神グリとは

神グリの活動の写真

神戸大学グリークラブ(愛称「神グリ」)は、神戸大学が神戸高等商業学校と呼ばれていた時代から1世紀以上存在する伝統ある男声合唱団です。

部員数は2014年1月現在で27人(1~3回生の人数。本来1~4回生の4学年で活動していますが、4回生は12月の定期演奏会で卒団しました)。 1学年あたり10人前後で活動しています。男声合唱団なので当然全員男性です。 六甲台を活動の拠点としているため、経済・経営・法学部や工・理学部の学生が多いですが、遠くは海事科学部から来ている人もおり、 さまざまな学部から様々な趣味趣向を持った人が集まっています。

音楽経験がないとキツいのでは? と心配する必要はありません。
中高で合唱部に所属していた等の本格的な経験者はあまりおらず、 たいていの人は音楽の授業でかじった程度、大学で神グリに入ってから本格的に合唱を始めています。 このように素人ばかりの集団ですが、恵まれた先生方の下、日々練習を重ねています。

TO TOP↑

主な活動内容

演奏活動

我々の最大の目標は毎年12月に行われる定期演奏会です。

我々は一般的な4月始まりの「年度」ではなく、定期演奏会から次の定期演奏会までの1年間を活動単位としており、 この演奏会は1年間の活動の締めくくりとして大変大きな意味を持ちます。

さらに、7月には他大学等の合唱団とジョイントコンサートを行っており、年度の半分の節目として前半期の活動の目標としています。

このジョイントコンサートでは、定期演奏会とは異なり、当団技術顧問の阪上先生ではなく団外の先生に客演指揮をお願いしております。 他の合唱団と団員同士で交流を深めるだけでなく、色々な先生方から幅広くノウハウを吸収することで刺激を受け、 団員の視野を広げ自団の中だけで閉塞してしまわないようにすることにも一役買っています。

他にも、兵庫県合唱祭への出演、大学近くの教会をお借りしたミニコンサートや商店街での街頭演奏など、 主に地元六甲の方に神グリを知っていただき見守っていただくことを目標に積極的な演奏活動を行っております。

合唱だけでない、多岐にわたる活動

神グリは男声合唱団ではありますが、合唱だけをやっているわけではありません。

練習後に連れ立って夕食のテーブルを囲むのはもちろん、 たとえば節分には部室で豆まきを行ったりと、季節に合わせたイベントも開催されます。

さらに、練習で使わせていただいている教会で行われるバザーのお手伝いをしたりもしています。

また、部内でのサークル活動も盛んです。 サッカー・テニス・カラオケ・ツーリング・麻雀・創作活動・バンド活動などジャンルは多岐に及んでおり、気の合う仲間と熱中しています。

このように、合唱以外にも様々な経験ができるところも神戸大学グリークラブの魅力の一つです。

TO TOP↑