シンポジウム 【7】

【 テーマ】『運動処方と予防医療:「松本市熟年体育大学」の挑戦』
  
【 座 長】
馬詰 良樹(東京慈恵会医科大学 第一生理学)
      能勢 博(信州大学大学院医学研究科・スポーツ医科学分野)
  
【 演 題】

   1)松本市熟年体育大学の歴史
     能勢 博(信州大学大学院医学研究科・スポーツ医科学分野)

   2)マシンなしの筋トレ:「インターバル速歩」と「熟大メイト」
     根本賢一(松本大学松商短期大学部)

   3) IT ネットワークを用いた遠隔型個別運動処方プログラムの開発
     山崎敏明(キッセイコムテック(株)・ソフトメディア研究所)

   4)「インターバル速歩」の効果に関する科学的証拠の構築とその将来展望
     源野広和( NPO 法人熟年体育大学リサーチセンター)

   5)地域コミュニティの育成にむけての「官」・「民」の取り組み
     井澤雅子(松本市健康福祉部)

   6)健康食品のテストベッドとしての熟年体育大学
―マイクロダイエットとインターバル速歩トレーニングの併用研究―
     鬼塚さやか(信州大学大学院医学研究科スポーツ医科学分野)

 

日本体力医学学会 Feel KOBE
Copyright The 61st Annual Meeting of Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine. All Rights Reserved.