神戸大学公益財団法人神戸大学六甲台後援会
理事長ご挨拶定款
事業内容
役員
資産関係ロイ・スミス館
お知らせ
ご寄付
お問い合わせ

神戸大学
(社)凌霜会kobe-u.com
 
 ロイ・スミス館

  神戸大学の西、護国神社横の坂道を登ったところにあるロイ・スミス館に、神戸大学六甲台後援会の事務所があることは、皆さんには余りよく知られていません。

ロイ・スミス館は、六甲台後援会が1960(昭和35)年にロイ・スミス(Roy Smith)先生のために、立派な庭のある2階建の住宅を購入したもので、同年「ロイ・スミス館」の命名式と披露パーティが行なわれました。その後その家は、先生が日本を離れられた1968(昭和43)年まで先生のご住居として利用されました。

ロイ・スミス先生は、1909(明治42)年に神戸高等商業学校に赴任して以来、1968(昭和43)年に神戸大学を退職し帰国されるまで、戦中・戦後の一時期を除き、半世紀を越える期間にわたり、神戸高等商業学校、神戸商業大学、同予科、神戸経済大学、そして神戸大学において学生の教育に献身的に携われました。

先生が帰国されてからロイ・スミス館は、神戸大学に来られる外国人研究者の宿舎として利用されるようになりました。また大学紛争時、学舎が封鎖された時には大学本部経理部と広報委員会の事務室となり、新聞記者の皆さんのクラブ室ともなりました。

1972(昭和47)年、スミス先生を記念して、この会館の玄関正面の壁と門柱に、40センチ×60センチのブロンズ板に、「THE ROY SMITH HOUSE IN MEMORY OF PROF. ROY SMITH 1878-1969」と刻まれた銘板が取り付けられました。

しかし、時間の経過につれてロイ・スミス館も次第に老朽化し、宿舎として利用して頂くにはいろいろ支障が出るようになってきました。後援会としては、その都度、部分的な修理を重ねて参りましたが、近年相当大規模な改修工事を行い、外国人研究者用宿舎としての居住環境の改善を図りました。

2011(
平成23)年10月28日に国の登録有形文化財(文化庁)として登録されました。


ロイ・スミス館 沿革

ロイ・スミス館の様子をご覧になりたい方は下記をクリックして下さい。
  ⇒ ロイ・スミス館フォトギャラリー

  ⇒ 神戸市ホームページ
ロイ・スミス館紹介(pdf
    「ロイ・スミス館」
の景観形成重要建築物等の指定についてのページへ



   
ホーム
公益財団法人 神戸大学六甲台後援会
〒657-0068 神戸市灘区篠原北町4-11-5 / TEL 078-861-3013 / FAX078-861-3013
E-mail:rokkodaifund@kobe-u.com
Copyright(C) 2007 Kobe University Rokkodai Foundation All rights reserved.