落研デスノート









いつもながらのだらだらした部室の空間








やることがないのでとりあえずトランプでもはじめてみる


















そこになんと入り口から見たこともないような生物が!!!












あごが長くて左手にかまのようなものを持っている生物!!




ま、まさか!





こいつは死神!!!????













しかしこいつは人間の目には見えないらしく、




トランプをしてる人もまったく気づいていない。









???








おや?





死神の右手になにやらありますね













なんだろう・・・







デ、デスノートだぁぁぁぁ!!!!










そして死神がこのデスノートを部室に置いた!












蒲勝さんがノートを発見する!








「やってらんねぇ!!!」
ノートが気になり負けそうなトランプをむりやりやめて









みんなにバレないようにさりげなくノートを手に入れる






そしてそのノートを手に入れた瞬間!







「死神だぞ〜!」


「うわぁぁぁぁぁぁああ!!」








なんと死神が見えるようになったのである!









そしてこのノートは一体何なのかを死神に訊ねたところ







「このノートに書かれた名前の人間は、必ず死ぬのだ」





「なにぃ!」





「そして死因も書くとそのとおりに死ぬのだ!」








「すごい!これはためしてみる価値はありそうだ!」








そういって彼はトランプで負けた腹いせに他の3人の名前をそのノートに書くことを決めたのである。













「クックック・・・本当かどうかためさせてもらおう」





まずは・・・






可愛家しぐれ
ぬいぐるみと戦って殺される






早速書いてみる。


















一体本当に書かれた事がおこるのか・・・
















不安になりながら








疑問に思っていたそのとき!!







ぬいぐるみ(フモフモさん)がしぐれの前にあらわれる!





しぐれ「ぐわ〜〜〜〜〜〜!!!」







バタッ













「クックック・・・このノートはすばらしい・・・ほかも殺してしまおう」






















可愛家さにい
えびぞりで死ぬ

















「さて、どうなるのだろう・・・」





















こ、腰がっっっ!!!












えびぞりにっ!!!!



















バタッ・・・




















「さて、最後はこいつだ・・・」


死神「人間っておもしれぇ」








「どんなことを書いてやろうか・・・」









「そうだ、こいつは確か香川県出身。」







うどんの食べすぎで死んでもらおう」









甲家覇丸
うどんの食べすぎで死ぬ









それを書いた直後に


















「あ、そうだ!おなかがすいたからうどんを食べよう!」









そういって部室を出て



大雨の中、食堂へ向かう





「いやー、まじで腹減った。めちゃくちゃ喰おう」










そして彼の前に並べられたものは・・・















「え〜い!一気に4玉だ!!」






すごい量である







それをノンストップで食べ始める










バクバクッ!










〜その頃〜




「くっくっく・・・ばかめ・・・」































〜その頃の死神〜




りんごが好きなのでりんごジュースをかじっている

















「バクバクバクバクッ!!!」









そしてついに!!!











「あ〜くったくった〜!!!」






食べ終わる!!!







そして部室に帰ろうとする。









と、そのときであった!!!












お腹に激痛が!















「これはやばい!下痢になった!」















すごい勢いで雨の中を走る覇丸




はしって、はしって、はしって








トイレにいこうとするが!








ついに限界がきてしまう!!!






あ〜〜〜〜!!!もうだめだ!!!







「ここでするしかない!!!!」





そういって彼のとった衝撃的な行動!!






すごい!




すごすぎる!


























とんでもない下痢だ!!












そのあとに助けを求めようと部室まで戻るが






戻った直後に











死亡。

















「これで3人とも始末できた」








「素晴らしすぎる!!これを使って落研の神になってやろう!ふははははは!!」







こうして一人の悪が落研から生まれたのであった










続く