就活ライブラリTOP

鈴木美伸さん略歴鈴木美伸さん

東京エレクトロン株式会社にてセールス・エンジニアを経験後、能力開発担当になる。日本生産性本部(現・社会経済生産性本部)組織革新コースにて間接部門の効率化について研究。人事部に異動後、採用業務を担当。理工系新卒の採用、留学生採用に注力し、インターネットに対応した採用手法の開発に取り組む。同社を退社後、フリーランスとしてコンテンツ・ライターおよび採用コンサルティングの業務を開始。
米国サイエント株式会社(2001年6月、MBOにて日本企業として独立)入社。リクルーティング・ディレクターとして日本法人の立ち上げに携わる。2002年5月、有限会社stage41を仲間と起業。キャリアカウンセラー仲間と大学と企業の人材育成の連携を研究している。

 

この記事に対するご意見、ご感想お待ちしてます。
jn-admin@kobe-u.com
までお願いします。

  週刊採用担当者  
  第20号(採用担当者への質問)  
 

読者の方から、下記のようなご質問を戴きました。「会社説明会に出席しても、どの企業も同じようなことを話していて企業ごとの違いや業界内でのポジショニングがはっきりしない。どういった点に注目して聞けば、あるいは質問すれば分かるようになるでしょうか?」実際つまらない会社説明会は多く、企業の説明方法ももっと工夫して欲しいと思いますが、結論から言ってしまうと、会社説明会だけでその企業の良さや悪さはわかりません。

そもそも会社説明会とは、その企業や業界について「何も知らない学生」を対象に構成されているものが多く、基本的な説明が中心にならざるをえません。また説明会での質問は、採用担当者の熟練度(結構、差があります)によって回答が異なりますから、それだけで判断するのも危険です。面接をしていて企業選択のポイントを伺うと、「私を面接してくれた人をみて判断します。採用担当者は企業の顔ですから。」とおっしゃる方もおります。個人的には嬉しいことですが、採用の仕事をしたいのならともかく、そういった企業の部分的な情報だけで判断される方は残念ながら採用は難しいです。

採用担当者にも言い分(言い訳?)はあります。「自社の独自性は他社と自社を比較してみて学生の方が自分で苦労して理解して戴くものであり、逆に私たちは応募者がそれをどれだけ研究・理解して自社を選んでくれたのか(→志望動機)を知りたいのです。」勿論、ここでは正しい業界知識を求めているのではありません。そういった難題に対して、どのような思考と姿勢でどんな行動をしたかを知りたいのです。

さて、これで終わってしまうとちょっと面白くないので、ダメモトでちょっとだけ採用担当者への突っ込み質問を考えてみましょう。従業員のキャリア自律を求められる昨今、例えばこんな質問はどうでしょうか?

貴社には従業員の意志を尊重するためにどんな制度や方針がありますか?

この質問の前提は、「良い会社とは個人と企業の価値観をマッチさせようと努力している会社」という定義で、いま多くの企業が一生懸命に考えていることです。これで返ってくる回答が、
 「自己申告制度や目標管理制度があります。」→これはもうどこでも当たり前。
 「社内公募制度があります。」→まあまあ。社内公募制度が上司の推薦不要であれば、なかなかOK。

しかし、ここで制度が無いからと言って、遅れた会社とは限りません。中堅企業や高成長企業では制度よりも運用で対応するのがふつうです。(そもそも制度は大企業に必要なものです。)

 「ウチの会社は上司の言うことに納得できなければ、その上の上司に言って良いよ。

こんなユニークなオリジナルの回答がスッと返ってくる会社は面白い。実は、これは私が勤めていた会社の不文律でした。上司の上司を説得できれば、上司が何と言っても自分の考えを実行できるのです。このような制度になっていない、その会社の風土を表しているような「金言」が大企業になってもちゃんと守られている企業って(あんまり多くないのですが)良い会社が多いですよ。それはとりもなおさず、経営者の意志が伝わっているということなのです。あ、でもこれだけで会社を決めないで下さいね(^_^;

 
 


Copyright2003 Yoshinobu Suzuki All rights reserved
 
Supported by kobe-u.com

本Webサイトは、kobe-u.com 及び 松下電器産業株式会社 の協力支援をいただき運営しております。