就活ライブラリTOP

鈴木美伸さん略歴鈴木美伸さん

東京エレクトロン株式会社にてセールス・エンジニアを経験後、能力開発担当になる。日本生産性本部(現・社会経済生産性本部)組織革新コースにて間接部門の効率化について研究。人事部に異動後、採用業務を担当。理工系新卒の採用、留学生採用に注力し、インターネットに対応した採用手法の開発に取り組む。同社を退社後、フリーランスとしてコンテンツ・ライターおよび採用コンサルティングの業務を開始。
米国サイエント株式会社(2001年6月、MBOにて日本企業として独立)入社。リクルーティング・ディレクターとして日本法人の立ち上げに携わる。2002年5月、有限会社stage41を仲間と起業。キャリアカウンセラー仲間と大学と企業の人材育成の連携を研究している。

 

この記事に対するご意見、ご感想お待ちしてます。
jn-admin@kobe-u.com
までお願いします。

  週刊採用担当者  
  第6号(ジェネラリストとスペシャリスト)  
  神大生から「ジェネラリストとスペシャリスト」について知りたいというお問い合わせを頂きました。採用面接においても「御社はジェネラリストとスペシャリストのどちらを求めるのですか?」というご質問をよく戴きます。その答えは「企業は何故、新卒採用を行うのか?」という問いの中にあるのではないでしょうか。

この問い合わせを寄せて戴いた方はジェネラリスト指向だそうですが、「世の中はスペシャリストを求める声が多いので・・・」ということです。ジェネラリストとスペシャリストという言葉をどのような意味で捉えられているか分かりませんが、一般には下記のように思われているのではないでしょうか?

ジェネラリスト→特定の分野に拘らない汎用性をもった人、潜在的な能力・マネジメント力をもった人

スペシャリスト→特定の分野の専門性をもった人、顕在的な資格・技術力を持った人

(極論すると、ジェネラリスト→文系・経営者、スペシャリスト→理系・技術者、とも言えるかな。)

雇用情勢の厳しい今、確かに能力が顕在化して手に職をもっているように見えるスペシャリストの方が求められているようでしょうが、それは中途採用(キャリア採用)の分野です。メディアは「企業は新卒採用にも即戦力を求めている」と盛んに囃し立てますが、それも正確に言うと「企業は早く戦力になれる人を求めている」です。本気で企業が即戦力を求めたら、新卒採用は行わず中途採用だけになります。

つまり、「企業は何故、新卒採用を行うのか?」という問いの答えは、「新卒の最大の魅力は何か?」という問いの答えと同じで、当たり前のことですが「無限の可能性をもったポテンシャルがある」からです。ですので、あまりに小さく特定の分野で固まろうとする人よりは、大きく成長する可能性のある方を採用したいと思うでしょう。企業にもよりますが、ハッキリ言えばスペシャリストに拘り過ぎる人は避けたいと思うでしょう。(自分のやりたいことに拘りをもった人を避けるという意味ではありません。)

それに実際に働いた経験がないうちに、仕事におけるジェネラリストとスペシャリストの適性はなかなかわからないのではないかと思います。職業経験の無い方の専門性は余程のものでない限り企業では通用しませんし、ジェネラリストかスペシャリストかの指向性を感じるのは、目の前にある仕事をどうしても自分の手でやりたいか、他人に任せられるかの違いを感じる時で、それは20才後半くらいからではないのかなと思います。

ジェネラリストとスペシャリストを指向性(視野)の違いでいうならば、私はどちらでも良いと思います。ジェネラリストとスペシャリストを対局する概念と考えないで、ジェネラリストは仕事をマネジメントするスペシャリストという言い方もできるでしょう。どちらも企業には必要です。もっと大事なことは、いずれのタイプであれプロフェッショナルであるということだと思います。ここで言うプロフェッショナルとは相手に対して何らかの価値を生み出すことのできる人という意味です。仕事を自己満足に終わらせないで、仕事仲間に、顧客に、社会に価値を生み出していける人のことです。

 
 


Copyright2003 Yoshinobu Suzuki All rights reserved
 
Supported by kobe-u.com

本Webサイトは、kobe-u.com 及び 松下電器産業株式会社 の協力支援をいただき運営しております。