シンポジウム 【3】

【テーマ】『メタボリックシンドロームに身体活動は有効か
            ―身体活動疫学研究から見えてくるもの―』
  
【座 長】
内藤義彦(武庫川女子大学生活環境学部食物栄養学科)

【演 題】
   1)メタボリックシンドロームの診断基準策定の背景と問題点
    土井康文(九州大学病院 第二内科)
  
   2)日本人におけるメタボリックシンドロームの現状
     井上 茂(東京医科大学公衆衛生学)
  
   3)身体活動とメタボリックシンドロームに関する疫学研究のレビュー
     北畠義典(明治安田厚生事業団体力医学研究所)
  
   4)身体活動疫学研究から見えてくるもの
     原田亜紀子(東京大学大学院医学系研究科薬剤疫学)

 

日本体力医学学会 Feel KOBE
Copyright The 61st Annual Meeting of Japanese Society of Physical Fitness and Sports Medicine. All Rights Reserved.