クラブ開催イベント(過去分)

2017年度

 1月16日特別火曜会講演会「俳句裏話」

日時

2018年1月16日(火) 12:00〜13:00  (11時半ごろより昼食を用意します)

場所 東京六甲クラブ(帝劇ビルB2F)
詳細

1月の特別火曜会は、俳句誌「希望」代表で、俳人協会員である馬場秀氏をお招きし、「俳句裏話」についてお話をして頂きます。 講師は、企業戦士としてサラリーマン人生を送り、会社役員の重責にありながら、俳句文芸の才覚を発揮され、俳誌「風」で新人賞を受賞、日本の代表的な俳句団体である俳人協会に推挙された経歴をお持ちです。 

現在は、俳句誌「希望」の代表として活躍されておられ、いくつもの句会を主宰し句作の指導をされておられます。 俳句は、詠み手が感動した情景を五七五の十七文字で写生し、その感動を読み手と分かち合う日本独特の詩歌です。俳句は、日本人には身近なものですが、あまり知られていない俳句の裏話(蛙は古池へ飛び込まなかった、「プレバト」の俳句は俳句か、他)をお話しして頂きます。

 

◎ご参加の方は、1月9日(火)までお名前に卒年・学部を添えて
メール返信(tokyo@kobe-u.com 宛て)にてお願いします。

 

1.日時: 2018116日(火) 120013:00  (11時半ごろより昼食を用意します)


2.場所:東京六甲クラブ


3.演題:「俳句裏話」


4.講師:  馬場 秀(ばばしゅう)氏 (本名ばばみのる)

1962年 慶応義塾大学法学部卒。片倉工業株式会社入社。

専務取締役を経て、2001年 同社顧問

(俳句の略歴)

俳誌「きたごち」、「風」に入会、1996年 「きたごち」同人

1999年 俳誌「風」で新人賞を受賞、「風」同人、俳人協会員となる

2007年 俳誌「希望」創刊、代表となる

2013年 句集『桑の実』、2017年 句集『童』を上梓

5.参加費:3,000円(昼食を含む)

(神戸大学東京六甲クラブ 理事長 森口 隆宏)

 

▲TOPに戻る

 「新年互礼会」開催のご案内

日時

2018年1月6日(土) 午後1時〜3時

場所 東京六甲クラブ(帝劇ビルB2F)
詳細

 年末に向けての慌ただしい日々を迎えようとして居られることと思います。日頃はクラブ運営にご協力を頂き有難う御座います。

 昨年クラブ50周年を迎え、記念祝賀会を初め様々な行事に多くの会員にご参加頂き、今年6月には出演者160名を超える合同演奏会で締めくくる事が出来ました。3月末にはクラブをリニューアルし、皆様により一層使いやすいクラブ作りを目指しました。ひとえに会員皆様のご協力の賜物と改めて厚く御礼申し上げます。

 さて、恒例の新年互礼会を下記のとおり開催いたします。神戸より武田学長、原学友会長、大坪凌霜会理事長ほか多くのご来賓をお迎えし、新年最初のクラブ行事となります。ご友人ご家族お誘い合わせの上、多数ご参加下さいますよう、お願い申し上げます。

 なお、ご参加の方は12月15日(金)までに、下記の事務局宛にご連絡下さいますようお願いいたします。クラブは12月23日(土)〜1月4日(木)まで年末・年始休暇となっています。ご不便をお掛けしますが、宜しくお願いします。

1.日 時:2018年1月6日(土)午後1時〜3時

2.場 所:神戸大学東京六甲クラブ

3.内 容:

 ご来賓・神戸大学長・武田 廣氏、 学友会長・原 俊雄氏、

      凌霜会理事長・大坪 清氏  他

 催 し・東京六甲男声合唱団による合唱 ・鏡開き

4.参加費:会員4千円、ビジター5千円

 *但し、平成15年以降卒業の若手および女性は3千円、

  平成29年3月卒業の新卒者は千円。  

 

5.参加お申し込み:  神戸大学東京六甲クラブ事務局にご連絡ください。
  E-mail:tokyo@kobe-u.com  *件名に「2018年1月6日(土) ・新年互礼会、参加申込み」とお書きください。
  FAX03-3211-3147  TEL03-3211-2916

        

以上

(神戸大学東京六甲クラブ 理事長 森口 隆宏)

▲TOPに戻る

 

子タッチフットボウル「Rooks」応援 「さくらボウル」4連覇目指して

日時

13日(水)10:10 kickoff

場所 東京ドーム 10:10 kickoff (当日のライスボウルは15時kickoff)
詳細

 神戸大学女子タッチフットボウル「Rooks」が、日本女王の座4連覇をめざし、13日(水)の「さくらボウル」に出場します。皆さんの応援で力強く背中を押したいと思いますので、宜しくお願いします。

 東西大学王座決定戦にて武庫川女子大学に勝利し、社会人女子の優勝チーム「ONEPACK」(関東一般女子タッチフットボール連盟に所属)と対戦します。試合概要は下記の通りですが、前売り券(20枚)をクラブで用意しますので、ご希望の方はご連絡をお願いします。

 

日時:13日(水)10:10 kickoff

場所:東京ドーム 10:10 kickoff(当日のライスボウルは15kickoff

前売り券:自由席@1,000円(当日券は@2,500円)

前売り券をご希望の方は、お名前に卒年・学部を添えて、12月20日(水)までに東京六甲クラブ宛にメール返信(tokyo@kobe-u.com )にてお願いします。

券は到着次第、クラブにてお渡ししますが、無理な場合はご自宅に郵送します。

その場合は、ご自宅住所もご連絡頂き、切符代は下記の口座に振り込みをお願いします。

**********************

三井住友銀行丸ノ内支店(店番号#245)

一般社団法人神戸大学東京六甲クラブ会費口(普通預金#6945875)

**********************

 

(神戸大学東京六甲クラブ 野崎 信)

 

▲TOPに戻る

 

 忘年会開催のご案内

日時

2017年12月22日(金) 18時〜20時 (17時〜餅つき)

場所 東京六甲クラブ(帝劇ビルB2F)
詳細

  師走が迫り、今年も余すところ1ヵ月あまりとなりました。昨年度のクラブ50周年事業では、記念祝賀会を初め様々な行事を行い、今年6月開催した合同演奏会では出演者160名を超えるかつて無いイベントとなりました。3月末にはクラブをリニューアルし皆様により一層使いやすいクラブ作りを目指しました。

 さて、恒例の忘年会を下記の通り開催します。楽しいひと時を皆様と過ごしたく、ぜひ奮ってご参加ください。

 今年も「餅つき」を行います。17時開始としますので、餅つきにご協力頂ける方、つきたての美味しいお餅を召しあがりたい方は、17時にお越しください。 本年も教育学部音楽科卒業生を中心とした女声コーラスグループ「Bel monte六甲」によるミニコンサート、内田春樹さん(S30年卒経済)大友貴子さん(H14年卒医保健)のマジック、じゃんけんゲーム大会、などの楽しい企画を立てていますのでご期待下さい。
なお、ゲームの賞品としてご寄贈頂けるものがありましたら、当日ご持参頂きたく、よろしくお願い申し上げます。 ご家族・ご友人お誘い合せの上、多数のご参加をお待ちしています。

◎ご参加の方は12月14日(金)までにお名前に卒年・学部を添えてメール返信にてご連絡下さい。


1.日 時 : 2017年(平成29年)12月22日(金) 18時〜20時
(17時〜餅つき)

2.場 所 : 東京六甲クラブ(帝劇ビル地下2階)

3.参加費 : 会員4千円、ビジター5千円。

    但し、平成15年以降卒業の若手および女性は3千円。

 

4.お申し込み:

神戸大学東京六甲クラブ事務局宛に  お名前、卒年、学部をお知らせください。(12月14日期日)

E-mail tokyo@kobe-u.com 件名「12月22日忘年会参加申込み」

FAX 03-3211-3147

TEL 03-3211-2916

以上

(神戸大学東京六甲クラブ 野崎 信)

 


▲TOPに戻る

 

 JASS共催「ラテン音楽で賑やかに年越しを」

日時

2017年12月12日(火)14:00〜16:00

場所 東京六甲クラブ(帝劇ビルB2)
詳細

メキシコを中心とするラテン音楽の名曲ライブです。陽気なメキシコ人リーダーのマリアッチ楽団はギター2本、ギタロンにトランペットが入って力強く華やかな演奏となります。

今年を賑やかな演奏で越しましょう。中休みにはワイン、ビー、ル、テキーラ、コーヒなどのドリンクとつまみでご機嫌に。

 

◎ご参加の方は12月5日(火)までにクラブ事務局にご連絡下さい。

 

 

日時:2017年12月12日(火)14:00〜16:00

 

場所:神戸大学東京六甲クラブ(日比谷帝劇ビル地下2階)

    地下鉄日比谷線、千代田線、

   都営三田線のいずれも「日比谷駅」、

   有楽町線の「有楽町駅」を降りて、B3出口、

   帝劇ビル地下2階のサブモールの中にあります。

 

?会費:3,200円

 

主な演奏曲  (詳しいパンフレットはこちら

グアダラハラ、ラ・ビキーナ、シエリト・リンド、ラ・ネグラ、

ベサメ・ムーチョ、エル・ノアノア、ラ・マラゲーニア、ラ・バンバ

 

出演 <Mariachi Nopalマリアッチ・サボテン>  

    アレハンドロ・パラシオス(ギター&歌)

    アレハンドロ・メヒア(ギタロン)

     ユウマ・タケウチ(トランペット)

     ダビッド・オチョワ(ギター&コーラス)

 

お申し込み:

神戸大学東京六甲クラブ事務局宛に  お名前、卒年、学部をお知らせください。
(12月5日期日)
E-mail tokyo@kobe-u.com
FAX 03-3211-3147

TEL 03-3211-2916

以上

(神戸大学東京六甲クラブ 野崎 信)

 

▲TOPに戻る

 

 JASS共催「ロマン派名曲の声楽コンサート」

日時

12月4日(月)14:00〜16:00

場所 東京六甲クラブ(帝劇ビルB2)
詳細

 人間の感情を表出した前期ロマン派の名曲を聞く声楽コンサートです。間近で聴くオペラ歌手の声の迫力をお楽しみ下さい。 背戸裕子(メゾ・ソプラノ)、月野進(バリトン)を迎えてお送りします。

 ご参加の方は11月27日(月)までに、下記の事務局にまでご連絡をお願いします。

 

日時:12月4日(月)14:00〜16:00

場所:東京六甲クラブ

参加費:2、500円

 

◎ご参加の方は、11月17日(金)までに下記事務局宛にご連絡下さい。
次回は3月30日(金)フランス映画「過去を持つ愛情」の予定です。

演奏曲   

 シューベルト:「アヴェ・マリア」「ガニュメート」

 シューマン:「献呈」(ピアノソロ)

 メンデルスゾーン:「歌の翼に」

 ドニゼッティ:「私は家を造りたい」 「一滴の涙」

 ヴェルディ:「墓に近寄るな 」 「孤独な部屋で」

 ロッシーニ:「ヴェネツィアの競艇」

 オペラ『結婚手形』より「ズルックのアリア」

 オペラ『セビリアの理髪師』より? 序曲(ピアノソロ)「私は町の何でも屋」「今の歌声は」

       「それじゃ、私なのね」

 

演奏者

背戸 裕子(メゾ・ソプラノ)

東京芸術大学卒業、同大学院修士課程オペラ科及び新国立劇場オペラ研修所第二期生 修了。

2002年度文化庁芸術家在外派遣にてニューヨークへ留学。

新国立劇場、東京オペ ラプロデュース等の公演に多数出演、国内外でリサイタルを開催。

二期会会員、東京シティフィル・コーアヴォイストレーナー。

 

月野 進(バリトン)

武蔵野音楽大学卒業、同大学大学院修了。

第48回日伊声楽コンコルソ入選。2010年から2012年までイタリア・ミラノに渡り、研鑽を積む。

ロマン派イタリアオペラを主なレパート リーとして活動している。

日伊音楽協会会員。藤原歌劇団正団員。

 

渡辺 久仁子(ピアノ)

東京芸大を卒業後、ドイツに留学し、コンラート・ハンゼン氏の薫陶を受ける。

2005年湘南エールアンサンブル団員として、ヨーロッパ演奏旅行に同行し、英、仏、チェコで室内楽 を演奏。

湘南ヤマハフィルとラフマニノフの協奏曲を共演。

 

お申し込み:

神戸大学東京六甲クラブ事務局宛に  お名前、卒年、学部をお知らせください。(11月17日期日)
E-mail tokyo@kobe-u.com
FAX 03-3211-3147

TEL 03-3211-2916

以上

(神戸大学東京六甲クラブ 野崎 信)

 

 

▲TOPに戻る

 

 平成卒・若手の会 忘年会のご案内

日時

2017年12月4日(月)19:00〜21:30

場所

神戸大学東京六甲クラブ(帝国劇場 地下2F) Tel.03-3211-2916

詳細

 秋の台風が荒れ狂い秋雨が続くなどちょっとおかしなお天気が続きましたが、紅葉はちゃんと進んでいます。

あわただしい年末を控え、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 年末には何と言っても「忘年会」、若手の会では下記の通り計画しました。

 

 大友貴子さんのマジックショーなどのイベント満載です。今年一年を振り返り、また来年「頑張ろう!!!」と気合いを入れたいと思います。少し早めの忘年会で、一緒に楽しみませんか?大勢の方のご参加をお待ちしています。

 

●日 時:2017年12月4日(月)19:00〜21:30

●場 所:神戸大学東京六甲クラブ(帝国劇場 地下2F)Tel.03-3211-2916

  http://home.kobe-u.com/tokyo/access/

    日比谷駅、有楽町駅、二重橋駅各駅より徒歩0〜4分

    (地下鉄B3出口が地下2Fに直結しています)

●会 費:3,000円

立食形式のパーティーを予定しています☆

 

交流会ではいつも、初めて参加される方が約半数です。ぜひお気軽にお越しください。

お誘い合わせの上、たくさんのお申込をお待ちしております。

 

●申込方法

下記サイトより必要事項をご入力の上、送信ボタンを押してください。

 

https://goo.gl/forms/d677FIV27HSt8aMG2

 

申込後、自動返答メールが届きます。届かない場合は、下記メールへお知らせください。

*Googleにアクセスできない方は、メールでも受け付けております。

 

お名前、よみがな、卒業年、卒業学部(院卒の方は研究科)、連絡先メールアドレス、勤務先を下記メールアドレスへご連絡ください。
rokkoclub.wakate@gmail.com

 

【申込締切】 2017年12月1日(金)

 

============================

神戸大学東京六甲クラブ 平成年次卒・若手の会 幹事

兼光里江、大友貴子、竹林佑見子、笹井亮兵、細川大介、鳴神貴太

============================

 

 

 

 

▲TOPに戻る

 

 第37回ミドル会開催のご案内 〜やって見ようシリーズ、その@「感動!マジック講座」〜

日時

2017年11月29日(水)14時〜15時半

場所 東京六甲クラブ(帝劇ビルB2)
詳細

  クラブでは講演会やコンサートなどが活発に開催されています。今回、ミドル会では見る・聴くではなく参加する、「やって見ようシリーズ」の開催を企画しました。

  第1回目は「感動!マジック講座」〜家族や友人、恋人を驚かせよう〜を、いつもクラブで華やかにマジックを披露されている大友貴子さん(2002年医学部保健学科卒)に講師をお願いしました。

  マジックはとても楽しい心の踊るエンターテイメントです。 難しいテクニックは要りません。とっても不思議で驚き度の高いマジックを数種お伝え致します。これからの人の集まる季節の前に、一芸を身につけませんか?

  お友達、ご家族、お孫さんの前で披露すると、人気が急上昇する事、間違いなし。多くの皆様のご参加をお待ちしています。これから、「健康寿命を延ばすヨガ」「孫に語って聞かせる朗読法」などを考えて居ます。


◎ご参加の方は、11月22日(水)までに東京六甲クラブ事務局宛にご連絡下さい。


1.日時:2017年11月29日(水)14時〜15時半

 

2.場所:神戸大学東京六甲クラブ

 

3.内容:「感動!マジック講座」〜家族や友人、恋人を驚かせよう〜
パンフレットPDFは こちら

 

4.講師略歴  

大友貴子
2002年 神戸大学医学部保健学科卒、看護師・助産師・保健師の資格を取得。

神戸大学医学部附属病院、東京都済生会中央病院、東京労災病院にて看護師・助産師として勤務。入院中の患者に“ここにはテレビしかないのか?”と指摘を受けたことを機に、マジックを習得し披露した際の反応の大きさにニーズを感じ、それ以来マジックを続けている。現在、マジックを中心としたイベント企画会社の設立準備中。

 

5.参加費:2,000円(マジックグッズ代込み)

 

6.お申し込み:

神戸大学東京六甲クラブ事務局宛に  お名前、卒年、学部をお知らせください。(11月22日期日)
E-mail tokyo@kobe-u.com  件名「11月29日第37回ミドル会参加申込み」

FAX 03-3211-3147

TEL 03-3211-2916

 

以上

(神戸大学東京六甲クラブ 野崎 信)

 

▲TOPに戻る

 

 第35回映画鑑賞会のご案内 

日時

2017年11月24日(金)14時開始〜16時40頃終了 (途中5分休憩あり)

場所 東京六甲クラブ(帝劇ビルB2)
詳細

  映画鑑賞会を下記により開催いたします。今回は、日本映画不朽の名作「二十四の瞳」です。

  昭和3年4月、大石久子は、新任教師として小豆島の辺鄙な岬の分教場に着任しました。受持ちは1年生の男女合わせて僅か12人でした。彼女は、子供たちと直ぐ解け合い、楽しい学校生活を送っていましたが、或る日、生徒が悪戯で掘った穴に落ちて骨折し、それがもとで本校に転勤となって、子供たちと別れることになりました。しかし、生徒は、5年生で本校に移り、やがて懐かしい先生と再会を果たしますが、この頃から、戦争の暗雲が子供たちを覆い始めました。先生は、奉公に出る女の子を励まし、或は出征する男の子をいとしみつつ、この激動期を健気に乗り切ってゆきます。

 ご存じのように、この映画は、瀬戸内の美しい風景を背景にした師弟間の心温まる物語ですが、主役の大石先生は、優しさの中にも、時勢に抗して戦争を冷静に見据える芯の強い女性としても描かれており、それがこの映画に、さりげなく社会性を与えています。ともあれ、これは木下監督と高峰秀子のコンビが作り上げた詩情豊な最高の傑作です。是非のお出をお待ちいたします。今回は上映時間が長いので14時開始とし、途中で5分間の休憩を設けます。

 

◎ご参加の方は、11月17日(金)までに下記事務局宛にご連絡下さい。
次回は3月30日(金)フランス映画「過去を持つ愛情」の予定です。

 記

 

日 時:2017年11月24日(金)14時開始〜16時40頃終了

                  (途中5分休憩あり)

場 所:東京六甲クラブ

映 画:「二十四の瞳」(1954年製作)  

監 督:木下恵介  

原 作:壺井 栄  

キャスト:

 

 大石久子・・・・・高峰秀子  男先生・・・・・笠 智衆    大石先生の母・・・夏川静江 

 男先生の妻・・・浦辺粂子  
(成人後の生徒)   マスノ・・・・・・月丘夢路   早苗・・・・・・小林トシ子

  松江・・・・・・・井川邦子   磯吉・・・・・・田村高広

 

お申し込み:

神戸大学東京六甲クラブ事務局宛に  お名前、卒年、学部をお知らせください。(11月17日期日)
E-mail tokyo@kobe-u.com
FAX 03-3211-3147

TEL 03-3211-2916

以上

(神戸大学東京六甲クラブ 野崎 信)

 

▲TOPに戻る

 特別火曜会「モテるワイン講座

日時 2017年11月21日(火)12:00〜13:00 (11時半ごろより昼食を用意します)
場所 東京六甲クラブ(帝劇ビルB2)
詳細  11月の特別火曜会はワインソムリエとして活躍しておられる山本 侑貴子(やまもと ゆきこ)氏に、「モテるワイン講座」のお話を頂きます。 「おもてなし」で一番大切にしてる、毎日の食卓・皆様へのお誘いのポイントなどを教えて頂きます。レストランに行った時、ホームパーティーを開く時、お招きされたとき様々なシチュエーションで、これさえ押さえておけば、短時間でワイン通になれる?!ワインの扱い方やマナーも含めて、楽しい講座を目指します。
◎ご参加の方は、11月14日(火)までに事務局宛にご連絡下さい。
記 1.日時: 2017年11月21日(火)12:00〜13:00           (11時半ごろより昼食を用意します) 2.場所:東京六甲クラブ 3.演題:「モテるワイン講座」 4.講師:
山本 侑貴子(やまもと ゆきこ)氏
(略歴) 慶應義塾大学 英米文学科卒業後、外資系証券会社でトレーダーアシスタントを経て結婚、出産後、趣味で始めた料理やおもてなしが評判となり、1999年テーブルコーディネートの楽しさを伝えるサロン「dining&style(ダイニングアンドスタイル)」を自宅でスタート。 その後テーブルコーディネーターとして活躍し、企業のスタイリングも多数手がける。シャンパーニュにも造詣が深く、日本ソムリエ協会認定ワインエキスパートの資格を持つ。2008年にはフランス・シャンパーニュ騎士団よりシュベリエを受賞。2014年には、日本ソムリエ協会のソムリエ・ドヌール(名誉ソムリエ)に就任。
5. 著書:  「おもなしテーブルコーディネート 花と色の空間演出」など多数。
月間「フローリスト」(誠文堂新光者)、
日本ソムリエ協会機関誌にて3年間連載を担当 6..参加費:3,000円(昼食を含む)7.お申し込み:神戸大学東京六甲クラブ事務局宛に 
お名前、卒年、学部をお知らせください。(11月14日期日)
E-mail tokyo@kobe-u.com  件名「11月21日特別火曜会参加申込み」
FAX 03-3211-3147  TEL 03-3211-2916以上(神戸大学東京六甲クラブ 野崎 信)

 

▲TOPに戻る

 

 第135回木曜会講演会のご案内

日時

2017年11月9日(木) 14:00〜15:30  (講演後に簡単な懇親会を行います、参加はご自由です。)

場所 東京六甲クラブ(帝劇ビルB2)
詳細

  第135回木曜会は、文学部のご担当です。今回のお話は、シェイクスピアをめぐる新しい発見やちょっとした驚き!感動!に出会える時空を超えた旅物語です。時代や国境を越え愛され続けるその魅力の本質とは何か?さらに、その作品をもっと楽しむためのヒント、その超人的才能ゆえの別人説?まで、知的好奇心をくすぐられる話題が満載です。   <お話のポイント>
T.ストラットフォード〜シェイクスピアとの出会い
私がシェイクスピアを学び始めた経緯とその生誕地での留学生活やシェイクスピア研究所の雰囲気、劇場体験談など
U.時代や国境を超えたシェイクスピアの魅力の解明&楽しみ方
なぜシェイクスピア文学が現代でも色あせないのか、我々の心に訴えかけてくるのか?

 

① ヴェニス〜喜劇 『ヴェニスの商人』

ユダヤ人シャイロックの描写にみるその天才的手腕とは? ・異国イタリアを舞台に、恋愛劇と法廷劇が交互に折り合わされる同作は、非常に人気の高いコメディであり、そこには人種差別や宗教対立など深刻な社会問題も扱われます。

当時のイングランドの価値観やイデオロギーに迎合して観客を喜ばせつつも、一方ではそれを乗り越え、批判するような視点を巧みに織り込んでいます。    

A日本〜和製『マクベス』: 黒澤明映画『蜘蛛巣城』と蜷川幸雄の舞台 『NINAGAWAマクベス』
それぞれの解釈の特徴や異文化作品を受容する際の問題点など映像を一部観ながら解説いたします。
B「シェイクスピア別人説」について、時間が許せば簡単に触れます。 

  ◎ご参加の方は、11月2日(木)までに下記事務局宛にご連絡下さい。


1.日時: 2017年11月9日(木)14:00〜15:30   (講演後に簡単な懇親会を行います、参加はご自由です。)

 

2.場所:東京六甲クラブ(帝劇ビルB2)

 

3.演題:「シェイクスピアをめぐる驚きと感動の旅 〜ストラットフォード・ヴェニス・日本〜」
ー時空を超え読み継がれる魅力の解明とその楽しみ方から別人説までー
4.講師:
芦津 かおり 文学部准教授


京都大学大学院文学研究科博士後期課程(英語学英米文学専攻)単位取得退学。
日本学術振興会特別研究員、Oxford University, Research Associate
大谷大学専任講師・准教授を経て、2010年より神戸大学准教授。

 

5.会費:2,000円

 

7.お申し込み:神戸大学東京六甲クラブ事務局宛に 
お名前、卒年、学部をお知らせください。(11月2日期日)
E-mail tokyo@kobe-u.com  件名「11月9日第135回木曜会参加申込み」
FAX 03-3211-3147

 TEL 03-3211-2916

以上

(神戸大学東京六甲クラブ 野崎 信)

 

▲TOPに戻る

10月17日特別火曜会「ポストCCDのミツバチたち」

日時

2017年(平成29年)10月17日(火)12:00〜13:00

場所 神戸大学東京六甲クラブ&出光美術館
詳細

  2007年、米国に端を発した蜂群崩壊症候群(Colony Collapse Disorder, CCD)が、あっという間に世界中に伝播し、「地球上からハチが消えると人類は4年を待たずして滅びる」という”アインシュタインの予言”がしばしばマスコミに登場しました。

これまで何千年間、ミツバチと人間は、 ”甘味料の供給者とその享受者”という関係でしたが、今回のCCD騒動で人に対するミツバチの地位は大いに向上し、ミツバチは人類の生存に欠かすことのできない昆虫ということになりました。そんなミツバチの地位向上が養蜂家(特に週末養蜂家)の活動スタイルにも大きな変化を及ぼすことになりました。これまでの養蜂は、ハチミツを収穫する利己的な行為でしたが、今日の養蜂家は、エコロジー運動の旗手、生物多様性の保護者と自負するようになりました。ということで、CCD騒動後ミツバチ(=養蜂)の世界にどのようなことが起きたのか?をテーマに田中盛さんに興味深い内容の講演をしていただきます。

◎ご参加の方は、10月10日(火)までに事務局宛にご連絡下さい。

 

                記

1.日時: 2017年10月17日(火)12:00〜13:00

 

(11時半ごろより昼食を用意します)

2. 場所:東京六甲クラブ

 

3.演題:「ポストCCDのミツバチたち」

 

4. 講師: 田中 盛(たなか さかる) 氏

 

5. 略歴

昭和20年隠岐島に生まれ。

学生時代に3年間デンマークに滞在したことがきっかけで、デンマーク産業連盟の日本支社長を経て北欧系企業でのビジネスマン生活を送り、10年前に現役を引退し以前から手がけていた週末養蜂家としての活動のため八ケ岳南麓標高1250mの地を拠点に、ニホンミツバチ中心の生活に入る。

 

6.参加費:3,000円(昼食を含む)

 

 

以 上
(神戸大学東京六甲クラブ 野崎 信)

 

▲TOPに戻る

 

 10月5日ミドル会「江戸の琳派芸術」

日時

2017年(平成29年)10月5日(月)11:30〜

場所 神戸大学東京六甲クラブ&出光美術館
詳細

  会員の皆様 9月16日から出光美術館で開催される「江戸の琳派芸術」展を、学芸員による解説を受けたあと、ゆっくりとご鑑賞頂き、併せて健康食で有名なタニタ食堂のヘルシーランチもお楽しみ頂きます。

  17世紀の京都に生まれ、華やかに展開した(琳派)の美術。19世紀に入ると、姫路藩主・酒井雅楽頭家の二男坊として生まれた酒井抱一(1761-1828)が江戸の町へ移植、更に抱一の弟子・鈴木其一(1796-1858)が、いっそうの洗練を加えました。いわゆる(江戸琳派)の成立です。 王朝的な美意識に支えられた京都の(琳派)を受け継ぎつつ、江戸という都市の文化の美意識のもと、小気味よい世界へと転生させた(江戸琳派)の魅力を解説頂きます。

  友人やご夫妻など誘い合わせて、多くの皆様のご参加をお待ちしています。

 

◎ご参加の方は9月28日(木)まで東京六甲クラブ事務局宛にご連絡下さい。

なお、今回は出光美術館のレクチャールームにて解説を行いますので、ご参加は30名までとさせて頂きます。先着申し込み順となりますので、ご了承ください。

1.日時:2017年10月5日(木)11:30〜

 

2.場所:神戸大学東京六甲クラブ&出光美術館

 

3.内容:「江戸の琳派芸術」展の解説と鑑賞 +タニタ食堂のヘルシーランチ

 

4.スケジュール

 

  昼食:11時30分ごろより、東京六甲クラブにてご用意します。

  解説:12時〜、50分程度、出光美術館レクチャールームにて
      学芸員の方に映像を利用して解説頂きます。

  鑑賞:解説終了後、美術館にてゆっくりとご鑑賞下さい。

 

5.参加費:3,000円(昼食、美術館入場を含む)、ご夫妻は二人で5,000円

 

以 上
(神戸大学東京六甲クラブ 野崎 信)

 

▲TOPに戻る

 第134回木曜会講演会のご案内

日時

2017年(平成29年)10月5日(月)18:00〜20:30

場所 東京六甲クラブ(帝劇ビルB2)
詳細

 第134回木曜会は、理学部のご担当です。昭和55年3月に理学部をご卒業され、平成28年4月に第25代気象庁長官に就任された橋田俊彦氏に、「気象行政の課題と今後」と題してご講演いただきます。

 極端化する気象、切迫する大地震などの災害の軽減に向け、自然を観測・予測し、情報発信する気象行政の課題や今後の方向についてお話し頂きます。

 また、社会経済活動における気象データの利用による安全・生産性の向上などの取組についても紹介して頂きます。   ◎ご参加の方は、9月28日(木)までに下記事務局宛にご連絡下さい。


1.日時: 2017年10月5日(木)18:00〜20:30  (講演後に懇親会を行います)

2.場所:東京六甲クラブ(帝劇ビルB2)

3.演題:「気象行政の課題と今後」  

4.講師:橋田 俊彦 氏、第25代気象庁長官

 昭和55年3月 神戸大学理学部卒業、

    57年3月 大学院理学研究科(修士課程)修了

    60年3月 東京大学大学院理学系研究科(博士課程)修了、理学博士

    62年4月 気象庁入庁   
   

    気象庁では、10年以上にわたり地震・津波や火山に関する監視・情報の高度化や

    体制強化に携わる。その後、気象庁の業務・組織に関する企画・管理、気象・地球

    環境・国際等の各分野を経験。九州を管轄する福岡管区気象台長、本庁の地震

    火山部長、予報部長を経て、 平成28年4月に第25代気象庁長官。

 

5.会費:4,000円(ビジターは5,000円、女性及び平成15年以降の卒業生は3,000円)

 

6.お申し込み:神戸大学東京六甲クラブ事務局宛にお名前、卒年、学部をお知らせください。(9月28日期日)
  E-mail tokyo@kobe-u.com
FAX 03-3211-3147 TEL 03-3211-2916

 

以上

(神戸大学東京六甲クラブ 野崎 信)

 

▲TOPに戻る

 

 

 9月19日特別火曜会「ピアノ演奏とジャズの話」

日時

2017年(平成29年)9月19日(火)120013:00 (11時半ごろより昼食を用意します)

場所 神戸大学東京六甲クラブ 帝劇ビル地下2階
詳細

  9月の特別火曜会は、ジャズピアニストの岸ミツアキ氏による「ピアノ演奏とジャズの話」をお楽しみ頂きます。
同氏は父親が音楽家だった影響で幼少時にピアノを始め、高校時代に早くもプロとしての活動を開始。1997年以降リーダー・アルバム15作、ベストアルバム2作をリリース、うち3作が『スイングジャーナル誌・選定ゴールドディスク』を獲得。海外の有名アーティストとの共演や、数々の国でライブコンサートを行い常にグローバルに活躍して、国内外より高い評価を受けています。
素晴らしいジャズ演奏は勿論の事、ライブ演奏で培った巧みな話術で海外での活躍話や苦労話等を面白おかしく聞かせて頂きます。ジャズ愛好家は勿論のことですが、ジャズに興味のない方でも楽しめる内容です。 素敵なピアノ演奏とジャズの世界で、お昼のひと時をお過ごしください。

◎ご参加の方は、9月12日(火)までに事務局宛にご連絡下さい。


1.日時: 2017年9月19日(火)12:00〜13:00 (11時半ごろより昼食を用意します)

2.場所:東京六甲クラブ

3.演題:「ピアノ演奏とジャズの話」

4.講師: 岸ミツアキ氏(ジャズピアニスト)

5.略歴: 1961年和歌山県生まれ。高校時代に早くもプロとしての活動を開始 。
1997年以降数多くのアルバムをリリース。
1999年から数々の海外公演や、国内でも海外の著名アーティストと共演。
出身地の和歌山県から「2007年度・県文化表彰/文化奨励賞」を授与。

6.参加費:3,000円(昼食を含む)

 

 

以 上
(神戸大学東京六甲クラブ 野崎 信)

 

▲TOPに戻る

 

 平成卒・若手の会「異業種交流会」

日時

2017年9月15日(金) 19:00開始〜21:20終了予定(18:30受付開始)

場所 神戸大学東京六甲クラブ 帝劇ビル地下2階
詳細

 神戸大学を卒業し、首都圏で活躍する社会人の交流会を開催します。 さまざまな業種・職種についている神大卒業生ならではの異業種交流会です。

 

 まじめな仕事の話のみならず、プライベートや学生時代の話などなど、話題はつきないものです。

 

 卒業したての20代前半から平成元年卒の先輩まで年齢層も幅広く、会社や友人とは違った新たな仲間をつくりにきませんか? はじめて参加する方も楽しめるような企画も考えています。 ご友人や会社の同僚の神大卒生を誘っていただき、多くの参加申込をお待ちしています!

 

日 時:2017年9月15日(金) 19:00開始〜21:20終了予定(18:30受付開始)

会 場:神戸大学東京六甲クラブ(帝劇ビル 地下2階)

     東京都千代田区丸の内3-1-1

     日比谷駅、有楽町駅、二重橋駅各駅より徒歩0〜4分

    (地下鉄B3出口直結。木の扉を開けて入ってきてください)

参加費:3,000円 ※飲み放題、立食形式を予定しています

参加資格:平成元年以降の卒業生

申込方法: 下記申し込みフォームより必要事項をご入力の上、送信ボタンを押してください。

  https://goo.gl/forms/heV8Dww3MFr2Bwmm2

 

申込後、自動返答メールが届きます。届かない場合は、下記メールへお知らせください。

*Googleにアクセスできない方は、メールでも受け付けております。 お名前、よみがな、卒業年、卒業学部(院卒の方は研究科)、 連絡先メールアドレス、勤務先を下記メールアドレスへご連絡ください。

rokkoclub.wakate@gmail.com 多数のご参加をお待ちしております!

【申込締切】 2017年9月12日(火)

 

----- 神戸大学東京六甲クラブ 若手の会 幹事 rokkoclub.wakate@gmail.com)

 

▲TOPに戻る

 木曜会講演会「グローバリゼーションは発展途上国の格差を拡大させるか」

日時

2017年9月14日(木) 14:00〜15:00 (講演後に簡単な懇親会を行いますが、ご参加は自由です。)

場所 神戸大学東京六甲クラブ 帝劇ビル地下2階
詳細

 第133回木曜会は、村上善道経済経営研究所助教に「グローバリゼーションは発展途上国の格差を拡大させるか」と題してご講演いただきます。

 

 グローバリゼーションと格差をめぐっては近年話題になっている「エレファントカーブ」(先進国で上位層の所得が伸びる一方、中間層以下の所得が停滞したことを示す曲線)が示すように、先進国では国内の所得格差が拡大したことを示す議論が多い。では発展途上国に関してはどうであろうか。本講演ではグローバリゼーションと発展途上国内の格差の関係について、ラテンアメリカ経済を専門とする講師の研究を踏まえて考察頂きます。

 結果としては、グローバリゼーションが発展途上国の格差拡大の主要因とは必ずしも言えず、またこれに反対する動きばかりが支配的でもない。先進国との地域貿易協定の推進をはじめ今後もグローバリゼーションへ積極的にコミットしていこうという動きもあり、これらの国々は今後も日本のグローバリゼーションの重要なパートナーとなりえることを強調されます。

 

  なお本講演は、2019年に創立100周年を迎える神戸大学経済経営研究所の100周年記念事業の一環として取り組んでいるものであり、講演冒頭に同記念事業担当の浜口伸明副所長より100周年記念事業の趣旨説明を行って頂きます。


◎ご参加の方は、9月7日(木)までクラブ事務局にご連絡下さい。

 

1.日時: 2017年9月14日(木)14:00〜15:00 (講演後に簡単な懇親会を行いますが、ご参加は自由です。)

 

2.場所:東京六甲クラブ(帝劇ビルB2)

 

3.演題:「グローバリゼーションは発展途上国の格差を拡大させるか」

 

4.講師: 村上善道 

神戸大学経済経営研究所助教

昭和56年7月生まれ

東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻修士課程修了、

神戸大学大学院経済学研究科博士課程後期課程修了 博士(経済学)(神戸大学)。

国連ラテンアメリカ・カリブ経済委員会アソシエートエキスパートなどを経て
2016年3月より 神戸大学経済経営研究所特命助教、
2017年3月より同助教。

5. 著書:「貧困層を利する成長」 (久松佳彰と共著、ラテン・アメリカ政経学会編『ラテン・アメリカ社会科学ハンドブック』所収)。

 

6.会費:2,000円

 

東京六甲クラブ 野崎

 

▲TOPに戻る

 JASS共催クラシックコンサート「弦楽四重奏」

日時

2017年(平成29年)9月4日(月)14時〜16時

場所 神戸大学東京六甲クラブ 帝劇ビル地下2階
詳細

   9月4日(月)のJASS共催コンサートはクラシック音楽の礎を築いた古典派の名曲を「弦楽四重奏」でお楽しみいただきます。

  湘南エールアンサンブル所属の女性奏者の皆さんの演奏をゆっくりとお聴きください

  ご参加の方は8月28日(月)までにお名前に卒年・学部を添えてメール返信(tokyo@kobe-u.com)にてお願いします。

 

日時:2017年9月4日(月) 14時〜16時

場所:東京六甲クラブ 参加費: 3,000円

曲目:   モーツアルト「春」、

      ハイドン「セレナーデ」、

      ベートーベン「ラズモフスキー第一番」

演奏:   ヴァイオリン 坪田亮子 桐朋学園大卒、

                     同研究科修了、

                     桐朋学園短大嘱託演奏員

              高梨真理  東京芸術大学卒、

                     同大学院修士課程修了、

                      昭和音楽大学講師

       ヴィオラ   堀江冬子 東京芸大卒、同大学院修了、

                     元ウィスコンシン室内オーケストラ首席

 

       チェロ    磯部朱美子 東京芸大卒、同大学院修了、

               ソロ、室内楽を中心に多彩に活動

以 上
(神戸大学東京六甲クラブ 野崎 信)

 

▲TOPに戻る

 

 7月28日映画鑑賞会「眼には眼を」

日時

2017728日(金) 15:00〜

場所 神戸大学東京六甲クラブ 帝劇ビル地下2階
詳細

 映画鑑賞会を下記により開催いたします。
今回は仏伊合作映画「眼には眼を」です。従前のものとは些か趣が異なり、恐怖と復讐の映画になりました。

 最初の場面は中東のベイルート。仕事を終えて帰宅していた白人の医師バルテルのもとに、当直医から「現地人の男が妻を診察してくれと言って来院している」との電話がありました。彼は、激務で疲れていた上、その病院の設備が不十分なことを知っていましたので、別の病院を勧めるよう指示しました。ところがその男が、妻をその病院に連れていく途中、車の故障も一因となって、彼女が死亡したのです。バルテルの指示に誤りはありませんでしたが、以来彼の自宅に無言電話が頻繁にかかるようになりました。復讐の始まりでした。妻の死は耐え難いことでしょう。しかし、だからといって、ここまで医師を痛めつけるとは。その執拗さは想像を絶するものがあります。背景に文化的ギャップや歴史的な怨恨があるのでしょうか。我々には容易に理解できないことです。

 とにかく衝撃的な映画です。皆様のお出でをお待ちいたします。

* ご参加の方は、お名前に卒年・学部を添えて7月21日までにクラブ事務局にご連絡下さい。。
* 次回は11月24日に高峰秀子主演「二十四の瞳」を上映の予定です。

 

日時 : 728日(金) 15:00〜

場所 : 東京六甲クラブ

映 画:「眼には眼を」(1957年製作、仏伊合作映画)
監 督:アンドレ・カイヤット
キャスト:
医師バルテル…………………………クルト・ユルゲンス
ボルタク………………………………フォルコ・ルリ
ボルタクの義理の妹…………………パスカル・オドーレ
ローラ…………………………………レア・パドヴァーニ

 

以 上
(神戸大学東京六甲クラブ 野崎 信)

▲TOPに戻る

 若手の会7月28日 第3回しゃべり場730 「ナニする?プレミアムフライデー」

日時

2017年7月28日(金) 19:30開始〜21:00終了予定

場所 神戸大学東京六甲クラブ 帝劇ビル地下2階
詳細

  仕事帰りの平日夜7時半、帝劇地下で若手を中心に「気楽・気ままに」相談、議論し合える機会をつくっていこう!と昨年からスタートしました『しゃべり場 730(ナナサンマル)』。 前回1月には、本学卒業生でマクロエコノミストの崔真淑さんにもご参加いただき「僕たちの、私たちの働き方改革」をテーマに、活発ながらも和気あいあいとした雰囲気で、意見交換が行われました。

 あれから半年経っても「働き方改革」は未だホットトピック。 政府主導で消費喚起と連動させた「プレミアムフライデー」が新たに始まっています。 そこで、3回目となる今回のテーマは「ナニする?プレミアムフライデー」。 前回の議論も踏まえつつ、仕事外の時間をどう過ごしていくか、皆さんと意見や情報を交換していきたいと思います。 「プレミアムフライデーなんて、ウチの会社には関係ない!」って方も多いと思いますが、家庭の時間や余暇の使い方はみんなに共通のテーマ。 「どんな時間の使い方をしてるの?」といった話題から「効率的な家事のテクニック」まで、皆さんが持っている身近なネタを話し合えたらと思います。ひょっとしたら、目からウロコな話があるかも?!

  せっかくなので、7月のプレミアムフライデーに開催します! プレミアムフライデーに考える、プレミアムフライデーのコト。予約不要の会ですので、皆さん気軽にご参加ください。

 

(開催要項)
日 時:2017年7月28日(金) 19:30開始〜21:00終了予定

場 所:神戸大学東京六甲クラブ(帝劇ビル地下2階)
東京都千代田区丸の内3-1-1 日比谷駅、有楽町駅、二重橋駅各駅より徒歩0〜4分
(地下鉄B3出口が地下2Fに直結しています)


参加費: 1,000円(簡単な夕食代を含みます)
参加資格:平成10年以降の卒業生

持ち物:名札代わりに名刺を使いますのでお持ちください。

備 考:事前予約は不要です。当日の出欠も取りませんので、気軽に、思い立ったらの飛び入り参加でOKです。

 

*ご質問・お問い合わせは若手の会のメールアドレスまで。 rokkoclub.wakate@gmail.com

以 上
(神戸大学東京六甲クラブ 野崎 信)

▲TOPに戻

 

 7月21日ビアパーティー

日時

2017721日(金) 午後6時から8時頃まで

場所 神戸大学東京六甲クラブ 帝劇ビル地下2階
詳細

 梅雨の合間の暑さにビールが美味しく感じられます。3月末に改装し、素敵な銀座のクラブとなった東京六甲クラブの恒例納涼ビアパーティ開催をご案内します。

 今年はミュージカル歌手「春野かなみ」さんを迎えて、「美女と野獣」からの曲などを数曲、素敵なミュージカルショーから始まります。 また、夏と言えばハワイアン。今年も「嶋ひろし と ブルーレイズ」にお願いをして、軽やかなハワイアンのメロディーをお楽しみ頂きます。後半のステージではムード歌謡・ラテン・オールディーズとリクエストに応えて演奏頂きます。 勿論いつものサントリーご寄贈による生ビールも飲み放題、抽選会などの楽しいイベントも準備しています。ムードあるクラブで、気の置けない仲間たちとの語らい、ご友人・ご家族をお誘い合わせの上、楽しい時間をお過ごしください。多数のご参加をお待ちしています。

 

*参加ご希望の方は、 7月14日(金)までにクラブ事務局に連絡をお願いします。 また、抽選会の賞品としてご寄贈頂けるものがありましたら、ご持参頂きたくよろしくお願い申し上げます。現金でのご寄付も大歓迎です。

 

日時 : 721日(金) 午後6時から8時頃まで

場所 : 東京六甲クラブ

スケジュール:こちらをご覧ください。

 

会費:会員 4,000円、非会員 5,000円。

    女性と平成15年3月以降卒業の若手は 3,000円

    また、アロハシャツ着用の方は500円割引きとします

以 上
(神戸大学東京六甲クラブ 野崎 信)

▲TOPに戻

 

 7月18日特別火曜会講演会「シニアが動く。日本が変わる」

日時

2017718日(火)120013:00   (11時半ごろより昼食を用意します)

場所 神戸大学東京六甲クラブ 帝劇ビル地下2階
詳細

7月の特別火曜会は、住友銀行専務から日本総合研究所社長、会長と言う厳しいサラリーマン生活を過ごして来られ、今は認定NPO法人プラチナ・ギルドの会・理事長として活躍しておられる奥山 俊一氏に「シニアが動く。日本が変わる」と題してご講演をいただきます。 超高齢化社会を迎え、今後日本が次世代に希望をつなぐために、そして何よりも我々自身の生きがい、幸せと健康のために、社会参画・社会貢献が大切であることについてお話し頂きます。


◎ご参加の方は、7月11日(火)までにクラブ事務局までご連絡をお願いします。

 

日時:7月18日(火)12:00〜13:00   (11時半ごろより昼食を用意します)

場所:神戸大学東京六甲クラブ 帝劇ビル地下2階

演題:「シニアが動く。日本が変わる。」

 

講師: 奥山 俊一(おくやま しゅんいち) 氏

    認定NPO法人プラチナ・ギルドの会 理事長 株式会社日本総合研究所 特別顧問

略歴 :
1966年 大阪大学経済学部卒。

住友銀行入行。

溜池支店長、内幸町支店長、情報開発部長を経て取締役就任、

新橋支店長、 ロンドン支店長兼欧州営業部長、常務取締役(欧州駐在)、

専務取締役等を歴任。

2002年6月〜06年5月の4年間、株式会社日本総合研究所代表取締役社長に就任。

同会長を経て、2007年6月より特別顧問。

2010年7月より、サービスグラント特別顧問に就任。


参加費:3,000円(昼食を含む)。

以 上
(神戸大学東京六甲クラブ 野崎 信)

▲TOPに戻

 

 7月13日木曜会講演会 「AIはどこまで進化するのか」

日時

2017年(平成29年)7月13日(木)14:00〜15:00 (終了後に簡単な懇親会)

場所 神戸大学東京六甲クラブ 帝劇ビル地下2階
詳細

 第131回木曜会は上原 邦昭神戸大学大学院システム情報学研究科教授に「AIはどこまで進化するのか」と題してご講演いただきます。

上原教授:昨年度後期の学部3年生向けの専門科目「人工知能」の初日の講義を終え、教材を片付けしていると、他学部からの聴講学生が私の元を訪れ、次のような質問をしました。「先生、○○○という仕事は将来なくなるのですか?」この職業は彼の志望している職種で、就職も考えているとのことでした。なぜそのような質問をするのか聞くと、所属学部の先生から言われたとのことでした。近年、このような話題が新聞や週刊誌によく掲載されています。それとともに、人工知能研究の現状や将来についても頻繁に報道されています。従来、このような話題が報道されることは有りませんでした。本日は、人工知能の研究テーマを大きく認識系(ディープラーニング)と推論系(ビッグデータ、質問応答システム)に分け、いくつかの世界的なトピックについて紹介します。さらに、前述の学生に対する私の回答についても紹介します。  

◎ご参加の方は、7月6日(木)までにお名前に卒年・学部を添えてクラブ宛にメール連絡(tokyo@kobe-u.com)をお願いします。 講演会終了後には簡単な懇親会を行いますが、参加はご自由とします。

日時:7月13日(木)14:00〜15:00 (終了後に簡単な懇親会)

場所:神戸大学東京六甲クラブ 帝劇ビル地下2階

演題:「AIはどこまで進化するのか」

 

講師:上原 邦昭 

    神戸大学大学院システム情報学研究科教授

略歴 :

昭和29年生

昭和53年大阪大学基礎工学部情報工学科卒業

昭和58年同大学院博士後期課程単位取得

大阪大学産業科学研究所助手 同講師,
神戸大学工学部情報知能工学科助教授
同都市安全研究センター教授

同大学院自然科学研究科教授を経て 、
現在,同大学院システム情報学研究科教授

平成元年より2年までOregon State University,

Visiting Assistant Professor.工博

 

会費:2,000円(ビジターは3,000円)

 

以 上
(神戸大学東京六甲クラブ 野崎 信)

▲TOPに戻る

 

 620日特別火曜会講演会「客船の話〜感動の航海へ」

日時 2017年(平成29年) 6月20日(火)12:00 〜 13:00
(11時半ごろより昼食を用意します)
場所 神戸大学東京六甲クラブ
帝劇ビル地下2階
詳細

 6月の特別火曜会は、日本最大の客船「飛鳥」の運航に携わった森本靖之氏と稲垣 孟氏に「客船の話〜感動の航海へ」と題してご講演をいただきます。

 今回は2方の日本郵船OBのお話です。クラブの副理事長である森本さんからは、クルーズという商品作成や苦労談・注意点。初代飛鳥船長の稲垣氏からは、現場での苦労談やエピソードなどをお話いただきます。最近はクルージングがブームになっていますので、すでにクルージングに出掛けられた方も多いでしょうし、これからクルージングに行きたいと思われている方も大勢いらっしゃると思いますが、参考になる話、裏話がたくさん聞けると思いますので、ぜひこぞって参加下さるようお願いいたします。

 

◎ご参加の方は、6月13日(火)までにお名前に卒年・学部を添えてメール返信(tokyo@kobe-u.com 宛て)にてお願いします。

 

【演題】「客船の話〜感動の航海へ」

【講師と略歴】

(1)森本 靖之(もりもと やすゆき)氏
1962年 神戸商船大学(航海科)卒
日本郵船(株)入社航海士として世界主要航路を経験
1983年 船長に昇進
1992年 客船事業部 専任部長として客船「飛鳥」プロジェクトに参画
1995年 日本郵船(株)退社 郵船クルーズ(株)取締役就任
2004年 (社)日本船長協会会長を経て、現在は船員災害防止協会会長


(2)稲垣 孟(いながき たけし)氏
1962年 東京商船大学(航海科)卒 
日本郵船(株)入社航海士時代 世界主要航路を経験
1982年 船長に昇進 1992年 日本最大の客船「飛鳥」初代船長
1996年 日本郵船(株)退社 横浜港水先案内人を経て、
現在は(公社)東京湾海難防止協会会長に就任

 

参加費:3,000円(昼食を含む)

以 上
(神戸大学東京六甲クラブ 野崎 信)

 

▲TOPに戻る

 50周年記念合同演奏会

日時 2017年(平成29年) 6月18日(月)13時半会場 14時開演
場所 かつしかシンフォニーヒルズ モーツアルトホール
http://www.k-mil.gr.jp/institution/access/sym_access.html
詳細

出演:[合唱]:
Bel monte 六甲(女声), Musicの友(女声),KCめぐみ(女声),東京六甲男声合唱団(男声) 神戸大学混声合唱団アポロン関東OB会有志(混声),[管弦楽]:東京六甲フィルハーモニックオーケストラ,合同演奏指揮 中島 良能
演目:
第1部 コーラスの楽しみ(各合唱団による演奏)
第2部 オペラ合唱名曲集(合唱とオーケストラによる合同演奏)
* 詳しいプログラムはこちら → チラシ をご参照ください。

チケット:1,000円
*東京六甲クラブ又はかつしかシンフォニーヒルズチケットセンターでお買い求めください。

以 上
(神戸大学東京六甲クラブ 野崎 信)

▲TOPに戻る

 

 JASS共催コンサート「生気溢れるバロック音楽の名曲を生演奏で」

日時

2017年(平成29年) 6月5日(月)14:00 〜 16:00

場所

神戸大学東京六甲クラブ
帝劇ビル地下2階

詳細

バロックの巨匠J.S.バッハ、日本人に人気のヴィヴァルディー、オペラが得意なヘンデルなどの名曲をバイオリンとピアノでどうぞ。 演奏は湘南エールアンサンブル所属の田口 美里(バイオリン)と春原 恵子(ピアノ)です。

*参加の方は5月29日までに、お名前に卒年・学部を添えてメール(tokyo@kobe-u.com)宛てにてご連絡下さい。

参加費:2,500円
曲目(予定):
♪ヘンデル(1685-1759)
オペラ「セルセ」より オンブラマイフ
オペラ「リナルド」より 私を泣かせて下さい
バイオリンソナタ 2番 ♪バッハ(1685-1750)
無伴奏バイオリンパルティータ3番 より プレリュード、ガボット
♪タルティーニ(1692-1770)
バイオリンソナタ 「捨てられたディド」
♪バッハ(1685-1759)
イタリア協奏曲 第一楽章(ピアノソロ)
♪D.スカルラッティ(1685-1757)
ソナタ K.9 ニ短調 K.33 ニ長調(ピアノソロ)
♪ヴィヴァルディ (1678-1741)
四季より 「春」「夏」
演奏:
田口 美里(ヴァイオリン)
桐朋学園大学、同研究科修了。 日本クラシック音楽コンクール全国大会第1位、他多数のコンクールにて優勝、入賞。小澤征爾音楽塾、サイトウキネンオーケストラ、北九州音楽祭、米アスペン音楽祭、アフィニス夏の音楽祭等に出演。 東京都交響楽団団員。
春原 恵子(ピアノ)
武蔵野音大及び同大学院修了。NHK洋楽オーディション合格。PTNA特級金賞受賞。日本モーツァルトコンクール最高位。リサイタルの他、名古屋フィル、東京交響楽団と共演。 1999〜2001年東京藝術大学ソルフェージュ科講師。現在武蔵野音楽大学講師。

以 上
(神戸大学東京六甲クラブ 野崎 信)

 

▲TOPに戻る

 

 JASS共催軽音楽ライブ「懐かしのオールディーズ再登場」

日時

2017年(平成29年) 4月27日(木)14:00 〜 16:00

場所

神戸大学東京六甲クラブ
帝劇ビル地下2階

詳細


今回のJASS(日本セカンドライフ協会)と共催の軽音楽ライブは「懐かしのオールディーズ再登場」 です。
1960年代に流行ったエルビス・プレスリ、ポール・アンカ、ニール・セダカ等のヒット曲を中心に、数多くの懐かしい曲を生演奏でお楽しみください。(今回は2014年9月にクラブに出演したMR.GOODIESの再登場です。)
◎ご参加の方は4月20日(木)までにお名前に卒年・学部を添えてメール返信にてお願いします。

日時:2017年(平成29年) 4月27日(木)14時 〜 16時
場所:神戸大学東京六甲クラブ(帝劇ビルB2)
TEL:03-3211-2916,FAX:03-3211-3147
Eメール:tokyo@kobe-u.com
テーマ:懐かしのオールディーズ再登場
出演:MR.GOODIES
メンバー紹介は(次のURLをクリック)
http://www.mr-oldies.co.jp/players/goodies.html/index.html
参加費:3,000円(ワイン、ビール、コーヒ等のドリンク付き)

以 上
(神戸大学東京六甲クラブ 理事長 森口 隆宏)

▲TOPに戻る

 

 平成年次卒・若手の会「就活応援!現役学生&若手社会人 交流会」

日時

2017年(平成29年)4月26日(水)19:00〜21:20予定

場所

神戸大学東京六甲クラブ
帝劇ビル地下2階

詳細

神戸大学・平成年次卒業の皆さん

就職活動で上京している現役学生と、若手社会人のみなさんの交流会を初めて開催 します。
社会人の楽しさやつらさ、就職活動へのアドバイス、会社や業界の裏話、最新の就職活動の状況について などなど、業種・職種はもちろん学生・社会人を超えたトークに花を咲かせませんか?
「神戸大学東京オフィス」と「神戸大学東京六甲クラブ平成年次卒・若手の会」の共催です。
なお、4/25〜4/28は、昼間に企業説明会を開催するため、多数の学生さんが上京・参加される予定です。

日 時:2017年 4月26日(水)19:00〜21:20
●場 所:神戸大学東京六甲クラブ(帝国劇場ビル地下2F)
Tel.03-3211-2916
http://home.kobe-u.com/tokyo/access/
東京都千代田区丸の内3-1-1
日比谷駅、有楽町駅、二重橋駅各駅より徒歩0〜4分
(地下鉄B3出口直結、木の扉を開けて入ってきてください)
会 費:3,000円 現役学生:500円 ※立食形式を予定しています。
●参加資格:平成元年以降の卒業生
●申込方法
下記サイトより必要事項をご入力の上、送信ボタンを押してください。
https://goo.gl/forms/d677FIV27HSt8aMG2

申込後、自動返答メールが届きます。届かない場合は、下記メールへお知らせください。
*Googleにアクセスできない方は、メールでも受け付けております。

お名前、よみがな、卒業年、卒業学部(院卒の方は研究科)、
連絡先メールアドレス、勤務先を下記メールアドレスへご連絡ください。
rokkoclub.wakate@gmail.com

多数のご参加をお待ちしております!

============================
神戸大学東京六甲クラブ
平成年次卒・若手の会 幹事 兼光里江(経済2007年卒)
============================

▲TOPに戻る

 50周年記念「軽音楽ライブ」

日時

2017年(平成29年) 4月22日(土)14:00 〜(13:30開場)

場所

中目黒「トライ」
東急東横線「中目黒」駅 南口下車 徒歩2分

詳細


東京六甲クラブ50周年記念行事の一環として、神戸大学軽音楽部(Kobelm)のOB/OGによる「軽音楽ライブ」をお届けします。
軽音楽部は2015年に創部50周年を迎えました。音楽のジャンルはカントリー、ブルーグラス、フォーク、ロック、ハワイアン、ジャズ、ボサノバ等多岐にわたり多くのOB・OGを輩出してきました。
当日はKobelm Eastの活動として第9回目のOB/OG会を兼ねて演奏会を行います。JAZZ、フォーク、ロック、ゴスペルのジャンルから懐かしのナンバーや日本の歌まで幅広くお届けします。土曜日の午後を軽快なリズムでお楽しみ下さい。

(出演バンドと主要演奏曲目)

 14:15頃「シーバーズ(JAZZ)・・・"いつか王子様が" "朝日のようにさわやかに"
14:55頃「かきくブラザーズ(FOLK)・・・"Teach Your Children" "学生街の喫茶店"
15:35頃「Modern Jazz Generations(JAZZ)・・・"Stolen Moments" "Moanin"
(16:15頃・・・休息&生オケコーナー)
16:45頃「VOON Gospel Chior(Gospel)・・・"Amazing Grace" "花は咲く"
17:25頃「でぐいかまんたすWEST(ROCK)・・・"Desperado" "It's Too Late"
18:05頃「エクスキャリバーズ(FOLK)・・・"500 Miles" "涙そうそう"
18:46頃・・・合同演奏&フィナーレ

≪プログラム(クリック)≫

◎ご参加の方は4月7日(金)までに下記にご連絡下さい。
なお、当日は生オケコーナ(16:00過ぎから30分程度)も用意 しております。是非、生バンドをバックに歌いたい方がいらっしゃれば併せてお申込みください。

  1. 日 時:2017年 4月22日(土)14:00開演(13:30開場) (19:00頃終了予定)
    *ライブ鑑賞しながら軽食をお楽しみ下さい。終了後の懇親会は有りません。
    *途中からの入場、退場、再入場はご自由です ので、気楽にご参加ください。
  2. 場 所:中目黒「トライ」 ≪アクセス等(クリック)≫
    中目黒区目黒3-6-5 中目ビル5階(東急東横線 中目黒駅南口下車 徒歩2分
    (中目黒駅南口を出て右、線路沿い左に歩いて、居酒屋一平を過ぎた路地を入ってエレベータで5階までお越しください。Tel 03-3710-7666)
  3. 会 費:3,000円

以 上

(神戸大学東京六甲クラブ 理事長 森口 隆宏)

▲TOPに戻る

 4月特別火曜会(講師:織路 由麻氏)

日時

2017年(平成29年) 4月18日(火)12:00〜

場所

神戸大学東京六甲クラブ
帝劇ビル地下2階

詳細

 4月の特別火曜会は、織パートナーズ代表の織路由麻氏に 「実践。占いを使って自分で2017年の運気を一気に上げる技術」と題してご講演をいただきます。
氏は、小学生の頃から手相・姓名判断・四柱推命・風水など「12の占い」に精通し、4万人を超える占い実践データを解析・検証。相談内容に応じて自在に使い分け、未来を予測し「幸せになるための方法を提案する」というスタイルを立ち上げました。そして、自分で幸せになる方法を伝える開運予報士®協会を設立し、開運予報士®の育成に日々励んでおられます。
占いは、6000年かけて人類が自然と共生するために研究、仮説検証された学問です。経済学者が来年の景気を「占う」と言ったり、店という漢字の中に「占」という字が入っていたりするように、実は、占いは、当たり前に世の中に存在しているのです。時の流れを読み、その流れを掴むことができれば、自分が望む結果を出すことができるようになります。過去、政治家や経営者やスポーツマンの多くが占いを活用してきた手法を、今回は、2017年の残りの日々を皆さんご自身の運気を上げるためにご紹介いただきます。
☆ご参加の方は、 4月11日(火)までにお名前・卒年・学部に加えて「生年月日」を添えてメール返信にて申込んでください。生年月日は当日の「占」に利用します。

  1. 日時:2017年4月18日(火)12:00〜13:00
    (11:30頃より昼食を用意します)
  2. 場所:神戸大学東京六甲クラブ(帝劇ビルB2) 
    TEL:03-3211-2916,FAX:03-3211-3147
    Eメール:tokyo@kobe-u.com  
  3. 演題:「実践。占いを使って自分で2017年の運気を一気に上げる技術」
  4. 講師:織路 由麻(おりじ ゆま)氏(織パートナーズ株式会社 代表)
    神戸市出身。神戸女学院中・高等部卒業。中央大学法学部卒業。
    株式会社資生堂入社。管理職経験を経て、2013年に織パートナーズ(株)を起業。
  5. 参加費:3,000円(昼食を含む)

以 上

(神戸大学東京六甲クラブ 理事長 森口 隆宏)

▲TOPに戻る

 第130回木曜会(講師:簑原 俊洋氏)

日時

2017年(平成29年) 4月13日(木)14:00 〜 15:00頃

場所

神戸大学東京六甲クラブ
帝劇ビル地下2階

詳細

 第130回木曜会は簑原 俊洋 法学研究科教授に「波瀾の時代:トランプ政権の外交・安全保障政策と今後の日米関係」と題してご講演いただきます。
誰しもが結果に驚いた昨年11月8日の選挙を経て、本年の1月20日にアメリカの第45代大統領が就任しました。それ以来、アメリカではデモが各地で頻発し、主義主張の対立をめぐる国家の分断が深刻化しています。その後、中東諸国からの移民停止措置やロシアとの関係をめぐって政権は出だしから揺れており、先日は安全保障担当補佐官が辞任に追い込まれました。こうした反面、アメリカを訪問した安倍首相は異例の好待遇で迎えられ、日米首脳会談は円滑に進みました。しかし、日本はこれで安堵してよいのだろうか。日米経済問題に関する交渉がまだ始まらないなか、また中国の軍事的台頭や北朝鮮による度重なる挑発行為を踏まえ、今後のアジアの安全保障環境、並びに将来の日米関係の行方は如何に。
ご講演では、こうした喫緊の問題に焦点を当てつつ、トランプ政権の対外・安全保障政策を中心に据えている現在の世界情勢を紐解いていただきます。講演会終了後には簡単な懇親会を行いますが、参加はご自由とします。
◎ご参加の方は、4月6日(木)までにお名前に卒年・学部を添えてメール返信にてお願いします。

  1. 日 時:2017年4月13日(木)14:00〜15:00(★昼間の講演です!★)
    (講演会終了後、簡単な懇親会を行いますが、参加自由とします。)
  2. 場 所:神戸大学東京六甲クラブ(帝劇ビルB2)
    TEL:03-3211-2916,FAX:03-3211-3147
    Eメール:tokyo@kobe-u.com  
  3. 演 題:「波瀾の時代:トランプ政権の外交・安全保障政策と今後の日米関係」
  4. 講 師:簑原 俊洋(みのはら としひろ)神戸大学大学院法学研究科教授
    1992年 カリフォルニア大学デイヴィス校卒業
    1996年 神戸大学政治学修士。同博士、日本学術振興会特別研究員(PD)を経て、
    1999年 神戸大学法学部助教授。同大学院法学研究科助教授を経て、2007年より現職。
    在外研究として、現在、ハーバード大学ライシャワー研究所、米日財団のフェロー、
    および日米協会の評議員を努める。
  5. 主要著書
    『アメリカの排日運動と日米関係』(朝日選書、2016年)など洋書を含めその他多数。
  6. 会 費:2,000円(ビジターは3,000円)

以 上

(神戸大学東京六甲クラブ 理事長 森口 隆宏)

▲TOPに戻る