クラブ開催イベント

クラブ開催イベント(過去分)2017年4月以降  2017年度 2018年度  
クラブ開催イベント(過去分)2017年3月まで

行事予定

 特別火曜会講演会のご案内

日時

11月20日(火) 12:00〜13:00 (11時半ごろより昼食を用意します)

場所

神戸大学東京六甲クラブ

詳細

 シティグループ証券 顧問 藤田 勉 氏に「バブルは10年に一度やってくる」としてご講演頂きます。   

 歴史的に、1980年代の日本のバブル、1990年代のITバブル、2000年代の米国住宅バブルと、バブルはおよそ10年に一度やってきます。今年9月でリーマンショックから10年が経過しますが、現在、米国トランプ政権の政策によって、貿易摩擦、双子の赤字の拡大(経常赤字と財政赤字)、連続するFRBの利上げと、市場を取り巻くリスク要因が高まりつつあります。果たして、歴史は繰り返すのか。バブル発生と崩壊のメカニズムを踏まえて、今後の世界の株式相場と為替相場を展望して頂きます。  

 

◎ご参加の方は、11月13日(火)までに事務局宛にご連絡下さい。

 


日時: 2018年11月20日(火)12:00〜13:00     (11時半ごろより昼食を用意します)

場所:東京六甲クラブ

3.演題:「バブルは10年に一度やってくる」

4.講師:
      藤田 勉 氏

一橋大学大学院経営管理研究科特任教授。

一橋大学大学院博士課程修了、博士(経営法)。

経済産業省企業価値研究会委員、

内閣官房市場動向研究会委員、

シティグループ証券副会長などを歴任。

2006〜2010年日経アナリストランキング日本株ストラテジスト部門5年連続1位。

 

5.主な著書:
   「バブルは10年に一度やってくる」(東洋経済新報社、2013年)、
   「バブル後25年の検証」(東京書籍、2016年、竹中平蔵他と共著)、
   「バブル経済とは何か」(平凡社、2018年)他多数。

 

6.参加費:3,000円(昼食を含む)  

7..お申し込み 期日11月13日

   神戸大学東京六甲クラブ事務局宛

   FAX 03-3211-3147 TEL 03-3211-2916
    E-mail tokyo@kobe-u.com

   *下記の内容をご連絡ください。
      「2018年11月20日(火)12時〜、特別火曜会、参加申込み  
          ご氏名 卒業年: 年 学部 ご連絡先: 電話 FAX 」 

  以 上

▲TOPに戻る

 

東京六甲クラブ共催・鈴木香代子ソロコンサート「第九回 日本の抒情」

日時

11月10日(土)   昼の部14:30開演(14時開場)      夜の部18:00開演(17時半開場)

場所

神戸大学東京六甲クラブ

詳細

 6月のコンサートに引き続き、日本歌曲の世界をお楽しみ頂きます。

◎ご参加の方は、11月5日(月)までに下記事務局にご連絡下さい。

 

日時:2018年11月10日(土)  昼の部14:30開演(14時開場)   夜の部18:00開演(17時半開場)

      ティータイムを含め約2時間、内容は昼・夜とも同じです     

      明治期の珍しい写真なども豊富なパンフレットもご用意します。

場所:東京六甲クラブ

会費:3,000円、ご夫妻5,000円、学生2,000円、昼・夜とも同額

 

【第1部:明治維新150年、童謡100年を記念して「唱歌・童謡ものがたり」 】 

        お客様参加型レクチャーコンサート   

 来年一月「この道」と言う映画が、童謡100年を記念して封切られます。数々の童謡を残した北原白秋の半生を、作曲家山田耕筰との友情と共に描く、というものです。白秋は1918年(大正7年)に創刊された児童文芸誌「赤い鳥」の童謡欄を担当していました。

 日本ほど唱歌や童謡など子どものために大真面目に詩人、作曲家、教育者、学者が歌を作り続けている国は世界に類を見ません。これまでに六甲クラブでも唱歌・童謡の歴史を簡単にご紹介しましたが、今回は六甲クラブの方々にも興味を持っていただけそうな歴史的事項いくつかにスポットを当て、歌と共にご案内します。

 たとえば、モーツァルトのオペラアリアが明治初期にどのような唱歌になったか、ピアニストとして滝廉太郎の名も載る東京芸大第1回演奏会のプログラム、「赤い鳥」第1回演奏会が今から99年前に帝国劇場で開催され「かなりあ」が初演されたこと、など。ご一緒に歌ったり、クイズもあります。

 

【第2部:昭和・平成の日本歌曲 】

 小林秀雄「落葉松」などよくご存じの歌や、名曲でありながらなかなか歌われない歌をご紹介します。湯山昭の作品では第1部で愛らしい童謡、第2部では なかにし礼詩による“心中もの”をお聴きいただきます。今回も武満徹の歌を英語でもご紹介します。

 

      パンフレットはこちらから↓(クリックすると拡大します)

 

 

お申し込み 期日11月5日(月)

   神戸大学東京六甲クラブ事務局宛

      FAX 03-3211-3147 TEL 03-3211-2916 E-mail tokyo@kobe-u.com

   *下記の内容をご連絡ください。
   「2018年11月10日(土)昼(14時半)、夜(18時)、鈴木香代子コンサート参加申込み」
   ご氏名 卒業年: 年 学部 ご連絡先: 電話 FAX 」 

以 上

▲TOPに戻る

 

 

 第142回木曜会講演会のご案内

日時

11月8日(木) 18:00〜20:30 (講演後の懇親会を含む)

場所

神戸大学東京六甲クラブ

詳細

 第143回木曜会は、1979年神戸大学大学院工学研究科修了で公益社団法人自動車技術会 理事の田渡 喜章 氏に「自動車の自動運転 −今後のゆくえ−」としてご講演頂きます。 講演骨子:技術の進歩によって「 自動車の自動運転 」は現実的な段階に来たが、実用化に向けては種々の問題をかかえている。今回は、技術的な面だけではなく、「高齢ドライバーの運転」や「社会的ニーズ(物流業界等におけるドライバー不足)」の視点からも 自動運転の可能性を概観してみる。

 高齢ドライバーにとってだけではなく、多くの人に新たな世界を切り開いてくれる技術に期待が高まっています。

 

◎ご参加の方は、11月1日(木)までに下記事務局宛にご連絡下さい。

 

 

1.日時: 2018年11月8日(木)18:00〜20:30 (講演後の懇親会を含む)

2.場所:東京六甲クラブ(帝劇ビルB2)

3.演題:「自動車の自動運転 −今後のゆくえ−」

4.講師:

   田渡 喜章 氏   

  1977年 神戸大学工学部 生産機械工学科卒業   

  1979年 神戸大学大学院 工学研究科修了   

  1979年〜 日産自動車(株)   

  2006年〜 公益社団法人自動車技術会

 

5. 会費:4,000円(ビジターは5,000円)
   平成16年以降の卒業生及び女性は3,000円

 

6.お申し込み 期日11月1日(木)

   神戸大学東京六甲クラブ事務局宛

   FAX 03-3211-3147 TEL 03-3211-2916  E-mail tokyo@kobe-u.com

   *下記の内容をご連絡ください。
「2018年11月8日(木)18時〜、第143回木曜会参加申込み
  ご氏名 卒業年: 年 学部 ご連絡先: 電話 FAX 」 

以 上

▲TOPに戻る

 

 第142回木曜会講演会のご案内

日時

10月18日(火) 18:00〜20:30 (講演後の懇親会を含む)

場所

神戸大学東京六甲クラブ

詳細

  第142回木曜会は、神戸大学経済学研究科の西山慎一教授に『ゼロ金利制約下における伝統的金融政策と非伝統的金融政策:1990年代から2010年代までの日本銀行の金融政策』としてご講演頂きます。

  講演骨子:長期的なデフレ及び不況のため、日銀は2000年代以降よりゼロ金利政策、量的緩和政策、マイナス金利、イールドカーブ・コントロールと言った非伝統的な金融政策を実施しています。本講演では、ゼロ金利制約が存在する場合、なぜ伝統的な金融政策が不可能となるのか、そしてゼロ金利下での非伝統的金融政策の効果について理論・実証の両面から論じる予定です。

  ◎ご参加の方は、10月11日(木)までに下記事務局宛にご連絡下さい。

 

 

1.日時: 2018年10月18日(木)18:00〜20:30 (講演後の懇親会を含む)

 

2.場所:東京六甲クラブ(帝劇ビルB2)

 

3.演題: 『ゼロ金利制約下における伝統的金融政策と非伝統的金融政策:

          1990年代から2010年代までの日本銀行の金融政策』 

 

4.講師:西山慎一氏 (神戸大学経済学研究科教授)

   神戸市出身。1997年国際基督教大(ICU)教養学部卒業。

   2002年オハイオ州立大学大学院経済学研究科博士課程修了。Ph.D.(経済学)取得。

    日本銀行金融研究所エコノミスト、カナダ銀行シニア・アナリスト、

   内閣府経済社会総合研究所主任研究官、東北大学経済学研究科准教授を経て、 

   2017年4月より神戸大学経済学研究科教授。

 

5. 会費:4,000円(ビジターは5,000円)平成16年以降の卒業生及び女性は3,000円 

 

6.お申し込み 期日10月11日(木)

   神戸大学東京六甲クラブ事務局宛

   FAX 03-3211-3147 TEL 03-3211-2916 E-mail tokyo@kobe-u.com

   *下記の内容をご連絡ください。
「2018年10月18日(木)18時〜木曜会 参加申込み
ご氏名 卒業年: 年 学部 ご連絡先: 電話 FAX 」 

以 上

▲TOPに戻る

 第12回KOBE工学サミットin Tokyo

日時

30年10月17日(水)受 付 1 5 : 3 0 〜

場所

神戸大学東京六甲クラブ

詳細

日 時:30年10月17日(水)受 付 1 5 : 3 0 〜

 

開催場所:東京六甲クラブ 東京都千代田区丸の内3-1-1帝劇ビルB2

   TEL:03-3211-2916

 

司 会:前塚 洋 機械クラブ東京支部長(M27)

 1 ) 挨 拶 1 6 :00 〜 1 6 : 1 0 大学院工学研究科 冨山明男工学研究科長

 2 ) 講演会KOBE工学サミット16:10〜 18:15    

 

講 演@ ( 16:10〜17:10 )

講師: 神戸大学大学院工学研究科建築学専攻教授 多賀謙蔵氏  

タイトル「迫り来る極大地震動に対抗するための建築構造技術」 

 

講演概要: 都市に大きな被害をもたらした兵庫県南部地震の発生から20余年、日本列島は大地震が集中的に訪れる「地震活動期」の真っただ中に突入していると指摘されています。切迫度が高まる南海トラフの巨大海溝型地震やその前後に多発する内陸直下地震によって、日本の現代都市が未だ経験したことのない大きな被害が起こることも懸念されています。現行の耐震規定を上回るレベルの極大地震動を想定すべきこと、それに対して人命の保護のみならず地震後も速やかに機能維持できる高度な安心・安全を確保するために、建築構造技術が貢献できることや目指すべき方向について、最近の研究事例を交えながらお話しいたします。

 


研究分野: 建築構造工学、構造デザイン   
略  歴: 1979年 大阪大学工学部建築工学科 卒業    
       1979年 株式会社日建設計入社     
      2011年 神戸大学大学院工学研究科  現在に至る

 

講 演A (17:15〜18:15)

 

講師: 神戸大学大学院工学研究科応用化学専攻教授 荻野千秋氏    
タイトル「東南アジアとの連携によるバイオマスからの燃料・化学品生産戦略」

 

講演概要:  バイオマスは循環型社会を構築する上で、石油に代わる有効資源の一つとして考えられている。しかしながら、日本では十分な量のバイオマスを確保するには至っていない。本講演では、バイオマスを著量に有している東南アジアの国々との連携によるバイオマス有効利用戦略についてご紹介したい。特に、荻野らが推進している、インドネシアにおける実例をもとに、どの様なバイオマスの有効利用方法があるのか、生物工学的な側面からの取り組みについてご紹介したい。

 

研究分野: 生物化学工学(微生物育種、バイオマス有効利用、ナノテクノロジー)   

略  歴: 1993年 3月  国立福井工業高等専門学校工業化学科 卒業

      1993年 4月  神戸大学工学部化学工学科 3年次編入学

      1995年 4月  神戸大学大学院自然科学研究科
               博士課程前期課程応用化学専攻 入学   
        1997年 4月  神戸大学大学院自然科学研究科
               博士後期課程分子集合科学専攻 進学

      1999年 7月  同 上 中途退学
       1999年 1月  日本学術振興会 
               特別研究員(DC2)(1999年7月31日まで)

      1999年 8月  金沢大学工学部物質化学工学科 助手  
      2007年 8月  神戸大学大学院工学研究科応用化学専攻 准教授  
      2016年 10月  神戸大学大学院工学研究科
                応用化学専攻 教授(現在に至る)

以 上

▲TOPに戻る

 

 

 特別火曜会講演会のご案内

日時

10月16日(火) 12:00〜13:00

場所

神戸大学東京六甲クラブ

詳細

 元内閣法制局長官、阪田雅裕(さかた まさひろ)氏に「憲法改正の意義と課題」としてご講演頂きます。

 安倍総理の自衛隊明記発言を契機として、憲法の改正が一大政治課題となりつつあります。日本国憲法が今日までなぜ改正されなかったのか、自衛隊を憲法に書き込むことができるのか、それはどのような意味を持つのかなど、憲法改正の法的な意義と課題を幅広く考察頂きます。

 

 ◎ご参加の方は、10月9日(火)までに事務局宛にご連絡下さい。

 

 

1.日時: 2018年10月16日(火)12:00〜13:00   (11時半ごろより昼食を用意します)

 

2.場所:東京六甲クラブ

 

3.演題:「憲法改正の意義と課題」

 

4.講師:阪田雅裕(さかた まさひろ) 氏
      1943年和歌山県生まれ。
      東京大学法学部卒業後、大蔵省(現財務省)入省。
      同省官房審議官などを経て 2004〜06年内閣法制局長官。
      現在は弁護士。著書に『政府の憲法解釈』など。

 

5.参加費:3,000円(昼食を含む)

 

6.お申し込み 期日10月9日(火)

   神戸大学東京六甲クラブ事務局宛

   FAX 03-3211-3147 TEL 03-3211-2916 E-mail tokyo@kobe-u.com

   *下記の内容をご連絡ください。
      「2018年10月16日(火) 12時〜特別火曜会 参加申込み
       ご氏名 卒業年: 年 学部 ご連絡先: 電話 FAX 」 

以 上

▲TOPに戻る