就活ライブラリTOP

鈴木美伸さん略歴鈴木美伸さん

東京エレクトロン株式会社にてセールス・エンジニアを経験後、能力開発担当になる。日本生産性本部(現・社会経済生産性本部)組織革新コースにて間接部門の効率化について研究。人事部に異動後、採用業務を担当。理工系新卒の採用、留学生採用に注力し、インターネットに対応した採用手法の開発に取り組む。同社を退社後、フリーランスとしてコンテンツ・ライターおよび採用コンサルティングの業務を開始。
米国サイエント株式会社(2001年6月、MBOにて日本企業として独立)入社。リクルーティング・ディレクターとして日本法人の立ち上げに携わる。2002年5月、有限会社stage41を仲間と起業。キャリアカウンセラー仲間と大学と企業の人材育成の連携を研究している。

 

この記事に対するご意見、ご感想お待ちしてます。
jn-admin@kobe-u.com
までお願いします。

  週刊採用担当者  
  第2号(キャリアとは何か?)  
  最近は「キャリア」という言葉がブームになっています。みなさんはこの言葉をどのような意味で使っていますか?この言葉は時代の変化とともに新たな使われ方、意味づけが行われてきましたが、ここでその意味について整理しておきましょう。次の3つの学問的視点、時間的視点から分類してみるとわかりやすいのではないかと思います。
  1. 社会学的意味(≒仕事歴)
    資格、学歴、職歴をさす。
    個人の過去からの実績・経験。
  2. 経営学的意味(≒仕事人生)
    個人の持つ専門性と人的ネットワークの組み合わせ。
    個人が過去の経験を通じて、現在保有しているもの。
  3. 心理学的意味(≒人生)
    仕事を通じて個人が感じる生き甲斐、やり甲斐、生きることの意味づけ。 個人が過去・現在を通じて未来に向けて生きていこうという姿勢。

もっともふつうの使われ方は、1の個人が努力して積み重ねてきた経験歴ではないかと思います。社会人であれば仕事歴が中心でしょうし、学生のみなさんであれば勉強歴が中心でしょう。

そういった過去からの実績の何がその人の現在に役立っているのかという視点で考えると、2の「専門性」と「人的ネットワーク」の組み合わせがその正体と言えるでしょう。キャリアというとこの「専門性」を重視しがちですが、大事なことは、「専門性」だけではなくそれを活かす「人的ネットワーク」を持っているか、ということです。どんなに優れた能力を持っていても、それを活かす「場」に居ないと役立ちません。野球が得意なら野球部に、ギターが得意なら軽音楽に。皆さんが就職活動を行うということは、皆さん自身が持っている専門性を明らかにして、それを最大限に生かせる企業(→人的ネットワーク組織)を見つける、ということですね。

そして3番目の意味ですが、これはカウンセリング心理学からの見方です。キャリアは、個人の職業・職場の選択過程において積み重ねられるもので、生涯を通じて展開される個人独自のものである、と考えます。 就職活動を通じて、皆さんは新たな自分と出会い、新たな自分を創造していくことになると思います。

さて、皆さんにとってはどれが一番、シックリきますか?

 
 


Copyright2003 Yoshinobu Suzuki All rights reserved
 
Supported by kobe-u.com

本Webサイトは、kobe-u.com 及び 松下電器産業株式会社 の協力支援をいただき運営しております。