落研合コン














ここに悩める男子が二人。




























二人「あ〜、彼女欲しい!!」



























すると目の前に合コンの精が表れた!!

















合コンの精「二人の為に合コンを作ってあげよう?」












「誰がいいかなぁっと・・・」











そうだ!!















合コンの精「お願い!合コンに行こう!!」
つくね「しゃあないっすねぇ・・・」























「もう一人は・・・」























合コンの精「お願い!合コンに行こう!!」
彗架ちゃん「行く行く!!!」





































という事で(?)早速合コンスタート!!
















覇丸「どんな子が来るんだろうなぁ」
もて太「可愛い子が来たらいいですね」









合コンの精「お待たせー。連れて来たよ。」













「この子がつくねちゃんだよー」

















「そしてこの子が彗架ちゃんだよー」
























まずは飲み物選びから。









つくね「私、この光るやつがいいー」





二人「生2つお願いします」





彗架ちゃん「芋焼酎ロックで!!」




















芋焼酎ロック!?










いや、まさかそんなはずは・・・







きっと聞き間違いなんだろう・・・























そうこうしてると飲み物が来たようで。









つくね「キャー、これすごーい♪」

















そして・・・































やっぱり芋焼酎キター!!
















きっととってもお酒が好きな子なんだろうね・・・


















まぁ、気を取り直して。

カンパーイ!!
















「じゃあ早速自己紹介タイムだー」






「甲家覇丸って言います!彼女募集中です!!
よろしくお願いします!!!」








「甲家もて太です。金持ちです。
どうぞよろしく〜」











「つくねです〜合コンとか初めてだから緊張しちゃってます。
よろしくお願いします♪」
















「彗架ちゃんだよー!!彼氏募集中だよ!
よろしくね!!」




















・・・

















しばらく楽しく談笑しています。









































すると彗架ちゃんに異変が・・・






























彗架ちゃん「キー!!なんでこの女ばっかり!!」









彗架ちゃん「許せない・・・こうなったら!!」




































彗架ちゃん「このトウガラシを飲み物の中に入れてやるんだー♪」
















可哀想なつくねちゃん。


彗架ちゃんの思惑通り知らない内にトウガラシ入りのカクテルを飲まされてしまうのか・・・



































つくね「これ、おいしいよー。彗架ちゃんも飲む??」





















つくねちゃんラッキー!!

































一方、彗架ちゃんは・・・


「くっそー・・・もうどうにでもなれー!!」






「からー!!!!」

















自業自得だよ、彗架ちゃん・・・

































しかし、意外と二人に大ウケ。

























彗架ちゃん「こんなはずでは・・・
よしっ、今度こそ!!」















つくね「わぁー、カシスオレンジおいしそう♪」









彗架ちゃん「今に見てろよーコノヤロウ!」








爪楊枝を取り出した彗架ちゃん。























彗架ちゃん「飲むときに上アゴとかに刺さっちゃえ・・・」



















またもや彗架ちゃんの魔の手が忍び寄る!!





















覇丸「それおいしそうやねー」
つくね「飲んでもいいよ♪」





















覇丸ナイス!!









「いただきまーす」

「痛っ!!なんか刺さった!!」



































少し可哀想な覇丸・・・










彗架ちゃんだけが、白々しく心配してます。






















すると・・・




覇丸の心に何やら異変が起こったようで。










それからというもの二人は大盛り上がり!!






























楽しそうに話し込んでいた後、しばらくすると恒例のトイレ会議が開かれます。



































覇丸「お前、どっち狙ってんの?」
もて太「せーので好きな方の名前言いましょうよ」
覇丸「じゃあ、そうしようか」














というわけで、













せーの!!








「彗架ちゃんが好きやねん・・・」             「彗架ちゃんが好きみたいですー」




















・・・


























「エー!!」











覇丸「お前には負けへんからな!!」
もて太「格の違いを見せてあげますよ」




































そして、合コンが再開・・・














とってもモテモテな彗架ちゃん




































合コンの精「そろそろ告白タイムだよ〜♪」




















覇丸「僕と付き合ってください!!」



















もて太「ちょっと待ったー!!」



















「・・・」




























二人に告白されて困った顔の彗架ちゃん。


























すると、






















彗架ちゃん「実は、わたし・・・男なのっ!!」






























二人「エー!!」




























彗架くん「でも私は全然気にしないから!!
よろしくね!もて太クンッ♪」
























もて太「たすけて〜!!」


















こうして一組のカップルができあがったのでした。


〜完〜