就活ライブラリTOP

鈴木美伸さん略歴鈴木美伸さん

東京エレクトロン株式会社にてセールス・エンジニアを経験後、能力開発担当になる。日本生産性本部(現・社会経済生産性本部)組織革新コースにて間接部門の効率化について研究。人事部に異動後、採用業務を担当。理工系新卒の採用、留学生採用に注力し、インターネットに対応した採用手法の開発に取り組む。同社を退社後、フリーランスとしてコンテンツ・ライターおよび採用コンサルティングの業務を開始。
米国サイエント株式会社(2001年6月、MBOにて日本企業として独立)入社。リクルーティング・ディレクターとして日本法人の立ち上げに携わる。2002年5月、有限会社stage41を仲間と起業。キャリアカウンセラー仲間と大学と企業の人材育成の連携を研究している。

 

この記事に対するご意見、ご感想お待ちしてます。
jn-admin@kobe-u.com
までお願いします。

  週刊採用担当者  
  第23号(回答のできるのが社会人)  
  先日、都心の大学で模擬面接を行いました。Professional Recruiters Clubの仲間数名もシーズン直前のウォーミング・アップだ!と腕まくりして行ったのですがまだ時期が早いようで、残念ながらそれほど高いレベルの面接まではできませんでした。マナーや敬語はすぐに上達できますが、高いレベルの面接に対応するには、基本的な考え方が大人になっていなければなりません。

面接でのチェック・ポイントをスキル系と心理系に分けてみると、前者は面接室への出入りの仕方、挨拶・態度、敬語の使い方、質問の反応スピード、質問の理解力等であるのに対し、後者は応募者の性格、情熱の指向性、ものごとの視点、発想のユニークさ等です。つまり、前者はある程度の基準というべき「正解」が用意されています。それに対し、後者は応募者個人の価値観や個性を問うものであり、「正解」は存在していません。いわば前者は不合格にならないためのものであり、後者は合格するためのものといえるでしょう。

しかし、採用選考の難しいところはどんなに良い面接の答えを戴いても、その答えが他の多くの応募者と同じものであれば差をつけられないところです。つまり他の応募者と相対的に差がつくまで、その違いがわかるまで深く質問していかなければなりません。ですから自己紹介や志望動機を伺う時、その個性が際立つような表現を聴かせて頂けると助かります。何か特別な賞を貰ったとか、優秀な成績を収めたとかの実例がなくても結構です。一般的な実例でも、その捉え方についてオリジナルな発想や視点を聴かせて戴ければ良いのです。

過去の事実は変わらないが、過去の見方は変えられる。

これは私がカウンセリングの勉強をしていた時に習った言葉ですが、自己分析をする時にはこの視点で行って欲しいと思います。過去のある時点で起きた出来事は決して変わりませんが、その事実をどのように見ることができるかは、その時の貴方の精神的成長度によって変わります。いや、変えられます。過去の事実を今の考え方で見るというと、何だか自分の都合の良いように自己分析を行っているように思われる方も居るかもしれませんが、ある意味それが大人になるということです。過去の事実を考える時、精神年齢までその出来事の時点に遡ってはいけません。今の貴方の年齢において、精一杯、考えて見て下さい。そしてそこに高いレベルの面接への答えがあります。

社会人にならないとなかなか使わない漢字のひとつに「回答」という言葉があります。小・中・高・大の長い学生生活では「解答」を求める訓練が殆どであり、ふつう、それには唯一の「正解」が用意されていました。ところが、社会においては、「正解」を問うものよりも「価値」を問うものが多く、そのこたえは、「回答」です。学生の方には就職活動を通じて、唯一の「解答」を求めてきた学生時代から、無数の「回答」が求められてくる社会人の世界に気づくような精神的成長を期待したいと思います。

 
 


Copyright2003 Yoshinobu Suzuki All rights reserved
 
Supported by kobe-u.com

本Webサイトは、kobe-u.com 及び 松下電器産業株式会社 の協力支援をいただき運営しております。