沿革

神戸大学東京六甲クラブ 沿革

 

明治40年(1907) 4月 神戸高商の第一期生が卒業。
大正 9年(1920) 6月 第一回火曜会、丸の内中央亭(東京海上ビル内)で開催。
昭和24年(1949) 4月 新制神戸大学(6学部)としてスタート。
昭和25年(1950)   凌霜会東京支部発足。初代支部長出光佐三氏(明42 出光興産社長)
昭和35年(1960)   第二代支部長に佐渡卓氏(大8 日本国土開発社長)就任。
昭和41年(1966) 5月 東京支部総会で「東京凌霜クラブ」開設が承認される。
  10月 東京凌霜クラブ、帝劇ビル5階出光興産内(27坪)で発足。
    中山正實画伯(大8)から六甲台図書館壁画“青春”の原画の寄贈を受ける。
    第三代支部長に村瀬逸三氏(大15 大正海上社長)就任。
昭和45年(1970) 12月 東京凌霜クラブ、帝劇ビル地下2階(現在の場所)に移転。
昭和47年(1972) 5月 第四代支部長に澤村貴義氏(昭12 日本通運社長)就任。
昭和52年(1977) 1月 第五代支部長に加藤正氏(昭11 出光石油化学社長)就任。
昭和59年(1984) 8月 出光興産からの10百万円を含め、寄付金16百万円でクラブ全面改装。
平成 3年(1991) 1月 第六代支部長に水上芳美氏(昭19 長谷工コーポレーション社長)就任。
平成 5年(1993) 5月 規約改正で名称を「凌霜会東京支部(通称、東京凌霜クラブ)に変更。
  9月 東京凌霜クラブ内に“東京KUC”を併設し、全学部卒業生に利用を呼びかける。
平成 6年(1994) 5月 全学部を対象とした“KUCヤング会”の発足を決定。
平成 7年(1995) 2月 昭和40年代卒業の会員を対象にした“ミドル会”を始める。
平成10年(1998)
3月 阪神大震災にあたり、“神戸大学義捐金”を募集。2,596名から8.7百万円が集まり、神戸大学合同慰霊祭に贈る。
平成12年(2000) 5月 第七代支部長に直野徳氏(昭28)就任。
平成14年(2002)
9月 インターネット委員会発足によりホームページ公開。
平成17年(2005)
10月 全学部持ち回りの講演会“木曜会”の第一回開催。
平成18年(2006)
5月 第八代支部長に芳村昌一氏(昭30法)就任。
  4月 凌霜クラブ内に神戸大学東京オフィス発足。
  1月 40周年記念募金を募る。1年後に合計12.2百万円集まる。
  5月 第九代支部長に團野廣一氏(昭31営)就任。
  10月 東京凌霜クラブ創立40周年記念パーティ開催。
  12月 クラブの厨房とロビーの改修工事を実施。
平成19年(2007)
6月 神戸大学基金に協力すべく基金協力チームを発足。
平成20年(2008) 11月 「火曜会」、4,000回記念会を開催。
平成21年(2009)
5月 第十代支部長(初代理事長)に茂木孟氏(昭34営)就任。
  11月 クラブにおいて神戸大学主催の第一回卒業生ビジネスリーダー懇親会開催。
平成22年(2010)
1月 クラブ改革プロジェクトチーム発足。
  5月 「東京凌霜クラブ」より「神戸大学東京六甲クラブ」に改称することを決定。
平成23年(2011)
4月 「一般社団法人 神戸大学東京六甲クラブ」として登記。
    初代理事長に茂木孟氏(昭34営)就任。
平成24年(2012) 5月 会員の寄付によりクラブ内装一新。
    第二代理事長に宮崎徹夫氏(昭40経)就任
平成27年(2015) 5月 第三代理事長に森口隆宏氏(昭42経)就任。