってみた。【8月11日 神戸大学NEWS NET=UNN】

厳しく、そして楽しく登る 4人の仲間と歩いた6年間 明星中学・高校時代

 一九九二年四月、溝上国秀さんは中学に進学する。TVゲームや読書が好きだった少年を待っていたのは、究極のアウトドアスポーツ「ワンダーフォーゲル」と、その面白さに惹かれて集まった四人の仲間だった。中辻弘和さん(現在大府大二年)、吉野大輔さん(神戸大二年)、中山耕太郎さん(北海道医療大一年)、そして南佑亮さん(阪大三年)。溝上さんを加えた五人の少年たちは、その後六年間の多くの時間を共に過ごすことになった。


 中学受験の難関を突破した溝上さんは、地元尼崎市から大阪市内の私立明星中学に入学。最初のクラスで、席が前後だった南さんと親しくなった。先にワンゲル部で楽しく活動していた南さんの話を聞き、入部を決意。溝上さんとワンゲルの出会いだった。中辻さん、吉野さん、中山さんも一年目から入部し、五人のワンゲル生活が始まった。

 中・高一貫教育の明星学園では、クラブ活動も中高合同がほとんど。高校生が中心となって行う練習は、体が特に小さかった溝上さんにはきついものだった。「ランニングでも、集団からいつも一緒に遅れて走ってましたね」と吉野さんは苦笑する。しかしそれは、「自分にも、他人にも厳しく」がモットーだった溝上さんのプライドが許さなかった。自主練習を人よりも多くこなし、次第に周囲に負けない体力と技術を身に付けていった。その努力は、次第に先輩にも認められていった。溝上さんが使っていた登山道具は、ほとんどが先輩からのお下がり。溝上さんがいかに可愛がられていたかを表している。

 部内での溝上さんは、「嫌われ役」だった。クラブの厳しい規律を維持するために、どんな嫌な事でも口に出した。同学年のリーダーだった南さんにもよく注文をつけた。「彼はよく私にも怒りました。後輩に対しての態度がなっていない、もっと厳しくしろ、と」。他の同級生も、「正論ばかり吐きやがって」と憎たらしく思ったこともあったという。しかしそんな「嫌われ役」も、時々ポツリと本音をもらすこともあった。「俺だって本当はこんなこと言いたくない。でも誰かが言わないと」。責任感は人一倍だった。
 アウトドア派に転向した溝上さんだったが、一方では読書やマンガといった趣味も持ちつづけていた。特に読書には強く興味を持ち、クラブの先輩と毎日のように文学談義に花を咲かせていた。周りがそれを見て「よくそんなに話すことがあるな」とあきれるほどだった。ジャーナリストに憧れ、本多勝一の著作を特に好んだ。そんな彼が大学進学で文学部を選んだのも、当然の流れだったといえる。

 高校を卒業して散り散りになった五人は、たまに集まってはワンゲルの話で盛り上がった。溝上さん以外の四人は、大学のワンゲル部には所属していない。その理由を中辻さんは「大学のクラブにはちょっと負けないという自信、プライドがあった」と話す。一方で大学でも迷わずワンゲル部を選んだ溝上さんは、集まる度に「本格的で楽しい」と大学クラブの魅力を語った。ほとんど山に本格的に登らなくなっていた四人は、うらやましそうに耳を傾けた。

 「今度こそみんなで、大雪山黒岳に登ろう」。昨年の春に溝上さんらが交わした約束だ。中学二年の夏にチャレンジしたものの体力面で及ばず、高山病にもかかって失敗に終わっていた。北海道の最高峰への憧れと悔しさは、その後ずっと溝上さんの心に残っていたのだろう。しかしその約束は、果たされないままに終わった。

 四人は今も信じているに違いない。「連絡してこないけど、溝上はまた山に登っているんだろうな」。(矢吹大祐・大串真紀 記者)

【写真】南アルプスに立つ溝上さん(1999年8月撮影 お別れ式の展示より)

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎理工系科目増やす 国公立大入試要項でそろう

 共同通信によると国公立大の来年度の入試要項が八月十一日に出そろった。昨年の中央教育審議会答申が入試科目の増加を容認したため、理工系を中心に理科科目を増やす大学が出た。【8月11日 UNN】

 国立九十五、公立七十二の来年度の入試要項が十一日までに出そろった。増えた科目は物理や科学などで大学生の学力低下の措置も考えられる。一部の受験生にとっては負担が増えることになる。
 受験生の意欲や適性など人物重視で選抜するアドミッションオフィス(AO)入試は、北海道、福井の国立二大学と公立はこだて未来大が新たに導入、計七校。
 また、二次試験で外国語のリスニングを取り入れるなど入試方法は多様化している。
 
 神戸大の学部入試要項、入学定員、入試問題(平成十一、十二年度)はhttp://www.kobe-u.ac.jp/admission/index-j.htmlを参照。

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎14国立大で垂れ流し 神戸大医学部は該当せず

 共同通信によると、東大医学部が遺体の解剖の際に使用したホルマリンを下水道に廃棄していた事件で、他の国立大十四校でも同様な行為をしていたことが文部省の調査で八月十日に判明した。【8月10日 UNN】

 国立大の三校で遺体から出た血液など感染性の廃棄物を処理しないまま下水道に流していた。文部省は同日までに、適正な処理をすることを求める通知を医学部、歯学部のある国公私立大九十二校に出した。
 ホルマリンを廃棄していたのは北海道、旭川医科、弘前、東北、秋田、群馬、新潟、岐阜、滋賀医科、島根医科、山口、徳島、九州、琉球の十四大学。感染性廃棄物を流していたのは名古屋、滋賀医科、熊本の三大学。
 ホルマリンは劇薬のホルムアルデヒドを薄めて作られるのだが、使用後の処理については法規制がない。しかし文部省は、安全面や環境面での影響も心配されるため万全の処理をする必要があるとしている。
 各大学は今後、学内の施設で処理したり、処理業者に委託するという。

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎近国体ソフトテニス 個人戦男子で佐古・花田組V

 近国体ソフトテニスの部が八月九日終了し、団体の部は大外大が男女共に優勝。個人戦では男子が神戸大の佐古・花田組が、女子は大外大の安藤・江戸組が優勝を飾った。【8月9日 UNN】

●第38回近畿地区国立大学体育大会(8月7日〜8月9日・兵庫教育大学テニスコート)

▽団体の部・男子
 1位 大外大
 2位 和歌山大
 3位 京大
    阪大

▽団体の部・女子
 1位 大外大
 2位 滋賀大
 3位 京大
    兵教大

▽個人の部・男子
 1位 佐古・花田(神戸大)
 2位 松井・伊勢(京教大)
 3位 大薮・白沢(大外大)
    横尾・大原(神戸大)

▽個人の部・女子
 1位 安藤・江戸(大外大)
 2位 田中・下条(大外大)
 3位 二井・稲垣(兵教大)
    西・北澤(滋賀大)


INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎近国体バスケ 男子の部で神戸大が優勝

 兵庫教育大を主幹校に行われている第三十八回禁忌地区国立大学体育大会のバスケットボールが、八月七日から三日間、姫路市立中央体育館などで行われた。男子は、神戸大が京大との接戦をものにして三年ぶり十回目の優勝を決めた。【8月9日 UNN】

 女子では昨年優勝校でシード校の京教大が二年連続九回目の優勝。男子では阪大が二回戦敗退、大外大が一回戦で敗退した。女子は奈女大が三位に入ったが、神戸大、大外大がいずれも一回戦敗退とふるわなかった。

●第38回近国体バスケットボール(8月9日姫路市立中央体育館ほか)

▽男子決勝
 神戸大 69−64 京大
 (神戸大は3年ぶり10回目の優勝)
▽男子3位決定戦
 大教大 75−50 京教大

▽女子決勝
 京教大 77−55 大教大
 (京教大は2年連続9回目の優勝)
▽女子3位決定戦
 奈女大 75−46 京大

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎ゲーセン通いはキレやすい 斉藤助教授が調査

 八月一日付の産経新聞によると、神戸大発達科学部の斉藤誠一助教授の調査で、ゲームセンター通いの中学生はカッとなってキレやすいという傾向がわかった。【8月8日 神戸大学NEWS NET=UNN】

 斉藤助教授の調査では、ゲームセンターで遊ぶ時間が長いほど、相手を殴ったりする直接的攻撃に出やすく、またストレス解消を求めている状態にあることが顕著に出ているとしている。
 対象は兵庫県内の中学一〜三年の生徒三百五十八人(男子百九十一人、女子百六十七人)で、方法は相手を殴る、ものを投げつけるなどの直接的攻撃、物を壊す、暴言を吐くなどの間接的攻撃、万引、家出、恐喝などの反社会的行動というキレる行動を起こしたことがあるかどうかを、一〜四点の度合い(四点が最も当てはまる)で回答を求め、ゲームセンターを利用する生徒と利用しない生徒で比較した。
 直接攻撃については、ゲームセンターを全く利用しない生徒の平均点が一・六三だったのに対し、利用する生徒は二・二七点と高く、間接的攻撃についても、利用しない生徒が二・二六点、利用する生徒は二・五一点だった。反社会的行動では、利用しない生徒が一・〇七点、利用する生徒が一・三六点と、いずれも利用する生徒の方が高かった。

 斉藤助教授はキレやすい子供がゲーム好きなのか、ゲームが子供をキレやすくしているかまでは把握できないとしたうえで、ゲームセンターに通い詰める子供ほどキレやすいうえ、ストレスがたまっているのは確かで、不満、ストレスのはけ口を求めている。ゲームセンターが大人のストレス解消の場であり、赤ちょうちん的な役割を果たしているとも考えられる、と分析する。
 調査結果からはゲームの欠点も見えてくるが、斉藤助教授は、確かに悪い点はあるが、ゲームイコール悪という早急な結論は控えるべきだ。今後もさまざまな視点から質問項目をつくり、キレとゲームセンターの関係を探りたい、としている。

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎桃井節也名誉教授が死去

 桃井節也神戸大名誉教授が八月七日午後二時十七分、肝不全のため神戸市中央区の病院で死去。【8月7日 UNN】

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎定期点検でキャンパス順次停電 8日から

 学内受変電設備の定期点検で、八日午前九時から各キャンパスで停電となる。これに伴い、学生部サーバーは八日と十一日の午前八時三十分から午後六時三十分まで運用が停止される。また停電中はエレベーターや水道も使用不可となる。【8月7日 神戸大NEWS NET=UNN】

 停電の日程は以下のとおり。

▽8月8日(火) 午前9時〜午後5時30分
六甲台1団地全域(法学部・経済学部・経営学部等キャンパス、課外活動共用施設・武道場・弓道場等を含む)、六甲台2団地(文学部・理学部・農学部・工学部等キャンパス・馬場厩舎を含む)、鶴甲1団地(大学教育研究センター・国際文化学部等キャンパス・学生会館を含む)

▽8月9日(水) 午前9時〜午後5時30分 六甲台2団地地区内で工学部の全域、工学会館、総合情報処理センター分室、機器分析センター、都市安全研究センター、工学部食堂等

▽8月10日(木) 午前9時〜午後5時30分 鶴甲1団地の全域で国際文化学部、大学教育研究センター、留学生センター、総合人間科学研究科、学生会館、体育館、武道場、音楽練習室等、六甲台2団地地区内で学生会館、馬場厩舎、文学部全域、瀧川記念館、六甲台南食堂(ランスボックス)等

▽8月11日(金) 午前9時〜午後5時30分 六甲台1団地の全域で法学部、経済学部、経営学部、国際協力研究科、講堂、附属図書館(人文・社会科学系)、経営学研究科、経済経営研究所、六甲台食堂、兼松記念館、職員会館等、六甲台2団地地区内で情報処理センター新館、自然科学系図書館、情報知能工学科棟等

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎UNN夏季総会 ワンゲル部員遭難の報道など検証

 UNN関西学生報道連盟の夏季総会が八月四日から六日まで奈良県奈良市の「ホテルニューわかさ」で開かれた。ワークショップや班別に分かれての取材など部員の基礎力向上に重点を置いたプログラムが行われた。【8月6日 UNN】

   一日目は、毎年行われるワークショップ以外に初めての試みとなる班取材を行った。部員を班ごとに分け、テーマを決めずに自由に取材。奈良散策を兼ねていたため、東大寺や人力車について調べる班、県庁に取材する班もあった。「取材の時間が短い」「テーマを事前に決めておくべき」などの課題も出たが「初めてにしてはみんな楽しんでおり、良かったのでは」と宮所崇代表(関大・経済・三年)。
 二日目は、前日に班取材して書いた記事を班内で論評と各班の取材内容を発表した。取材時間が短かったため深く聞き出すことができず、記事を挙げるのを苦労したとの意見が多く出された。また、新聞作成するにあたって基礎を身に付けようと、見出しやレイアウトのワークショップを行った。総会を初めて経験した一年生は真剣な表情で話に聞き入っていた。

 最終日には、今後さらにホームページに力を入れていこうとホームページに関するワークショップも実施。また、神戸大NEWS NETの大串真紀編集長(国文・二年)が神戸大ワンゲル部部員の文部省登山研修遭難を振り返り、事故報道のとりくみについて検証した。
 総会の最後には上半期の優秀項目を発表するUNN賞を発表。六部門に大賞、努力賞の合わせて二十項目が入賞した。企画、広告部門で大賞に輝いた関学の編集長、岸本美香保(社学・三年)は「企画部門の受賞については驚いている」と話し、「基礎的なアンケート取材を評価されたのでは」と感慨深げだった。

●2000年上半期UNN賞

▽スクープ部門
 大賞  奈女大 雨の日に使えないパソコンネット

▽速報部門
 大賞  立 命 神宮球場から結果をHPアップ速報、iモードでも速報
     関 大 アメフットをiモードで速報
 努力賞 関 大 金講師殺害事件
     奈女大 電話ストーカー事件

▽企画部門
 大賞  神戸大 ワンゲル部溝上さん遭難
     関 学 五段階評価特集
     立 命 戦争特集
     関 大 インターシップ講演会 
 努力賞 大外大 大学隣接地での都市開発取材
     UNN文化部 総選挙アンケート

▽ビジュアル部門
 大賞  UNN写真部 七月号写真特集
 努力賞 阪 大 五月号一・八面レイアウト
     関 大 五月号五面レイアウト
     神戸大 「神戸大生ウォッチング」のタイトルロゴデザイン

▽広告部門
 大賞  関 学 五月号の全面広告

▽運営部門
 大賞  UNN制作部 インターネット常時接続化
 努力賞 関 大 ホームページのリニューアル
     関 学 携帯電話三社用のHPを開発
     同 大 学内で毎週鍋パーティ チームワーク高める


INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎カヌー関西学生選手権 神戸大の選手が優勝

 第三十六回関西学生カヌー選手権最終日が、八月六日、滋賀県立琵琶湖漕艇場で行われ、女子新人の部シングルで関学の徳田有希子選手などが優勝した。【8月6日 UNN】

●第36回関西学生カヌー選手権大会(8月6日・瀬田浦)
▽女子新人の部 シングル 500メートル
優勝 徳田有希子 関学 2分24秒75
2位 玉利奈津美 武庫女大 2分27秒54
3位 中村友子 神戸大 2分30秒52

▽男子新人の部 シングル500メートル カヤック
優勝 武富尚吾 京大 2分04秒82
2位 黒木 敬 関学 2分05秒03
3位 武田憲太 同大 2分07秒30

▽男子新人の部 シングル500メートル カナディアン
優勝 川崎啓行 神戸大 2分40秒57
2位 近藤善郎 神戸大 2分43秒63
3位 田中秀典 久留米大 2分59秒08

▽女子シングル 500メートル
優勝 安村 香 鳥取女短大 1分58秒60
2位 阿部美穂子 武庫女大 2分00秒54
3位 澁谷友美 武庫女大 2分01秒06

▽男子シングル500メートル カナディアン
優勝 丸山孝二 立命 1分57秒11
2位 岸田雄策 立命 2分02秒07
3位 久保田尚稔 神戸大 2分03秒04

▽男子シングル500メートル カヤック
優勝 丸山一馬 関学 1分43秒70
2位 丸山良平 関学 1分44秒65
3位 平松宗幸 福井工大 1分45秒27

▽女子新人の部ペア500メートル
優勝 徳田・中藤 関学 2分12秒59
2位 北田・合志 武庫女大 2分19秒08
3位 尾曽・中村 神戸大 2分19秒44

▽男子新人の部ペア500メートル カヤック
優勝 武富・原 京大 1分57秒57
2位 中村・宮地 神戸大 2分01秒59
3位 田塚・廣澤 関学 2分04秒52

▽男子新人の部ペア500メートル カナディアン
優勝 川崎・藤木 神戸大 2分26秒28

▽女子ペア500メートル
優勝 澁谷・照屋 武庫女大 1分51秒08
2位 安村・蓑田 鳥取女短大 1分51秒78
3位 藤田・田中 武庫女大 1分54秒10

▽男子ペア500メートル カナディアン
優勝 岸田・首藤 立命 1分48秒19
2位 丸山・山村 立命 1分49秒33
3位 大畑・岡田 神戸大 1分51秒13

▽男子ペア500メートル カヤック
優勝 丸山・丸山 関学 1分35秒53
2位 佐伯・平松 福井工大 1分36秒11
3位 庄賀・河原 関学 1分37秒56


INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎カヌー関西学生選手権 男子リレーで関学と立命優勝

 第三十六回関西学生カヌー選手権大会が、八月五日、滋賀県立琵琶湖漕艇場で開催。男子シングルリレーカヤックで関学が、男子シングルリレーカナディアンで立命がそれぞれ優勝した。【8月5日 UNN】

●第36回関西学生カヌー選手権大会(8月5日・滋賀県立琵琶湖漕艇場)

▽男子シングル 500x4 リレー カヤック
1位 関学 8分10秒73(丸山・庄賀・近藤・丸山)
2位 福井工大 8分14秒71(国京・平松・樋口・立古)
3位 立命 8分38秒45(野々村・前川・松本・鈴木)

▽男子シングル 500x4 リレー カナディアン
1位 立 命 9分11秒34(首藤・丸山・山村・岸田)
2位 同 大 9分32秒07(辰・下田・道中・浅野)
3位 神戸大 9分55秒54(大畑・久保田・辻・岡田)

▽女子シングル 500x4 リレー カヤック
1位 武庫女大 9分38秒04 (澁谷・阿部・照屋・藤田)
2位 関学 10分17秒30(米田・柳・有木・山本)
3位 神戸大 10分17秒86(太田・野崎・及川・浅沼)


INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎アジアフォーラム淡路会議 神戸大教授などが設立発表

 八月九日設立される「アジア太平洋フォーラム・淡路会議」(事務局・兵庫県国際交流協会)の設立発表会見が八月四日、兵庫県庁で行われた。【8月4日 UNN】

 会見を行ったのは、五百旗頭真・神戸大教授と建築家の安藤忠雄さん。
 同会議は学者や経済人らが会員。年一回、淡路島でアジア太平洋地域の課題について話し合う会議やシンポジウムを開く。
また、同地域で優れた文化活動に取り組む個人や団体を表彰する。八月九日には、兵庫県東浦町のホテルで、会員の山崎正和さん(劇作家)と牛尾治朗さん(ウシオ電機会長)がアジア文明や経済について発表する。また翌十日には、兵庫県立淡路夢舞台国際会議場で国際シンポジウムを催す。

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎カヌー関西学生選手権大会2日目 立命、関学が健闘

 第三十六回関西学生カヌー選手権大会二日目が八月四日、琵琶湖漕艇場で行われた。【8月4日 UNN】

●第36回関西学生カヌー選手権大会2日目(8月4日・琵琶湖漕艇場)

▽SC−1 1000メートル
 1位 丸山孝二(立命) 4分08秒18
 2位 大畑篤郎(神戸大) 4分11秒78
 3位 辰裕輔(同大) 4分13秒22
 4位 久保田尚稔(神戸大) 4分13秒72
 5位 岸田雄策(立命) 4分22秒68
 6位 下田健司(同大) 4分24秒48

▽FSK−1 1000メートル
 1位 安村香(鳥取女短大) 4分12秒05
 2位 澁谷友美(武庫女大) 4分18秒87
 3位 藤田祐子(武庫女大) 4分21秒05
 4位 森陽子(武庫女大) 4分21秒70
 5位 蓑田恵美(鳥取女短大) 4分25秒59
 6位 照屋優子(武庫女大) 4分30秒06

▽SK−1 1000メートル
 1位 丸山一馬(関学) 3分43秒50
 2位 丸山良平(関学) 3分43秒80
 3位 平松宗幸(福井工大) 3分45秒73
 4位 国京健二(福井工大) 3分46秒38
 5位 山形昭裕(立命) 3分50秒82
 6位 前川哲(立命) 3分51秒88

▽SC−2 1000メートル
 1位 下田、辰(同大) 3分52秒48
 2位 丸山、山村(立命)3分53秒57
 3位 大畑、岡田(神戸大) 3分58秒58
 4位 石川、久保田(神戸大) 4分04秒64
 5位 岸田、首藤(立命) 4分10秒97
 6位 浅野、和田(同大) 4分13秒39

▽FSK−2 1000メートル
 1位 澁谷、照屋(武庫女大) 3分59秒15
 2位 安村、蓑田(鳥取女短大) 4分00秒92
 3位 森、岡本(武庫女大) 4分05秒68
 4位 藤田、田中(武庫女大) 4分06秒90
 5位 向後、平塚(武庫女大) 4分09秒23
 6位 猪飼、藤田(立命) 4分13秒63

▽SK−2 1000メートル
 1位 丸山、丸山(関学) 3分30秒33
 2位 庄賀、河原(関学) 3分31秒23
 3位 植出、松本(同大) 3分31秒70
 4位 立古、樋口(神戸大) 3分31秒89
 5位 近藤、橋本(関学) 3分33秒39
 6位 白川、前川(立命) 3分38秒82

▽SC−4 1000メートル
 1位 岸田、首藤、山村、丸山(立命) 3分32秒72
 2位 下田、辰、梶屋、道中(同大) 3分37秒75
 3位 大畑、久保田、石川、吉野(神戸大) 3分39秒67
 4位 吉井、高木、武田、野中(福井工大) 4分11秒69

▽FSK−4 500メートル
 1位 澁谷、藤田、平塚、照屋(武庫女大) 1分46秒69
 2位 高橋、猪飼、藤田、川崎(立命) 1分51秒12
 3位 柳、有木、山本、米田(関学) 1分51秒34
 4位 太田、及川、井田、佐藤(神戸大) 1分51秒98
 5位 今福、大橋、寺尾、宮本(同女大) 2分10秒18

▽SK−4 1000メートル
 1位 国京、平松、立古、樋口(福井工大) 3分10秒22
 2位 鈴木、前川、江口、山形(立命) 3分13秒01
 3位 丸山、前田、庄賀、加藤(関学) 3分13秒46
 4位 荻野、桝本、山田、小川(神戸) 3分15秒59
 5位 大野、北辻、林、寺本(大経大) 3分19秒16
 6位 植出、岡、中村、松本(同大) 3分22秒43




  ◎ニュースネット委、5周年迎え「読者の声」募集中

 ニュースネット委員会では、創立五周年にあたって、読者の意見や声、要望を広くを募集している。寄せられた意見は記事として紙面やホームページに掲載するほか、新しい特集の企画や、ホームページや紙面の改良に反映させていく。応募は専用フォームhttp://www.std.kobe-u.ac.jp/newsnet/voice/index.htmlから。【8月5日 神戸大 NEWS NET=UNN】

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎【告知】劇団鹿殺し公演「夏・女子プロスペシャル」 5日から

 神戸大と関学のユニット劇団である劇団鹿殺しの公演、夏・女子プロスペシャル、リング・リング・リング〜女子プロレス純情物語が八月五日、六日にイカロスの森で行われる。
 開演日時は八月五日は午後一時と午後六時で、六日は午後一時と午後五時、開場は開演の三十分前から。入場料は前売りは五百円、当日は八百円。詳しくはhttp://kobe.cool.ne.jp/sika564まで。【8月4日 UNN】

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎神戸大病院 患者遺族が医療ミス訴える

 神戸大病院で、腎臓の組織検査を受けた男性が死亡したのは医療ミスが原因として、男性の両親が国を相手に約一億円の損害賠償を求める訴えを八月三日神戸地裁に起こした。【8月3日 神戸大学NEWS NET=UNN】

 訴状などによると、男性は四月、同病院で膠原(こうげん)病の一種で、厚生省指定の難病「全身性エリテマトーデス」と診断され入院した。五月十六日午後、治療方針を決めるため、皮膚の上から針を指し、腎臓の組織を取り出す腎生検を行ったが、検査後、男性は腹痛を訴え呼吸が激しくなった。医師は過換気症候群と判断し、「ペーパーバック法」と呼ばれる処置をしたが、意識不明になり、五月十七日朝、出血性ショックで死亡した。これに対して両親は「医師が出血に対する適正な検査と処置を怠った」と主張している。

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎シドニー五輪に向け猛練習 関西学生吹奏楽連盟

 関西学生吹奏楽連盟オリンピック実行委員会が、八月二日に桃山大でシドニーオリンピック開会式の演奏に向けての練習を行った。このチームには、神戸大吹奏楽部のメンバーも参加している。【8月2日 神戸大学NEWS NET=UNN】

 シドニーオリンピックには、関西学生吹奏楽連盟から日本を代表して百八十四人が出演予定。これは、約六百人の中から選考された。練習は昨年の九月から始め、月一回のペースで練習をしている。二月と六月には、ニューヨーク大学の講師が来訪し龍谷大で練習が行われた。その時の参加人数は約百七十人。今年の七月は週一回のペースで、八月二十一から二十七日までは毎日みっちりと練習を行う。八月三十日には、大阪国際交流センターで壮行演奏会が行われる予定。
 
 今日の練習には、約百人の学生が参加した。実行委員会委員長の倉地祥子さん(桃山大・二年)によると「プロでもなかなか出られないのでプレッシャーがあり緊張した。また、統制をとるのとみんなの志気を高めるのに苦労したが、練習は順調に進んでいる」と話す。暑い中、学生達は一生懸命練習に取り組んでいた。
 吉田玲子さん(神戸大・三年)は「学校の勉強とクラブとの両立をするのに苦労した。でも、日が近づくにつれて参加しようと思ってよかった」と話す。
 また、樽井博司さん(関学・四年)によると「大学ごとの演奏の風習が違うからそれを合わせるのに苦労した。でも、いろいろな人と演奏をすることができ、みんなで一つずつ作り上げていくことが楽しい」と話す。
 永所啓明さん(阪大・四年)は「なかなか全員が集まることができなかったが、長い間練習をがんばってきたのであせりや不安はありません。モチベーションをさらに高めていくのが課題だ」と話している。(大久保 学記者)

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎【告知】近畿地区国立大学体育大会 4日に開幕

 近畿地区の十二の国立大が参加する第三十八回近畿地区国立大学体育大会が八月四日に、兵教大講堂で開会式が行われ、兵庫県内の各会場で熱戦が繰り広げられる。神戸大は昨年の成績は総合女子三位、男子は四位。各種目の日程、会場は以下の通り。【8月1日 UNN】

●第38回近畿地区国立大学体育大会

 開会式(8月4日・兵教大講堂)
 陸上競技(8月13日・加古川運動公園陸上競技場)
 水泳(8月21日、22日・ポートアイランドスポーツセンタープール)
 野球(8月21日〜24日・伊丹スポーツセンター野球場)
 軟式野球(8月15日〜18日・兵教大野球場)
 テニス(8月20日〜25日・兵教大テニスコート、県立嬉野台生涯教育センターテニスコート)
 ソフトテニス(8月7日〜10日・兵教大テニスコート)
 バスケットボール(8月7日・姫路市総合スポーツ会館、8日、9日・姫路市中央体育館)
 バレーボール(8月26日、27日・西脇市立西脇体育館)
 サッカー(8月16日〜20日・兵教大グランド)
 卓球(8月22日、23日・兵教大体育館)
 バドミントン(8月23日〜25日・西脇市立西脇体育館)
 柔道(8月18日・神戸市立王子スポーツセンター柔道場)
 剣道(8月19日・兵庫県立文化体育館)
 体操競技(8月24日・神戸総合運動公園グリーンアリーナ神戸)
 ハンドボール(8月22日〜25日・高砂市総合体育館)
 弓道男子(8月17日〜20日・兵庫県立弓道場)
 弓道女子(8月22日〜24日・兵庫県立弓道場)

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎国立大法人化の調査検討会議開催 文部省

 文部省は七月三十一日、国立大法人化の具体像を決めるための調査検討会議を初めて開催し、法人化後の組織の在り方について検討をはじめた。【7月31日 UNN】

 同会議は「組織」「人事」「財政」「大学」の目標設定や評価の在り方―を審議する四つの委員会で構成されている。来年度中に結論を出す予定。
 国立大の法人化は行政改革の一環として提唱され、文部省は五月に法人化する方針を表明した。
 しかし、行政改革を目的とした「独立行政法人通則法」をそのまま適用すると大学の主体性を損なうなどの理由で、同法の下に「調整法」か「特例法」を設け、特例措置を盛り込むことになっている。
 同会議では、各大学への予算配分の仕組みや学長選考の方法、業績に応じた弾力的な給与支給の在り方など、特例措置の内容を検討、決定する。

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎オリックス戦のイベントに参加 ラクロス部

 ラクロス部が七月三十日にグリーンスタジアム神戸で行われたオリックス−ダイエー戦のオープニングイベントに参加。試合開始前にはラクロスのミニゲームが行われた。【7月30日 神戸大学NEWS NET=UNN】

Photo  現在二位、三位で争っているオリックスとダイエー。注目カードなだけに、外野席は試合開始前からほぼ埋め尽くされた。その大観衆の前で、ラクロスのミニゲームが行われた。
 神戸大と松蔭女大の選手が二手に分かれての試合。ルールの簡単な説明もまじえながら、6on6の形式で行われた。観客は始めはもの珍しげに見ていたが、ゴールが決まると拍手が起こった。
 「観客が多くて目線が気になったが、新鮮な気持ちだった」と三佐庸子さん(理・四年)。他のメンバーも普段とは一味違ったラクロスに、興奮が冷めない様子だった。オリックスの地元の応援に参加しようと、はるばる東京から観戦に来ていた親子は「網(クロスのこと)をうまくあやつっていて面白かった」と初めて見るラクロスに興味をひかれたようだった。

 今回のイベントは「産学提携」の一環として行われた。理工学系での産学提携はだいぶ進んではいるがスポーツ分野ではかなり画期的なこと。以前から懇親を深めていた神戸大ラクロス部とオリックスの間で話が持ち上がった。こうしたイベントをすることで球場に足を運ぶ若者を増やすのも狙いの一つだ。 このイベントを企画・運営したオリックス野球クラブの岡村義和さんは「若い人がこうして関わってくれるだけで活気が出る」と話した。(大串真紀 記者)

【写真】芝の上でのびのびとゲームをする選手たち(7月30日 グリーンスタジアム神戸で 撮影=大串真紀)

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎13の国立大が合併を検討

 大学どうしの競争が激しくなるなかで、全国で十三の国立大学が、研究や教育の基盤を強化しようと合併を検討していることが、NHKの調査でわかった。【7月30日 UNN】

 七月二十九日のNHKの報道によると、文部省が国立大学を国の組織から切り離して独立行政法人に移行させる方針を決めたのを受けて、全国九十九の国立大学の学長に今後の大学運営についてアンケート調査を行い、九十二の大学から回答があった。
 それによると、将来、ほかの国立大学との連携を強めたいと答えたのは六十四の大学で七十パーセントを占めた。
 このうち、大学どうしの合併について、相手先を明らかにして準備しているのは、筑波大学と図書館情報大学、山梨大学と山梨医科大学、香川大学と香川医科大学、宮崎大学と宮崎医科大学の四組八つの大学だった。また浜松医科大学など五つの大学が、相手先などはまだ公表できないとしながらも、合併の計画を進めていると答えている。
 このように大学どうしの連携を進めることについて、多くの学長は「研究や教育の領域が広がり、学生にとっても選択肢が増える」などとしていて、国際化や少子化に伴って大学間の競争が激しくなるなかで教育や研究の基盤を強化するために大学の連携を進める動きはさらに広がるものとみらる。

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎一橋大など4大学連合 来春スタートへ

 東京医歯大、東外大、東工大、一橋大の国立四大学は七月二十八日、共通の履修コースを設ける「大学連合」を二○○二年度から始めると発表した。【7月29日 UNN】

 大学間の単位互換は多くの学校で導入されているが、共通の履修コースまで設けるのは初めて。
 三大学の共通カリキュラムとして設定されるのは「複合領域コース」は生命科学、海外協力、文明科学の三コース。さらに東工大と一橋大の間の「科学と知的財産権」など、二大学連携による課程も四コース作る。
 これらのコースを学ぶ学生は途中で所属を変更して関連分野の大学に編入することができる。
 東外大は学内の意見調整ができていないため、当初は三大学でスタート。東外大は来春までに学内の意思統一を図り、参加する予定。

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎【告知】浴衣でどうぞ はちの巣座新人公演、8月11日に

 演劇研究会はちの巣座の新人公演「スケッチブック・ボイジャー」が八月十一日、尼崎ピッコロシアター中ホールにて行われる。【7月24日 神戸大学NEWS NET=UNN】

 六時開場、六時半開演。チケットは無く、料金は無料カンパ制となっている。また、浴衣で来場した人には粗品が進呈される。お問い合わせはヒラヤマさん、090−4280−9672まで。

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎早川紀代秀被告に死刑判決 オウム裁判

 坂本弁護士一家殺害事件の実行犯とされる、オウムの「建設省大臣」早川紀代秀被告(五一)に対して、七月二十八日、東京地裁で行われた判決公判で、死刑判決が言い渡された。【7月28日 UNN】

 早川紀代秀被告は大阪市出身。神戸大学農学部を卒業後、大阪府立大学大学院に進んだ。一九七五年、大手建設会社に就職し、八〇年に退社して独立。八八年ごろ、教団の前身「オウム神仙の会」に入会。教団創設当時からの麻原被告の側近で、教団の総務部長や建設相を歴任。教団の非公然活動や武装化の指揮官とされ、ロシア進出にも大きな役割を果たした。
 教団内では、設計技術を生かして教団施設の建設などに携り、「建設省大臣」を務めていた。また麻原彰晃こと松本智津夫被告(四五)の「懐刀」「分身」とも呼ばれていた。
 教団を批判した「サンデー毎日」の連載記事をやめさせるため、毎日新聞社に爆弾を仕掛けようと下見に訪れたり、TBSに押し掛け、坂本弁護士のインタビューを収録したビデオを事前に見て放映中止を迫ったこともある。
 坂本事件後には、政治家や要人と接触して教団の勢力拡大を図るため、度々ロシアに渡航していた。

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎水泳選手権最終日 男女ともに二部残留

Photo  二十六日から開催されていたこの大会も最終日。個人では平泳ぎ男子二百メートルで藤尾が二位、同女子で山本が三位につけるなど健闘した。【7月28日 神戸大学NEWS NET=UNN】

 最終種目の男子八百メートルリレー。第一泳者松山が五位で折り返すが、続く八十島は六位と順位を落とす。第三泳者の村上、藤本が挽回し、五位でレースを終えた。
 三日間の総合結果で男子は五位、女子は六位。ともに二部残留が決定した。八十島主将は「全員が普段よりよいタイムが出せた」と話した。(大串真紀 記者)

【写真】女子400メートルリレー。第一泳者の中山から第二泳者の清水へ(7月28日大阪プールで 撮影=大串真紀)


●関西学生水泳競技大会(7月28日・大阪プール)

▽2部女子200メートル平泳ぎ
 1位 今竹奈津美(甲南大)2分52秒40
 2位 北村晃子(関大)2分53秒99
 3位 山本奈穂(神戸大)3分04秒14

▽同男子
 1位 中谷信博(流科大)2分30秒70
 2位 藤尾幸平(神戸大)2分32秒90
 3位 高橋尚士(関大)2分35秒06

▽2部女子400メートルリレー
 1位 甲南大 4分21秒84
 2位 京大  4分20秒25
 3位 関大 4分26秒43
 4位 神戸大 4分36秒82

▽2部男子800メートルリレー
 1位 流科大 8分11秒36
 2位 京大 8分22秒46
 3位 関大 8分24秒13
 4位 甲南大 8分36秒25
 5位 神戸大 8分42秒55

▽2部総合順位女子
 1位 甲南大 
 2位 関大
 3位 大教大 
 4位 京大
 5位 奈女大
 6位 神戸大
 7位 四天王寺仏大
 8位 滋賀大

▽同男子
 1位 流科大
 2位 関大
 3位 京大
 4位 甲南大
 5位 神戸大 
 6位 大経大
 7位 大府大
 8位 阪大


INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎「神戸経済新生会議」の総括会議が開かれる

 第一回「神戸経済新生会議」の総括会議が七月二十七日、神戸市役所で開かれた。座長は新野幸次郎神戸大名誉教授。【7月27日 神戸大学NEWS NET=UNN】

 「神戸経済新生会議」は、阪神大震災以降低迷している神戸経済の活性化策を探ろうと、学識経験者やベンチャー企業の経営者らで結成したもの。
 神戸市産業振興局が鉄鋼、造船など重厚長大型が主力だった従来の産業構造に問題があるとして主催。
 神戸市は大震災から五年半が経過し、住宅などハード面はほぼ復興したが、地場産業などは依然振るわず、全体で復興は八割程度にとどまっている。
 会議のメンバーは四十人で、「世界交流」「知識創造」「市民経済」の三つの部会を設ける。東京の財界人などからも意見を聞き、来年早々に神戸経済の構造上の問題点や目標像について提言する。

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎安重根の遺墨、広島で見つかる 魚住教授が鑑定

 朝日新聞によると伊藤博文を暗殺した韓国独立運動家の安重根が獄中で書いたと見られる遺墨が、広島県内で見つかった。七月二十六日ソウルで記者会見が開かれ、筆跡鑑定を神戸大教授が行っている。【7月26日 UNN】

 遺墨は、広島県向原町、浄土真宗本願寺派願船寺当主、設楽正純さん(七二)が保管していた。縦三十三センチ、横六十六センチの和紙に「獨立」と横に書かれ、和紙は劣化して黄ばんでいた。
 安の遺墨はこれまでも複数見つかっているが、朝鮮半島の民族的英雄ともいえる安の思想を直接表現した遺墨だけに、日本による植民地支配が第二次大戦後の民族分断につながった韓国と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)両国民の関心を改めて呼びそうだ。
 すでに安の遺墨とされているものと、この遺墨を写真で比べ、筆跡を鑑定した魚住和晃・神戸大教授(国際文化学部・文字文化形象論)は真筆と判断していいのではないかと分析している。

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎文部省が国立大の教育研究活動の調査を開始

  国立大の教育研究活動を点検する文部省の「大学評価・学位授与機構」は七月二十五日、教養教育の実施状況と、公開講座開催など社会貢献の取り組みについて、調査を始めると発表した。【7月25日 UNN】

 阿部謹也・共立女子大学長を委員長とする評価委員会を設置。各大学の自己評価報告書を基に、ヒアリングなどによる調査を加え、一年半から二年後に結果を公表する。文部省は評価結果を各大学への予算配分の際の参考資料にする。
 当初は二分野の調査だが、今後は評価態勢を整え、二〇〇三年度からは対象分野を広げて本格的な評価をする方針。今回は初めての評価活動となる。

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎高校生に模擬講義 オープンキャンパス始まる

 神戸大のオープンキャンパス「大学説明会」がスタート。トップをきって法学部説明会が、七月二十四日二時から六甲台第二学舎の二六三教室で行われた。【7月24日 神戸大学NEWS NET=UNN】

Photo  法学部のオープンキャンパスは浦部法穂学部長のあいさつで始まり、高校生が大学生活に興味を持てるようにと、模擬講義や校内見学が行われた。
 模擬講義では、法律学を畑瑞穂助教授が、政治学を飯田文雄教授が、それぞれ講義。畑助教授は交通事故など身近なできごとを例に、法律をどのように勉強したら良いか解説した。

 姫路から来たという高校生は「内容は難しかったが、丁寧に教えてくれた。受験勉強する意欲がいっそう出て来た」と満足そうだった。
 今回は約三百人の高校生が参加。保護者同伴で来ていた姿も目立った。娘の付き添いで岡山から来たという母親は「娘は厳しそうだとも言っていたが、優しそうな教授が多くて親子ともども気に入った。第一志望なのでぜひ合格させてやりたい」と話していた。
 「大学説明会」は、八月四日の文学部、医学部保健学科まで、あわせて十二の学部・学科で行われる。(酒井大介 記者)

【写真】 法学部では法律学、政治学の模擬講義が行われた。(7月24日・法学部263教室で 撮影=酒井大介)

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎建設進む神大会館 11月に完成予定

 神大会館・留学生センター・山口誓子記念館の建設工事が炎天下進んでいる。ランス・ボックス(文・理・農学部生協食堂)の東側に昨年九月に着工、十一月に完成予定だ。【7月23日 神戸大学NEWS NET=UNN】

Photo  神大会館・留学生センターは、鉄筋コンクリート造で床面積三千九百八十九平方メートル、山口誓子記念館は木造で百四十九平方メートル。コンクリート舎は工学部の狩野教授が基本設計を、木造舎は同じく工学部の足立教授が実施設計を担当した。
 近代的な建物と、そしてその横手に建つ純和風な造りのコントラストがプランニングのポイントだ。

 近年、文部省の指針により神戸大が受け入れる留学生の数が増加してきた。既存のセンターはその規模に限界があるため、諸行事は分散して行っている。 また、港町神戸における唯一の国立総合大学である神戸大に、国際的な各種学会を開く会場や施設が十分ではなかった。そういったニーズに応えようと、大学側は十年程前からこの施設の建設計画たて、平成五年には留学生センターが組織化され本格的に取り組んできた。来年、平成十三年一月二十七日に完成記念式典が催される。
 これからは神戸の街並みを一望する高台に建てられるこの施設が、留学生の窓口や文化交流の場、そして大学の世界に対する顔へとなる。(山本賢也 記者)

【写真】建設進む神大会館(手前、逆台形の建物)。すぐ上には、本部、木々の間に六甲台第一学舎の時計台がみえる。右上は発達科学部学舎。(7月22日 六甲道のビル30階から望む 撮影=須田鉱太郎)

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎内定取り消しには速やかに対応を 厚生課

 雪印食中毒問題やそごうの経営破綻など大手企業の問題が続き、内定者にも不安が広がっている。厚生課は、万一内定を取り消されるなどの場合は、担当教官に相談するなど、速やかに対応をとるよう呼び掛けている。【7月22日 神戸大学NEWS NET=UNN】

 神戸大の就職担当部局である厚生課はニュースネットの取材に対して、全学部の内定者の数字がまとまっていないため両社に該当者がいるかわからないとしている。  万一内定を取り消されるなどした場合、まず所属ゼミの教官に相談するなど、速やかに対応をとってほしいとしている。
 
 関西学生報道連盟の調べによると、雪印乳業東京本社の広報部は「当社から内々定を取り消すことはない」と答えている。また、そごうは採用活動は行っておらず、今年度の内定者はいないという。(酒井大介 記者)

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎そごう 就職内定者はなし

 関西学生報道連盟の調べによると、そごうの今年度の内定者はいないということが、七月二十一日までにわかった。
 株式会社そごう人事本部によると、昨年度も今年度も採用活動をしておらず、内定者や新入社員はいないとのこと。来年度以降は「再生計画が決まっていないため未定」(同本部)という。【7月21日 UNN】

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎雪印乳業「内定取り消すことはない」

 一部報道機関が雪印乳業の内定取消しの動きを伝えたが、同社の東京本社広報部は関西学生報道連盟の電話取材に対し「当社から内々定を取り消すことはない」と否定した。【7月21日 UNN】

大学院修了者、大卒内々定者は80人

 七月二十一日、雪印乳業東京本社の広報部は関西学生報道連盟の電話取材に、今年度の現時点での内々定者数は百二十人。そのうち、大学院修了者、大卒者は八十人だと応えている。
 広報部の小西晶さんの話によると、近畿地区の大学に通っている大学生はどの程度採用しているのか、今後、内々定者はどうなるのか、といった質問には「お答えできない」、「何とも申し上げれない」とはっきりとした回答が得られなかった。
 内々定者からの辞退者はいるのかとの質問には「今のところ、そのようなことは聞いていない」としたうえで、一部報道機関が同社の内定取消しの動きを伝えたことに対して、「当社から内々定を取り消すことはない。内々定者にはなるべく多くの人に入ってもらえるようにしたい」答えた。

立命で2人、同大で1人、関大は「公表できない」

 関西学生報道連盟の調べでは、雪印乳業の内定者は、立命で二人、同大で一人。関学、奈女大、神女院大は内定者なし。神戸大は全学部の内定者の数字がまとまっていないため同社に該当者がいるかわからないとしている。関大は「一連の食中毒事件で内定者が敏感になっている時期。今は(内定者を)教えられない」(就職課)とナーバスな反応だ。

一部の「内定取り消し」報道に不安広がる

 共同通信は七月十三日、集団食中毒事件を起こした雪印乳業が、採用の内々定を出した来春卒業予定の大学生らに「採用できるかどうかわからない」などの説明をしていたことが、同日分かったと伝えていた。同社は同月七日、東京本社ビルでの内々定者を対象とした説明会で、食中毒事件とそれに伴う影響などを説明。就職戦線終盤での内々定は事実上の内定と理解していた学生らから「内定取り消しはないのか」といった質問が相次いだという。

 同社は現在、大阪工場以外の二十の工場を操業中止にしている。そしてその 二十の工場全てを食品分析センターなど四団体を第三者として介入させて自主検査 を行っているという。その後、厚生省にも点検してもらう予定。小西さんは「厚生 省から保証をいただいて、操業を開始したい」と話した。

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎ワンゲル部員ら、溝上さんに応援歌で別れ告げる

Photo  今年三月に大日岳の雪庇崩落で亡くなった溝上国秀さん(文・当時二年)のお別れ式が七月二十日、溝上さんの母校である私立明星高校(大阪市天王寺区)の聖堂でしめやかに行われ、約四百人が参列、式の後には神戸大ワンゲル部員が応援歌「宇宙を股に」を歌い別れを告げた。【7月20日 神戸大学NEWS NET=UNN】

 私立明星中学時代から大学までワンゲル部で活動していた溝上さんのお別れ式には、それぞれのクラブ仲間を中心に多くの同年代の友人が集まった。神戸大からは西塚泰美学長、鈴木正幸文学部長、植松忠博学生部長のほか、学生課の職員らが参列した。
 無宗教ではあるものの、会場のキリスト教系に近い方式でとり行われた。弔辞では、明星高校ワンゲル部のOB、神戸大ワンゲル部の顧問のほか、同部の同級生坂本桂さん、先輩の鬼木友博さんがそれぞれ溝上さんへ語りかけた。
 坂本さんは「ミゾがずっと見守っていてくれたら、私も生きていけると思う」と声を震わせながら呼びかけた。溝上さんが中学から慕っていたという鬼木さんは「お前が同じ大学に入ってきた時は驚いた。また俺の後輩でいいのか、と思わず聞いてしまった」と言葉をつまらせた。
Photo  献花では参列者全員が遺影に向かい、ある人は言葉をかけながら、またある人は目頭をおさえながら花を手向けた。
 式の終了後にはワンゲル部員が大きな円陣を組み、エールを贈った。そして神戸大応援歌「宇宙を股に」を熱唱、溝上さんへの最後のはなむけとなった。

【写真】400人の参列者に見守られた溝上さんの遺影。(7月20日・大阪市天王寺区の明星高校で 撮影=矢吹大祐)

中学から大学時代の遺品や写真も

 別室では、溝上さんの遺品や写真が展示された。中学時代から使い古した登山靴、鞄、スキーなど登山道具が多かったほか、愛読書やクラブ部員による寄せ書きなども見られた。写真も大学時代を中心に登山中に撮影したものがほとんどで、中には中学時代のあどけない表情のものも。ほとんどの人が展示場に足を運び、当時を振り返って懐かしんでいた。(矢吹大祐・大串真紀 記者)

【写真】遺品を眺め溝上さんを偲ぶ人たち。(7月20日・大阪市天王寺区の明星高校で 撮影=矢吹大祐)

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎教育改革国民会議が素案 大学の九月入学

 森喜朗首相の私的諮問機関「教育改革国民会議」の第三分科会は七月十九日、大学の入学年齢制限を十五歳以上とするなどを柱とした分科会報告の素案をまとめた。【7月19日 UNN】

 素案は大学入学年齢を原則として義務教育終了段階の十五歳以上とする、大学入学時期を九月とする、国公立高校の二校に一校程度を中高一貫教育の六年制とするなどが含まれており、九月に首相に提出する中間報告に盛り込む。
 大学入学年齢を原則十五歳に引き下げるのは、能力のある生徒に高等教育を受けさせることで諸分野で国を代表するトップリーダーを育成することが狙い。現在も数学と物理にかかわる学部では十七歳からの「飛び入学」が認められているが、実際に飛び入学を認めているのは国立では千葉大工学部、同大学理学部のみ。会議ではすべての大学、学部で中学卒業と同時に生徒を受け入れられるよう制度改正を求める方針。

 大学の九月入学は、高校卒業後の半年間を介護体験など奉仕活動を行い、社会性を身につける期間として位置づけるもの。奉仕活動の義務化も想定している。
 また、先進国は秋季入学が一般的で、少子化で国内の大学生が減少することから留学生を受け入れやすくし、大学の経営危機を防ぐという狙いもある。卒業は六月とする方針。さらに、大学院を研究者養成コースと職業専門コースに分けること、小中高校の教員は、大学院卒業生を中心に採用することも盛り込んだ。

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎【告知】あす20日、溝上さんのお別れ会 明星高校で

 富山県の大日岳で今年三月、文部省の登山研修中に遭難し、七月十一日に遺体で発見された溝上国秀さん(文・当時二年)の葬儀・お別れ会が、あす二十日午後一時から、溝上さんの母校の 大阪明星学院高校で行われる。明星学院高校は大阪市天王寺区餌差町五の四四、電話06−6761−5806。JR環状線「玉造」下車、JR・地下鉄・近鉄「鶴橋」または「上本町」下車、徒歩十分。【7月19日 神戸大NEWS NET=UNN】

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎独立法人化へ調査検討会議発足 文部省

 文部省は七月十九日、文相の私的懇談会を開き、二〇〇一年度中に国立大の法人化の具体像を決めるため、国公立大学長や経済人などで構成する調査検討会議を発足した。初会合を三十一日に開く。【7月19日 UNN】

 検討会議は「組織」「人事」「財政」「大学」の目標設定や評価の在り方の四つのテーマに分け委員会をつくり、各委員会は大学教員や識者十五、六人で構成され、月一回のペースで議論する。会議のメンバーは総勢六十三人。検討会議をめぐっては、これまで法人化に慎重な姿勢を示してきた国立大学協会も参加する意向を示しており、文部省は同協会の意見を聞く場を設ける考えだ。

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎【告知】第4回ボランティア講座、概要を発表

 第四回神戸大学ボランティア講座の日程など、概要が発表された。実施期間は十月二日から十一月五日で、講義やパネル討論のほか、高齢者福祉、児童福祉などの体験学習も行われる。終了後、参加者はレポートを提出する。ボランティア保険に加入することが条件。また、所定の用件を満たせば、修了証を授与するが、単位の認定は行わない。問い合わせは、学生部学生課まで。
 詳しくは、学生部ホームページ『新着情報』を参照。【7月18日 神戸大NEWS NET=UNN】

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎メールサーバーも午後3時前に復旧

 六月十七日午後三時前に、学生部サーバーのメールサーバーも復旧した模様。【7月17日 神戸大NEWS NET=UNN】

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎「不正アクセスの調査のため停止」と学生部

 学生課は、六月十七日午後三時四十分すぎ、学生部サーバー上でホームページを開設している課外活動団体に対し課外活動担当専門職員名で、「学生部サーバー機の停止について」というメールを配信。「このことについて,七月十五日(土)から十七日(月)まで学生部サーバー機を停止しました。 理由としては、外部から学生部サーバー機のメールサーバーに対し、不正なアクセスを試みた者がいて、調査のため学生部サーバー機を停止させたものです」と伝えた。 【7月17日 神戸大NEWS NET=UNN】

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎学生部サーバー スパムメールの不正経由で停止

 学生部のサーバー(std.kobe-u.ac.jp)が、不特定多数の人に宣伝などのダイレクトメールを同時に大量送信する「SPAMメール」(スパムメール)の発信元として不正に利用されていたことが発覚。十五日土曜の未明から情報処理センターはサーバの接続を一時的に停止させる措置を取った。さきほど十七日午後二時前に、ホームページサーバーは約六十時間ぶりに復旧。ホームページの閲覧・更新はできるようになった。メールサーバーは、午後二時現在、まだ停止措置がとられたままで、学生部サーバー(std.kobe-u.ac.jp)関連のメールの送受信がストップしたままだ。【7月17日 神戸大NEWS NET=UNN】

60時間もHP閲覧できず メール送受信は依然停止

 スパムメールのほとんどは営利目的で、製品の広告やウェブサイトの紹介などをする、いわばインターネット界のダイレクトメール。多くの場合、ニュースグループやウェブサイトにアクセスして、メールアドレスを自動的に回収するプログラムを使い、送り先のリストを作成。これらをもとに、全自動のプログラムで一斉に送信するため、不特定多数に送信することが可能になる。「毎日、数百万通から数千万通のスパムメールが流通している」とも言われてる。
 問題は、その発信のために他のサーバーを勝手に利用すること。いかがわしいダイレクトメールなどを直接送信すると、発信元をすぐに特定されて抗議されたり、フィルターをかけられるなど対策をたてられたりするため、関係のないサーバを不正に経由し、発信元を特定できないようにすることがしばしば行われるようになった。スパムメールの拡大と同時に、他人のメールサーバーの不正経由は「スパムの第三者中継」として問題化している。

7日、11日のサーバー停止もスパムメールが遠因か?

 以前に、神戸大工学部情報知能工学科のメールサーバーも不正経由の被害を受けたことがあり、管理者と総合情報処理センターに抗議などのメールが数百通届くという事態になった。
 学生部サーバは、七月七日、十一日と、システム停止が頻発していた。サーバ管理者は、不達メールや経由して送られたスパムメールに対する指摘、抗議などのメールで、システムが混み合った環境にあったことが原因ではないか、とみている。(栃谷亜紀子 記者)

《おことわり》今回のサーバー停止事故で、ニュースネット委員会のホームページ(阪神大震災関連サイトも含む)が、長時間にわたってご覧いただけなくなりました。ニュース更新も遅れました。おわびいたします。なお、取材依頼のメールや連絡メールはinfo@unn-news.com(関西学生報道連盟)で届きますので、今後もサーバー停止の際にはご利用ください。
INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎9日未明 乗用車と衝突、バイクの神戸大生が死亡

 七月九日午前一時二十分頃、神戸市灘区泉通の市道交差点でオートバイで北進していた神戸大三年生の朝生佳一さんが、西進してきた車と衝突、アルバイトから帰宅途中だった朝生さんは頭を強く打ち、約十五時間後に死亡した。
 灘署は一時停止を怠ったとして、乗用車を運転していた滋賀県の会社員森祐介容疑者(二二)を業務上過失傷害の現行犯で逮捕。業務上過失致死に容疑を切り替え、詳しく調べている。【7月17日 神戸大NEWS NET=UNN】
INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎関西学生水球 神戸大、阪大2部降格

 七月十五日、大市大プールで関西学生水球春期戦が行われ、神戸大は大市大に3−5、阪大は京教大に7−14でそれぞれ敗れ、二部降格が決まった。【7月15日 UNN】

●関西学生水球春期戦(7月15日・大市大プール)
 神戸大 3 1−0 5 大市大
       1−1
       1−2
       0−2

 阪 大 7 0−2 14 京教大
       2−5
       0−5
       5−2

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎全学部同窓会へ第一歩 東京地区で連絡会

Photo  このほど、関東地区の各学部の同窓会支部の幹部クラスが初めて集まり『神戸大学学友会東京連絡会』を発足させた。各学部が持ち回りで主催する、定例の交流会を実施することも決まった。現在、学部別に組織されている同窓会を束ねるものとして神戸大学学友会があるが、東京では他の地区に先行するかたちで各同窓会が自発的に「ゆるやかな統合」へむけて動き出した。【7月14日 神戸大NEWS NET=UNN】

 七月十三日よる、東京・千代田区の同窓会クラブ「東京KUC」で、八学部の同窓会の幹部クラスが初めて集まった。
 顔をそろえたのは、紫陽会(しようかい=旧教育学部、発達科学部)、六篠会(りくそうかい=農学部)、文学部同窓会、凌霜会(りょうそうかい=経済学部・経営学部・法学部)、神緑会(しんりょくかい=医学部)、KTC工学振興会(工学部)の十一人。理学部同窓会は欠席、翔鶴会(しょうかくかい=国際文化学部)は連絡がつかなかったというが、これだけのメンバーがそろったのは「初めてではないか」(関係者)という。

8学部の6同窓会の幹部クラスが初会合

 各幹事は、企業役員から医師、エンジニア、今は現役を退いたビジネスマンなど多様な面々。
 まず、各団体の現状報告があり、「神戸では全体の名簿を作成しているが、東京地区では学部単位の活動のはしてない」という文学部や教育・発達科学部から、「一昨年から関東支部総会を開いている。前身の兵庫農大からを含めて八百人ほど関東にいる」という農学部、「静岡以東の約百六十人の関東支部会員が、毎年総会を開いている。仕事上でのネットワークは強い」という医学部までさまざま。工学部は「学科別の同窓会組織で、東京にあわせて三千人ほどの卒業生がいる。学科持ち回りで毎年支部総会を主催している」という。
 今回の連絡会の開催を呼び掛けた経済・経営・法学部からは、「三学部あわせて東京には数千人の(潜在的な)会員がいる。全学部の卒業生が利用できるこの『東京KUC』を、同期会やサークルのOB会に利用していただきたい。各同窓会の事務局をここに置いてもらってもいい」とあいさつがあった。

学部持ち回り「定例交流会」の実施へ

 席上、工学部の幹事から「新制大学(として昭和二十四年以降ひとつの大学になって)五十年。これをひとつのきっかけに、全学同窓会へと進むのは大いに賛成だ。ここに集い、やわらかなところから始めていければいいのでは」という提案があった。これを受けて、医学部幹事から「講演と懇親会を組み合わせたようなものを定例的に開いて、異業種の人と話せる会を各学部持ち回りでやってはどうか」と具体的な案が持ち上がり、出席者の賛同をえて「定例交流会」の実施に踏み切ることになった。

「神戸大学学友会 東京連絡会」としてスタート

 各学部の幹事からは、「通信費のコストがかさむわりに、支部会合の参加者が少ない」(農学部)、「若いドクターの接触が少ない」(医学部)といった悩みも聞かれた。
 これに対して、オブザーバーとして加わった、東京KUCのインターネット委員会の委員からは、「電子メールを有効に使った連絡網を整備したり、ホームページを活用したりして、通信費の軽減や若い卒業生に同窓会活動に感心を持ってもらうことができるのでは」という発言があり、今後、各学部の幹事から月刊メールニュース「東京KUCだより」を会員間で転送して、メーリングリストを構築していく方針も確認された。
 最後に、この幹事会の名称を「神戸大学学友会 東京連絡会」と決め、次回の連絡会を九月十一日(月)の午後六時半とすること。「定例交流会」を年九回(一月、五月、八月を除く毎月)の開催とし、初回を十月に医学部の主幹で実施する方向で準備をすすめることになった。(須田鉱太郎 記者)

 詳しくは、神戸大学同窓会 東京KUCホームページを参照。

【写真】8学部の同窓会の関東地区支部の幹部クラスが初会合。『神戸大学学友会東京連絡会』を発足。全学同窓会への画期的な第一歩。(7月13日午後7時 東京千代田区のKUC=コウベユニバーシティークラブ=で 撮影=須田鉱太郎)

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎溝上さんの葬儀、20日に明星高校で

 富山県の大日岳で遭難し、七月十一に遺体で発見された溝上国秀さん(文・当時二年)の葬儀・お別れ会が、二十日午後一時から、溝上さんの母校である明星高校(大阪市天王寺区餌差町五の四四、電話06−6761−5806)で行われる。(大串真紀 記者)【7月14日 神戸大NEWS NET=UNN】

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎神戸大生協、雪印商品を無期限で取り扱い停止

Photo  神戸大生協は七月十一日付で、生協の食堂などに『雪印商品不扱いについて』という文書を掲示、「商品の安全性のみならず、企業としての姿勢を問う」として、無期限で取り扱い停止という措置をとった。【7月12日 神戸大NEWS NET=UNN】

 七月上旬から問題化している雪印の一連の不祥事に対し、生協の掲示は「対処についてやや緩慢な検討になってお詫びします」とした上で、「雪印の不誠実、不手際が続出」、「商品の安全性のみならず、企業としての姿勢を問う意味で、無期限不扱い」の措置を取るとしている。
 現在、雪印商品はアイスクリームやヨーグルト、飲料など店頭で販売されている商品のほか、生クリームやマーガリン、冷凍ピラフなど喫茶用の業務用食材で使用されている。生協では今週中に商品を撤去するほか、業務用の食材については喫茶の営業を再開する九月までに、雪印の食材を他のものに変更する、としている。
 一九五五年に発生した森永ヒ素ミルク事件で神戸大生協は、同社製品の販売を七一年から九七年の二十六年間にわたり停止していた。(栃谷亜紀子、岩生航 記者)
【写真】雪印の自動販売機には取り扱い停止の文書が掲示され、自販機も停止している。(国際文化学部食堂前で 撮影=酒井大介)

《おことわり》神戸大生協では、今回食中毒をおこした「低脂肪乳」、「毎日骨太」などの商品はもともと扱っていませんでした。その後の雪印の不誠実な対応や不手際が続出したことで、生協は企業としての姿勢を問う意味から、雪印関連の無期限不扱いを決めました。(2000年7月19日23時40分 編集部入力)


INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎付属病院の医療ミス、国に賠償命令 神戸地裁

 神戸大医学部附属病院で子宮摘出手術を行った女性が医療ミスで病気になったとして、国に賠償を求めた訴訟で、神戸地裁は七月十三日、国に賠償命令を言い渡した。【7月13日 神戸大学NEWS NET=UNN】

 女性は一九九一年七月に同病院で子宮の摘出手術を受けた。その直後に腰痛や発熱、水腎症を起こし、現在も治療を続けている。竹中省吾裁判長は、執刀医が注意義務を怠ったとして国に慰謝料や逸失利益など約三千二百八十万の支払いを命じた。

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎【告知】8月8日から11日まで 学内で停電

 学内受変電設備の定期点検のため、八月八日から十一日にかけて、学内(六甲地区)で部分的に停電になる。特に八月八日はほぼ全域で停電になる。
 エレベーターの停止や断水があるほか、学生課では、課外活動施設の器具などに支障がないように呼びかけている。詳しくは、学生課078-803-5206まで。【7月13日 神戸大NEWS NET=UNN】

▽第1日
 停電日時 平成12年8月8日(火) 9時00分〜17時30分
 停電範囲  法学部・経済学部・経営学部等キャンパス
       (課外活動共用施設・武道場・弓道場等を含む)
       文学部・理学部・農学部・工学部等キャンパス
       (馬場厩舎を含む)
       大学教育研究センター・国際文化学部等キャンパス
       (学生会館を含む)

▽第2日
 停電日時 平成12年8月9日(水) 9時00分〜17時30分
 停電範囲 工学部の全域、工学会館、総合情報処理センター分室、機器分析センター、
      都市安全研究センター、工学部食堂など

▽第3日
 停電日時 平成12年8月10日(木) 9時00分〜17時30分
 停電範囲 大学教育研究センター・国際文化学部等キャンパス
      (国際文化学部、大学教育研究センター、留学生センター、
       総合人間科学研究科、学生会館、体育館、武道場、音楽練習室など)
      馬場厩舎、文学部全域、瀧川記念館、六甲台南食堂(ランスボックス)など

▽第4日
 停電日時 平成12年8月11日(金) 9時00分〜17時30分
 停電範囲 法学部・経済学部・経営学部等キャンパス
      (法学部、経済学部、経営学部、国際協力研究科、六甲台講堂、
       人文・社会科学系附属図書館、経営学研究科、経済経営研究所、
       六甲台食堂、兼松記念館、職員会館)
      情報処理センター新館、自然科学系図書館、情報知能工学科棟など

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎医学部同窓会「神緑会」がHP開設

 神戸大学医学部医学科の同窓会「社団法人 神緑会」(菱田繁理事長・一九六三年卒)が、六月下旬にホームページ http://www.shinryokukai.com/をたちあげた。【7月13日 神戸大NEWS NET=UNN】

 「神緑会」は神戸大学医学部医学科(前身校を含む)卒業者を主体として、疾病に関する研究調査及び医学知識の啓発・普及を行う団体。神戸大学医学部をはじめ教育研究機関における医学の教育・研究及び学術交流の振興を図り、医学の教育・研究の発展向上及び学術の発展に寄与することを目的としている。
 昭和二十八年に前身の県立神戸医科大学同窓会として結成された。三十九年四月には県立神戸医科大学の国立移管開始。昭和四十一年に「神緑会」という名称に。昭和五十九年に文部省から公益法人の「社団法人 神緑会」が認可された。

 ホームページのトップには、川西祐三郎さんの制作した医学部附属病院の版画があしらわれ、同会の沿革や、支部一覧、役員一覧のほか、学部長、病院長などからのメッセージがある。トピックス欄には、新任教授の紹介や記念会館着工のニュースも掲載されている。医学部の公式ホームページのほか、会員の病院やクリニックのホームページへのリンクも張られている。

 神戸大の同窓会のサイトとしては、経済、経営、法学部の同窓会「社団法人 凌霜会」の東京支部が九八年二月に開設。大阪支部が今年の春に開設したのに続いて三番目。学部同窓会単位のサイトとしては初。(須田鉱太郎 記者)

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎溝上さんと家族が確認 大日岳遭難から四か月

Photo  七月十一日に富山県の立山連峰大日岳でみつかった遺体は、駆けつけた家族によって、文部省の登山研修中に行方不明になっていたワンゲル部の溝上国秀さん(文・当時二年)と確認された。遭難から四か月余りたって、溝上さんはようやく家族と対面することができた。【7月12日 UNN】

 ニュースネット委員会の取材に対して、富山県警上市署は七月十一日午前十一時四分に遺体が発見され、午後九時頃家族が溝上さんと確認したという。
 また文部省登山研修所によると、遺体が発見されたのは同県上市町の小又川上流の、標高一四九〇メートル付近。捜索中の文部省登山研修所の所員が、雪渓の中から手の一部とビーコンが埋まっているのを見つけた。
Photo  午後九時ごろ家族が現地へ駆けつけ、溝上さん本人だと確認した。遺体は同町の寺に安置され、きょう十二日に仮葬が行われる。そのあとの予定はまだ決まっていないという。

 溝上さんは今年三月、文部省登山研修所主催の登山研修に参加。三月五日午前十一時ごろ、大日岳の頂上付近で雪庇の崩落に巻き込まれた。事故に遭った六人のうち四人の大学生は自力ではいあがったが、溝上さんと東京都立大二年の内藤三恭司さんの行方はわからなくなった。
 その後、富山県警、文部省登山研修所では捜索を続けたが、天候の悪化などで二次遭難の恐れがあるため一時中断。四月二十日ごろ捜索は再開され、五月十五日に内藤さんを発見。その後も毎日五、六人で捜索活動を行ない、今回の発見に至った。
 文部省登山研修所の話では、文部省に「事故捜索委員会」を設置し、この事故を検証し、今後の対策を検討する方針だ。(大串真紀 記者)

《関連記事》
・猛吹雪にヘリ捜索も終日できず 大日岳遭難〜3月7日
・今回は22大学が参加 「文部省登山研修」初の遭難〜3月5日

【写真】遭難事故翌日の3月6日の現場付近。(3月6日 富山県の大日岳山頂付近で 提供=富山県警)


INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎大日岳で遺体発見  ワンゲル部の溝上さんか

 七月十一日、富山県の北アルプス大日岳(二、五○一メートル)頂上付近で、今年三月に研修登山中の神戸大学二年でワンダーフォーゲル部の溝上国秀さん(当時二〇)=兵庫県尼崎市=ら二人が遭難した事故で、行方不明のままだった溝上さんとみられる遺体が見つかった。【7月12日 神戸大NEWS NET=UNN】

 地元のNHK富山放送局は十一日夕方、「文部省登山研究所が断続的に捜索を続けていた結果、十一日午前十一時すぎ、山頂から約一〇〇〇メートル下った谷で、雪に埋まっている溝上さんとみられる遺体を発見し、富山県警上市署では、午後三時すぎ県警本部のヘリで遺体を収容し身元の確認を急いでいる」と伝えた。
 また、十一日十時すぎに共同通信が伝えたところでは、富山県警上市署は十一日、標高千四百九十メートル付近の大日山谷の雪渓の中から行方不明になっていた溝上さんの遺体で発見した、と伝えている。
 発見された場所について、読売新聞は、富山県上市町の小又川上流にある雪渓で溝上さんの遺体を発見した、と伝えている。毎日新聞は、現場の北約三キロの雪渓から見つかった、としている。

 この事故は、今年三月五日、文部省登山研修所(同県立山町)が主催した研修登山中、九人が雪庇(せっぴ)の崩落に巻き込まれ、溝上さんと都立大二年の内藤三恭司さん(当時二三)=横浜市保土ケ谷区、五月十五日に遺体で発見=の二人が行方不明となった。

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎ 六甲台でコンピューターウィルスが混入

 七月六日、六甲台の端末にコンピューターウィルスが混入した。そのまま気づかずに数箇所へ転送、その先の端末にも伝染したが、実害がでないうちに駆除された。【7月6日 神戸大NEWS NET=UNN】

 混入したウィルスは「Fix2001.exe」二〇〇〇年問題対策の電子メールを装ってユーザーのメールアカウントに入ってくるもので、添付されている「Fix2001.exe」が実行されることにより感染し、最悪の場合ハードディスクの内容が消去されることもある。
 六甲台電算機室の話では、最近ではウィルスに対する知識が広がったことから、今回のようなケースは減ってきているという。今後は教職員のものを含む全端末にウイルス対策ソフトをインストールし、また定義ファイルの更新を毎月徹底して行なうことで、今回のような事故がおきないよう対策していくという。(大串真紀 記者)

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎ また学生部サーバー停止事故

 七月十一日午後十一時まえから、ふたたび学生部サーバーが停止し、十二日午前八時三十分すぎに復旧した。学生課は、サーバーダウンの理由については何も伝えていない。
 この間、メールの送信が滞ったり、ニュースネット委員会のニュースなどのホームページ更新作業ができなくなったりした。
 この間にニュースネット委員会には、富山県の北アルプス大日岳頂上付近で行方不明だったワンダーフォーゲル部の溝上国秀さんとみられる遺体が見つかった、というニュースがはいってきたが、アップ作業が遅れた。
 学生部サーバーは、週末の七日金曜夜から五十時間にわたって停止事故をおこしたばかり。二月、四月に続いて今年にはいってから四回目の事故。【7月12日 神戸大NEWS NET=UNN】

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎ ISP一橋総合通信に「旧三商戦」の記事配信

 ニュースネット委員会は、このほど、一橋大学の通信社サークル「ISP一橋総合通信」(http://www.at-culture.com/isp)に、はじめて記事を配信した。
 配信したのは、小原悠子記者が担当した、六月二十九日付の「旧三商戦 神戸大で第40回目の記念大会が開幕」の記事。ISPのホームページに掲載された。
 ISP一橋総合通信は、一九九九年六月から設立の準備を始め、同年十二月にインターネット上でのニュース配信を開始した「通信社」サークル。ニュースネット委員会とISP一橋総合通信は、活動形態で共通する点が多く、今後もニュース素材の交流を深めていくことが検討されている。【7月11日 神戸大NEWS NET=UNN】

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎《お知らせ》本紙7月号配布中

「神戸大学NEWS NET」七月号を七月七日に発行しました。  一面はタッチフットシュガーボウル、灘チャレンジなど。八面は神京戦、三商戦。今回は五面に昨年度卒業者の学部別就職先一覧を特集しております。  国際文化学部、六甲台、発達科学部、工学部、LANS BOXの各食堂に設置のスタンドをご覧下さい。

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎オープンキャンパス 24日から各学部で

「神戸大学 大学説明会」が法学部などが七月二十四日に開催するのをかわきりに、各学部で行われる。内容は大学の紹介や施設見学、質疑応答など。【7月11日 神戸大NEWS NET=UNN】

 対象者は高校3年生と平成13年度入試受験希望者。申し込み方法はハガキ又はFAXで、参加希望学部・学科・専攻、住所、氏名、電話番号、在学校名を明記し、〒657−8501 神戸市灘区六甲台町1−1、FAX 078−803−5229(神戸大学入試課)まで。七月十四日締め切り。
 問合せは同課078−8032−5229まで。各学部の日程は以下のとおり。

●神戸大学 学部説明会

▽文学部
8月4日(金)
14:00〜 文学部351教室

▽国際文化学部
7月25日(火)
14:00〜 国際文化学部K棟201教室

▽発達科学部
(人間発達科学科)
8月1日(火)
14:00〜 発達科学部B棟202教室
(人間環境科学科、人間行動・表現学科)
8月2日(水)
14:00〜 発達科学部B棟202教室

▽法学部
7月24日(月)
14:00〜 六甲台第二学舎263教室

▽経済学部
7月27日(木)
14:00〜 六甲台本館232教室

▽経営学部
7月26日(水)
14:00〜 六甲台本館206教室

▽理学部
7月24日(月)
14:00〜 理学部Y棟202教室

▽医学部
(医学科)
8月1日(火)
14:30〜 医学部医学科大講義室医学部
(保健学科)
8月4日(金)
14:00〜 医学部保健学科D201教室

▽工学部
8月1日(火)
14:00〜 工学部LR501教室

▽農学部
7月31日(月)
14:00〜 農学部C101教室


INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎六甲台正門の階段にてすり新設

Photo 六甲台の正門から経済・経営学部棟へと上がる階段に、手すりが新設されることになった。【7月11日 神戸大学NEWS NET=UNN】

 六甲台ではほとんどの階段に古くから手すりがあったが、景観を損なうなどの理由から、正門からの階段は今まで工事が控えられてきた。しかし、急な階段で怖いという意見があり、また、体の不自由な人も来ることから、新しく取りつけられることになった。
 工事は七月十日から行われ、十一日完成予定。(酒井大介 記者)【写真】六甲台正門前の階段にてすりが新設(7月12日六甲台で 撮影=大串真紀)


INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎【告知】12、13日に特許出願のためのセミナー開催

 特許セミナーが七月十二日、十三日の午後一時半から午後五時まで、工学部L一〇四教室で行われる。【7月11日 神戸大学NEWS NET=UNN】

 このセミナーは(財)新産業創造研究機構(TLOひょうご)が主催し、神戸大工学部の共催で開かれる。また、神戸大共同開発セミナー、神戸大ベンチャー・ビジネス・ラボラトリーが協賛、社団法人神戸大工学振興会、神戸大ベンチャークラブが協力する。
 内容は基本的な説明から始まり、特許を出願するために必要な発明のとらえ方、明細書の書き方、特許情報の検索方法などを専門家が具体的に説明する本格的なもの。最終日には講師に直接質問、相談することもできる。

 対象は神戸大の教職員、学生、卒業生。募集は六月三十日に締め切られているが、聴講にまだ余裕があるかどうかの問い合わせは、工学部内(社)神戸大工学振興会「神戸大特許セミナー受付係」電話078-871-6954まで。
 また、九月には(財)新産業創造研究機構(TLOひょうご)の主催で、「神戸 大学生発明コンテスト(仮称)」の開催が予定されている。

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎学生部サーバーが50時間停止 7日夜からけさまで

 七月十日午前八時四十八分ごろ、神戸大学生課はメールで課外活動団体に「七日(金)夜から学生部サーバー機が停止し、十日(月)朝に復旧した」と伝えた。サーバーは、午前八時四十五分ごろ復旧した模様。
 この間、メールの送信が滞り、ニュースネット委員会のニュースなどのホームページ更新作業ができなくなった。
 学生課は、サーバーダウンの理由については何も伝えていない。

 今年にはいってからの学生部サーバー停止は、二月九日の午後九時ごろから翌十日午前九時半ごろまでと、四月十八日には午後九時ごろから翌十九日午前十時にかけての二回。今回の停止事故は、土曜と日曜をはさんだために、五十時間を超えるサーバーダウンという異常な状態になった。
 神戸大のインターネットは阪神大震災の際にその存在に期待が高まり、震災後に発展したという経緯がある。さらに、インターネットはいまや学生生活の必須の媒体となっているだけに、土日や祝日、非常時の復旧をどのようなシステムで対応するかが今後の課題になりそうだ。【7月10日 神戸大NEWS NET=UNN】

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎【告知】旧三商大写真展が第50回記念展 11日から東京で

Photo  神戸大、一橋大、大市大の写真部OBと現役部員の合同展が「創立六十五周年 第五十回記念展」として開かれる。東京展が七月十一日(火)から二十四日(月)まで、東京・新宿のミノルタフォトスペース新宿で行われる。
 午前十時から午後六時まで。最終日は午後四時まで。二十日は休館。
 ミノルタフォトスペース新宿は、新宿区新宿三の一七の五カワセビル三階。紀伊国屋書店本店東隣。電話03-3356-6281。【7月10日 神戸大NEWS NET=UNN】

【写真】「旧三商大写真展 創立六十五周年 第五十回記念展」の案内ハガキ。



INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎《訂正》自衛隊機・女性副操縦士は神外大卒でした

 六月二十八日付の「不明の自衛隊機」の記事で、「南海放送(松山市)が、二十八日夜のニュースで伝えるところでは、藤本さんは今治北高、神戸大卒業後、平成八年に航空自衛隊に入った」と伝えましたが、行方不明になっている副操縦士の藤本あい・二尉は、神戸大卒業ではなく、神戸市外国語大学中国学科卒業でした。見出しと記事を訂正します。
 松山市に本社のあるRNB南海放送(テレビはNNN系列)のホームページニュースを引用したものでしたが、誤りでした。
 ニュースネット委員会あて、藤本さんの大学時代の友人からのメールで、「出身大学は神戸大ではなく神戸外大の出身」との情報が寄せられ、ニュースネット委員会が改めて今治北高に取材したところ神戸外大出身と確認されたため訂正します。
 関係者の皆さまにはご迷惑をおかけしました。【7月10日 神戸大NEWS NET=UNN】

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎グッドウィルボウル 社会人に完敗

 アメフットの関西学生オールスターと西日本社会人オールスターが対戦するGOODWILL BOWLが七月九日、西宮スタジアムで行なわれ、44−7で社会人が圧勝した。【7月9日 UNN】

 第1Qに西日本社会人オールスターがQB夏目(マイカル)のTDパスで先制するとその後も学生オールスターを圧倒。QB荒木(ファイニーズ)が二本のTDパスを決める。RB関根(京大)に許すが、直後のキックオフをRB波武名(マイカル)が91ヤードリターンしてTD、相手に傾きかけた波を呼び戻した。後半にも二つのTDとFGで突き放し、44−7と圧勝した。通算成績は西日本社会人オールスターの五勝二敗。

 「サイズが足りなかった」と関西学生オールスターの阿倉監督(甲南大)は敗因をあげた。思わぬ大敗に「本気で社会人に勝つためには日程を変えた方がいいかも」と、前日に行なわれる「HEISEI BOWL」に関学、立命の選手が出場するため、京大、神戸大、同大などのメンバーで編成。最強チームが組めないことを嘆いた。

●第GOODWILL BOWL(7月9日・西宮スタジアム)
 関西学生オールスター   0 7 0 0=7
 西日本社会人オールスター 7 21 10 6=44
(西日本社会人オールスター5勝2敗)

▽優秀選手賞
 前波輝行(マイカル)
 関根剛志(京大)

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎奇抜な演出で盛り上がる グリージョイント演奏会

Photo  神戸大学グリークラブのジョイントコンサート「音夜祭」が七月八日、神戸文化中ホールで行なわれ、約九百人もの観客が詰めかけた。【7月8日 神戸大学NEWS NET=UNN】

 今回は甲南大女声合唱団アモローゾ、甲南女大コーラス部、武庫女大コーラス部とジョイント。女声との共演は二年ぶりとなる。  第二部はグリークラブのステージ。「Little lnnocent Lamb」などの黒人霊歌四曲を合唱。男声ならではの心底まで響く歌声で観客を圧倒した。

 盛り上がった第三部の合同ステージ。ミュージカル曲を合唱用にアレンジし、伴奏にドラムやバスを起用するといった奇抜な演出。そのリズムの良さに観客からは自然に手拍子が起こった。「合唱のコンサート」という型が破られ、会場は明るいムードに包まれた。

 会場には学生だけでなく年配の夫婦の姿も多く見られた。今回のコンサートは一般へのアピールを強化。部長の綴木和範さん(法・三年)は「大成功だった。普通のコンサートとは違った雰囲気を楽しんでもらえたと思う」と話した。(大串真紀 記者)【写真】グリージョイントコンサート。バスやドラムが伴奏するなど奇抜な演出。(7月8日・神戸文化中ホールで 撮影=大串真紀)

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。





◎落研2回生寄席「八宝彩」 爆笑に包まれ大成功

Photo  落語研究会の第三十六回二回生寄席「八宝彩」が七月八日、神戸大学青年学生センターで行なわれた。一般の社会人や他大学の学生も訪れて、場内は大入り満員となった。【7月8日 神戸大学NEWS NET=UNN】

 今回は二回生が全て準備をして行ない、舞台設定や装飾なども凝ったものとなった。
 内容は力強さや思い切りのよさが全面に表れ、テンポもよく、場内は終始笑いに包まれた。
 甲家進棒さん(営・二年)は「これから(二年生は)落語研究会をしょって立つ身になるので、今日の経験を活かしていきたい」と話した。(金子孝行 記者)【写真】落語研究会2回生寄席。学生だけでなく幅広い客層を沸かせた(7月8日 神戸学生青年センターで 撮影=金子孝行)

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。







◎第3回六甲祭連絡会開かれる

 第三回六甲祭連絡会が七月六日、国文B二〇七教室で行われ、約十五人が参加した。
 前回「前夜祭も連絡会参加団体主催でできないか」という応援団の意見ついて、各団体が立て看板での日数カウントや、ビラ配りを参加団体合同で行う、という案が出された。
 合同企画のクイズラリーは今年も放送委員会が中心で行うことになった。
 次回の連絡会は九月二十八日の予定。(大串真紀 記者)【7月6日 神戸大学NEWS NET=UNN】

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎国際文化学部長に須藤健一教授

 神戸大国際文化学部長に地域文化学科の須藤健一教授(五四・オセアニア社会人類学専攻)が選出された。任期は十月一日からの二年間。【7月5日 神戸大学NEWS NET=UNN】

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎発達科学部長に野上智行教授を再任

 神戸大発達科学部長に人間発達科学科の野上智行教授(五四・科学教育カリキュラム論、環境教育専攻)が再任された。任期は十月一日からの二年間。【7月5日 神戸大学NEWS NET=UNN】

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎助成金の要望方法を説明 体育会幹事会

体育会の七月の定例幹事会が七月五日午後一時から学生会館の第二集会室で開かれ、各クラブの代表者が集まった。【7月5日 神戸大学N
EWS NET=UNN】

まず、幹事長から各クラブへの校費助成と育友会助成金の要望方法についての説明があった。育友会の配分額について、今年から各クラブの成績が加味される。
また三商実行委員長から、旧三商戦で表彰状のあるクラブは体育会室に取りに来ること、試合の結果を本部に連絡することなどの連絡があった。
来月の幹事会は八月二日に行われる。(小原悠子 記者)

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎文総が7月定例ミーティング

 七月文総ミーティングが五日午後〇時四十分から、学生会館第三集会室で行われ、約二十人が出席した。
 特に連絡事項はなく、通常のように学館各部屋と講堂の使用時間の調整が行われた。 次回は九月十三日の予定。 (大串真紀 記者)【7月5日 神戸大NEWS NET=UN N】

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎大学の質を戦略的に向上 文部省が新機関

 七月五日付の朝日新聞夕刊によると、文部省は、日本の大学や大学院が教育や研究活動をどのように進めていくべきか、幅広い立場から検討する新たな審議機関を創設する方針を固めた。【7月5日 UNN】

 同方針を固めたのは、国際競争で「頭脳立国」として生き残れるよう、大学の質を戦略的に向上させることが不可欠と判断したためだ。重点的に取り組むべき研究課題や大学運営のあり方など、長期的な視点に立った「大学政策」を打ち立てることを目指している。文部省は大学振興に道筋をつけるため、政府内で「高等教育基本計画」を策定することも視野に入れている。

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎【告知】2回生寄席「八宝彩」 8日に開演

 落語研究会が七月八日午後一時三十分、神戸大学学生青年センターで、二回生寄席八宝彩を開演する。問い合わせ先は甲家繁盛さん(090−9614−3431)まで。【7月4日 神戸大学NEWS NET=UNN】



INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎国際文化学部で停電

七月三日午前十時二十分頃、国際文化学部K棟で停電が起こった。エレベーターが停止し、各教室では電灯やマイクを使えない状態がしばらく続いたが、十一時七分頃、通常どおり復旧した。【7月3日 神戸大学NEWS NET=UNN】

 国際文化学部教務の話では、負荷をかけ過ぎてブレーカーがおちたためとしている。急に暑くなり、ほぼすべての教室でエアコンを一気につけたのが原因としているが、詳細は不明のまま。
 教室では電気がつかず、暗いまま授業が行われた。教養原論など受講者数が多い授業では普段は教官がマイクを使って話すがそれもできず、後方の席に座っている学生は講義内容が聞き取りにくくなるなどの支障をきたした。
 K五〇二教室の情報処理室ではパソコンの使用ができなくなった。月曜日の二限は経済学部の「演習」の授業が開講されているが、今日は休講だったため特に影響はなかった。
 停電は一時間ほどで解消され、エレベーター、電灯、マイク等は使用可能となった。五〇二教室での授業も、三限は通常どおり行われた。(大串真紀 記者)

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎国立大の志願者数 7年ぶりに増加

 今春の大学入試志願者数は、私立は六・○%減と、七年連続で前年度を下回っているのに対して、国立が前年度に比べ四・六%増えた。国立大の志願者数が増えたのは七年ぶり。【7月3日 UNN】

 延べ志願者数は三百四十万八千六百八人で前年度に比べ四・三%減。国立は約二万一千人増え四十七万千二百八十一人、公立も約五千人増の十三万七千二百二十五人。私立は約十七万九千人減り二百八十万百二人だった。
 志願倍率は国立が前年度比○・三ポイント高い四・八倍、公立は○・一ポイントダウンの六・六倍、私立は六・八倍で○・六ポイント低下した。

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎水道筋商店街で買い物袋持参のキャンペーン

 七月二日から九日までの一週間、阪急王子公園駅前の水道筋商店街などで、買い物袋の持参運動キャンペーン『買い物袋持参フォトコンテスト』が行われる。袋を持参している買い物客を、商店街で待機しているカメラマンが撮影し、パネルに掲示。最終日の九日には人気投票が行われ、入賞者には粗品が進呈される。【7月2日 神戸大NEWS NET=UNN】

 阪急王子公園駅周辺の水道筋商店街など灘中央地区は、神戸市環境局が指定した「エコタウン」のモデル地区。地域住民と事業者、行政が協同して環境に配慮した具体的な行動を定着させるために、これまで商店街に空き缶回収機を設置したり、小学校で児童が紙の原料となるケナフの栽培に挑戦したりしてきた。
 また七月十一日のまちづくり協議会総会では、買い物袋の持参や簡易包装などを掲げた「エコタウン宣言」が採択される予定で、ごみ減量化に事業主と住民が協同で取り組んでゆく。
 取り組みの中で、灘中央市場商店連合会はパンダの絵を印刷した買い物袋を作成し、七月二日の大売出しの景品として配布する。また二日から九日までの午後三時から午後六時の間、カメラマンが商店街に待機して、袋を持参している買い物客を写真に収めてパネル掲示する。最終日には人気投票が行われ、入賞者には神姫バス六甲グルメバスツアーペアチケット(一人)、二千円の市バス専用カード(十人)、王子動物公園入場券ペアチケット(十人)などが進呈される。
 王子公園駅周辺は多くの神戸大の学生が下宿している地域。担当者は「いつもはコンビニで買い物をしている神戸大の学生も、これを機に商店街の楽しさを知ってもらえれば」と話している。(栃谷亜紀子 記者)

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎西宮ボウル 関西学生オールスターが勝利

 アメフット・西宮ボウルが七月一日、西宮スタジアムで行われた。関西学生オールスターは関東学生オールスターに24−10で勝利。通算成績を関西の二十勝二十五敗一分とした。個人表彰では、優秀守備選手賞に神戸大DBの伊藤三朗選手が選ばれた。【7月1日 UNN】

 関西のスターターQBは岡村(関学)。その岡村は第1Q開始三十三秒、自陣二十ヤードから右に回り込んでそのまま約八十ヤードの独走。いきなりTDを奪う。さらに関東QB村井(中大)のパスをDB伊藤(神戸大)がインターセプトすると約五十ヤード走りきりそのままタッチダウン。第1Qだけで3TD、21−0と大きく突き放す。
 しかしその後はなかなか点を挙げることが出来ず、後半に入ると関東の出足の早いラインに押され、三本のQBサックを決められる。
 さらに第4QにはQB宮崎(立命)のパスがDB山崎(中大)にインターセプトされると、そのシリーズでRB林(東大)にTDを決められてしまう。それでも結局24−10で関西が勝利。通算成績を関西が二十勝二十五敗一分とした。
 試合後、関西オールスターの鳥内監督(関学)は「ディフェンスはそれなりに頑張ったが、(今日のスターターQB)岡村はまだまだいける。後半はよくやっていたが本番でどれだけ出来るか」と振り返った。

●西宮ボウル(7月1日・西宮スタジアム)

 関西オールスター 21 3 0 0=24
 関東オールスター 0 3 0 0=3
 (関西20勝25敗1分)

▽個人表彰
 最優秀選手賞  QB岡村幸太郎(関学)
 優秀攻撃選手賞 WR松下哲士(甲南大)
 優秀守備選手賞 DB伊藤三朗(神戸大)
 敢闘賞     RB林 宙紀(東大)

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎炎天下、軽音ジャズが水無月ライブ

Photo  軽音楽部ジャズの水無月ライブが、メリケンパークで午前十一時二十分から行われ、足を止めた通行人とともに大いにに盛り上がった。【7月1日 神戸大NEWS NET=UNN】

 軽音楽部ジャズの毎年恒例のイベント、水無月ライブは今年はメリケンパークで行われた。三〇度を超える炎天下で約半日にわたり、熱い演奏が行われた。
 同クラブの年間活動としては、この水無月ライブ、合宿ライブ、夏に梅田のアムホールで行われるジャズコンサート、六甲祭ライブ、十二月に軽音楽部ロックと合同で行う定期演奏会がある。人数の少ない小バンドは、他のライブで演奏する機会があまりないが、今回は多彩なバンドが競演する数少ないライブだ。
 ライブはラフな感じで、出場希望のバンドが好きなように演奏するというもの。出場したのは、ビッグバンド二組と小バンド十三組。曲目も、ジャズに限らず、ボサノバやポップスまで様々なジャンルが幅広く演奏された。
 バンドマスターの笹倉歩さん(文・三年)は、「水無月ライブは自分たちの好きなようにできるので、とても楽しい。形式ばったものもなく好きなように演奏できる。道行く人にも、足を止めて、演奏を聞いてもらえたら嬉しい」と話す。
 ライブへは部員はもちろん、道行くカップル、家族なども足を止め、日傘やタオル、開け止めクリーム片手に演奏を楽しんだ。メリケンパークでのステージでは、出航する船の警笛音が鳴り響いたり、風で演奏者の帽子が飛んだりと、様々なハプニングも。しかし、炎天下でのステージに、観客は皆、真っ赤に焼けた顔で満足そうだった。(清水良樹 記者)

【写真】メリケンパークで風に吹かれて演奏(7月1日メリケンパークで 撮影=清水良樹)

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎夏の夜に迫力の音色 吹奏楽部がサマコン

 応援団総部吹奏楽部の第二十三回サマーコンサートが、七月一日の午後六時半から神戸文化大ホールで行われ、約千人の観客が訪れた。【7月1日 UNN】

 開場前のロビーには既に大勢の人が集まって長い列を作り、サマーコンサートの開演を待っていた。開場から開演まで絶え間なく人が客席に流れ込み、コンサートの始まりをアナウンスが告げると、大きな拍手が湧き起こった。

 コンサートは、ファーストステージとセカンドステージの二部構成。前半は、八年前のコンクールの課題曲として作曲された「吹奏楽のための『クロス・バイ・マーチ』」、叙情感あふれる「北川木挽歌による幻想曲」、アメリカ東海岸の三つの風景を題材にした「イースト・コーストの風景」など吹奏楽の醍醐味を感じさせるような選曲。しかし、後半はうって変わってカジュアルな雰囲気で、衣装も赤いシャツにジーンズとステージの様子は一変した。演奏の前や合間にパントマイムの劇が演じられたり、部員も歌ったり踊ったりのパフォーマンスを披露、観客席を湧かせていた。曲目も「ダンシングメン」、「ディスコ・キッド」、「パイレーツ」など、にぎやかなものが続く。二回のアンコールに応えた後、コンサートは幕を閉じた。

 例年よりもコンサートの日程が少し早く、練習不足で不安があったという吹奏楽部部長の樺沢崇紘さん(発達・三年)は「まずまずのできでほっとしている」と満足そうな様子。今年の三月から約四ヶ月間練習し、特に演出に力を入れたそう。二部のパフォーマンスにも工夫を凝らした。そのかいあってか、観客も遊び心いっぱいの演出に魅了された様子。吹奏楽部の友人にチケットをもらってこのコンサートに来たという神戸大の学生二人は、「二部が良かった、劇や踊りがあったりして楽しめた」と感想を語った。(山本万紀子 記者)

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎第2回ラクロス神京戦 男女ともに神戸大の勝利

 今年で第二回となるラクロス神京戦が七月一日、京大農学部グラウンドで開催された。焼けつくような暑さの中で底力を見せた神戸大のアベック勝利。【7月1日 神戸大学NEWS NET=UNN】

女子は9−6で神戸大が制す

Photo  今年から女子の部も加わり、去年以上の盛り上がりが期待される第二回神京戦。京大応援団の声がグラウンドに勢いよくこだまする中、男子に先立ち女子の試合が行われた。

 先制点は京大。開始直後から神戸大は連続二得点を奪われる。神戸大はC久米のパスから1H田中がゴールし反撃するが、京大G桐山のナイスセーブ連発などもあり、前半は2−4の京大リードで終わる。
 しかし後半に入ると、次第に試合の流れが神戸大に。AW野津、P中山のゴールで同点に追いつき、試合はふりだしに戻る。神戸大は3H武田、2H北邨らが中央から一人で持ち込むパターンが多いのに対し、京大はパスを着実につないでいく。その後両チーム二得点ずつ加え、同点のまま残り時間は十分をきった。
 だがそこから神戸大の怒涛の攻めが始まる。1H田中の一撃をかわきりに連続四得点。神京戦女子の部第一回は9−6で神戸大が制した。

 神戸大の武田周子主将は「最後は粘り勝負だった」と振り返る。「一カ月長めに練習をしてきたことが勝ちにつながった」と安堵の表情。しかし「一部でやっていくにはまだまだこれからです」と厳しい一言で締めくくった。
 京大女子部は2部リーグ。1部リーグの神戸大とは普段は試合をする機会はあまりない。京大の仁木藍子主将は「(結果は負けだが)いい試合ができた。こういった交流戦でお互いを高めていきたい」と話した。

男子ひやり 同点に追ついた京大を振り切る

Photo  男子はともに1部リーグに所属するチーム。関西学生二連覇の神戸大と、リーグ四位の京大の対決は、序盤から白熱した展開となった。
 インターセプトからインターセプトへと、試合開始直後から激しく攻守交代。口火を切ったのは神戸大。八分にAT森津のパスを受けたAT前田が左サイドからシュート。その速攻に、スタンドからはどよめきが起こった。
 しかし京大が反撃。神戸大G有森のすきを突いて有本、武井のATの二人が立て続けに得点しリード。だが神戸大も追加点をあげ、4−4の同点で前半終了した。
 後半、グラウンドボールの激しい競り合いに。神戸大はパスでつなぎ、第3QにAT田中、MF紅らが六得点。一気に突き放す。京大も第4Q、ゴール前で競り合いからころがしてシュートを決めるが、逆転には至らず、結果9−6で神戸大の勝利に終わった。

 神戸大は昨年度の主軸に交えながら、二年生など若い選手を起用。京大の出井晃太郎主将は「選手層の厚さの差」を敗因にあげる。疲れがピークに達する第3Qで選手交代ができなかった点が致命的だったという。「でも第1Qは負けてなかった。パスの精度をあげて、次は神戸大を倒したい」と話した。

 勝ったものの、試合内容には満足していない様子の神戸大。京大は同じ1部に所属するチーム。リーグ戦と同じ心意気で望んだだけに「運動量は相手が上だと感じた」と厳しい評価の北浦真主将。「でも後半での巻き返しはうちの底力。このまま今年も優勝をねらいます」と早くも関西リーグ三連覇への意気込みを話した。(小原悠子 記者)

【写真】激しくボールをとりあう両者(7月1日京大農学部グラウンドで 撮影=小原悠子)


●第2回ラクロス神京戦(7月1日・京大農学部グラウンド)
▽女子
 神戸大 9 2−4 6 京 大
       7−2

▽男子
 神戸大 1 1 6 1=9
 京 大 2 0 2 2=6

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎息ぴったりとクラシック 交響楽団サマコン

Photo  神戸大交響楽団の「サマーコンサート2000」が、アルカイックホールで行なわれ、千人を超える聴衆が美しい音色に聞きいった。【7月1日 神戸大学NEWS NET=UNN】

 コンサートはロッシーニの歌劇「セビリャの理髪師 序曲」で力強く始まった。続いて、チャイコフスキーの幻想序曲「ロメオとジュリエット」とブラームス「交響曲第二番作品七十三」。客演指揮・武藤秀明さんの指揮棒に合わせ、まとまった演奏を披露した。演奏後、客席は盛大な拍手でアンコールを催促。武藤さんは「準備をしていない」と言いながらも要望にこたえ、素晴らしい演奏を静かなフィナーレで締めくくった。
 
 一曲目で学生指揮を務めた西尾正行さん(済・四年)は、「みんなの気持ちと技術のベクトルを一つにするように努力した。達成できて満足」と笑みを浮かべた。
 次回の演奏会は十二月二十二日、神戸国際会館こくさいホールで行なわれる。団長の中堂壮師さん(営・四年)は「最後の演奏になるので悔いを残さないように準備していきたい」と意気込みを話した。(酒井大介 記者)
 
【写真】丁寧な演奏でムードを盛り上げていく団員たち(7月1日 アルカイックホールで 撮影=酒井大介)

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎「いつ感染か特定しにくい」根木昭・眼科長

 神戸大医学部付属病院(神戸市中央区)の眼科病棟の入院患者や医師ら三十人が、相次いで流行性角結膜炎に感染したことで、眼科長の根木昭教授はニュースネット委員会の取材に対し、「角結膜炎の症状が出るまでに五日間ほどの潜伏期間がある。そのためいつ感染したか特定しにくい。当病院に限らずどこの病院にも感染の可能性があるが、なぜ院内感染にひろがったかはわからない」としている。
 根木眼科長によると、現在入院している三人の患者は、そのまま病院に残るが、それ以外の通院患者に対しては、他の病院へ通院するよう手配している。しかし、失明の恐れがあるような救急の患者に対しての受け入れは行っているという。
 また、院内感染で病棟を閉鎖するような事態は、神戸大病院では初めてだという。(山本賢也 記者)【7月1日 神戸大NEWS NET=UNN】

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。




◎付属病院で院内感染か 30人が角結膜炎、眼科病棟を一時閉鎖へ

Photo  神戸大医学部付属病院(神戸市中央区)の眼科病棟の入院患者や医師ら三十人が、相次いで流行性角結膜炎に感染していたことが七月一日までに分かった。同病院は「院内感染の可能性もある」として、眼科病棟を閉鎖する方針を決めた。【7月1日 神戸大学NEWS NET=UNN】

 神戸大医学部付属病院では、六月五日、入院患者一人に目が充血する症状があらわれ、アデノウイルスによる流行性角結膜炎と判明。その後も発症者が相次ぎ、十二日以降は感染対策委員会を開き、治療と発症者を個室に移すなどの対応策をとったが、同月二十九日までに入院患者二十二人、眼科の医師一人、看護婦一人、外来患者五人、入院患者の付き添い一人の計三十人が感染したという。

 共同通信によると、病院側は「診療行為で感染した可能性もある」として対策会議を発足。感染者を個室に移し、新規入院を制限するなどの措置をとったが、発症が収まらないため、眼科病棟に入院中の患者を転院させるなどして一時閉鎖する方針を決めた。外来患者の診療は継続する、という。
 毎日新聞によると、新規の入院受け入れをやめ、入院患者を転院させて病棟を一時閉鎖することを決めたという。

 流行性角結膜炎は、ウイルスによって感染し、かゆみを伴い目が充血、まぶたがはれたり、涙が止まらないなどの症状が出る。「はやり目」ともいわれる。プールで泳ぐ夏場に多いが、二週間程度で自然完治するという。

【写真】医学部付属病院は角結膜炎の院内感染の疑いで、眼科病棟が一時閉鎖へ。(7月2日・神戸市中央区楠町7の医学部付属病院 撮影=山本賢也)

INDEXに戻る。

ニュースネット ホームページに戻る。





ニュースネット ホームページに戻る。