どうぶんについて

どうぶんの活動

どうぶんは(児童文学に限らず)小説や詩、絵本、書評などの文芸活動を行っている大学公認の団体です。

普段の活動は大きく分けて、部誌『すぎかえる』を作る部誌製作、

そして互いの作品を読み合う『合評会』の二つになります。

部誌製作

どうぶんでは、春の新歓祭・秋の六甲祭に合わせて基本的に年に二回『すぎかえる』を刊行しています。

具体的にはどんなことをしているのか、簡単に説明しますと以下のような感じになります。

1.執筆

まずはどうぶんの最も基本的な活動、執筆です。

締切に向けて部員が個人で作品を作ります。現在の『すぎかえる』は小説が主になっていますが、基本的に「紙に載るものなら何でも」ということで、 制限はとても少ないです。自由な活動がどうぶんのいいところ。作品のレイアウトも各人に任されます。

ちなみに、自分は創作はしないと宣言している「読み専」と呼ばれる部員も存在します。しかし他の部員に感化されて書き始めることもあるとかないとか。

2.編集

集まった原稿を元に、各号ごとに決められた編集責任者が部誌の形に編集していきます。

表紙の用意や作品の掲載順の決定、目次・編集後記・奥付や作品以外のあらゆるレイアウトは編集責任者の手によるものです。 各号ごとに用意されている作品テーマを決めるのも彼らの仕事。

3.印刷

編集し終わったら元原稿を元に、大学の輪転機(2017年度からコピー機になりました)で必要部数を印刷します。

4.製本

印刷した原稿を本の形にまとめていきます。

一口に製本と言ってもここからが大変で、「折り」「田植え」「積み」「糊付け」「表紙折り」「表紙付け」「切り」といった行程があります。 このあたりは怒涛の人海戦術ですが、喋りながら語りながらのにぎやかな作業です。

ミスやズレなどで一般向けに出しにくい仕上がりになってしまったものは通称『だめかえる』。部員用や部室保存用になったりします。

5.配布

出来上がった『すぎかえる』は一般に無料配布します。

基本的に春の新歓祭・秋の六甲祭での配布に向けた製作になり、加えて国文図書館入り口にも一定部数を設置しています。

一度に作るのは60〜100部程度ですが、増刷も行います。

最近は部誌配布のほかに、一部HP上の掲載(»Works)もするようになりました。しかしレイアウトも作品の一部ですので、部誌本体もぜひお手に取っていただきたいところです。

絵本など特殊なレイアウトが必要なものは、『すぎかえる』とは別の一冊として製作することもできます。


部誌が出来上がると合評会が始まります。

合評会

部誌に載っている作品を部員みんなで読んで、意見や感想を出し合います。これを『合評会』と言います。

基本的に合評する作品は一回にひとつ。最初に時間を取って全員が作品を読み、順番に感想を述べていきます。直に作者に意図を尋ねたり、執筆の裏話が聞けたりするのも合評会のお楽しみです。作者にとっても自分の作品について客観的な意見を聞ける貴重な場です。


また、新歓の時期に新入生や外部の人を交えて行う合評会を『茶話会』と呼んでいます。基本的に内容は同じですが、お茶やお菓子が用意され、来てくださった人に部誌を配ったり、どうぶんの紹介をしたりします。

茶話会について詳しくはこちらへ»茶話会

その他の活動

六甲祭の打ち上げや忘年会、追い出しコンパなど、何かしらにかこつけて年に数回飲み会があります。

他にも企画次第で鍋パーティーや、合宿と称した泊まり込みでの合評会、成人しましたら酒造巡りなどもできます。 部員同士でリレー小説などもしますし、原稿と時間が十分なら年に三回以上『すぎかえる』を作ることだって可能です。

また、どうぶんではOBとの交流も深く、OBが主体となって発行している『フリマ本』に寄稿することもできます。『フリマ本』は業者によるオフセット印刷で仕上げられ、文芸フリマに出品されます。»フリマ本をつくろう

活動日

毎年部員の都合を聞き合わせて調節しますが、2017年度は毎週火曜日が活動日でした。4限の授業が終わった後の17:00〜19:00に活動します。

長期休暇中などで作業が厳しいときには土曜日などに追加の活動が入ったりもします。

活動参加は基本的に自由で、部員それぞれが無理のない範囲で出席して作業に協力します。もちろん活動日以外でも部室に行って作業することはできます。

部室の場所

どうぶんの部室は六甲台キャンパスグラウンド東側のクラブハウス2Fです。

クリックで拡大

地図の右端、国文(国際文化学部)から橋を渡って右を見ると、教科書販売などでお世話になる大学生協(学生会館)が見えるはずです。お店の入口に向かって左へぐるっと回りこんで、 そこにある長く険しい階段を一番上まで上ります。そうして突き当たった坂道をずーっと上っていくと、目の前に見えるのが目的のクラブハウスです。 どうぶんの部室は階段を上がってすぐ右手にあります。

新歓イベントや活動日に見学に行きたいけれど迷いそう! という方は、事前にどうぶんのメールアドレスか、配布チラシに記載の担当者メールアドレスにご連絡いただければ、部員が案内いたします。

部員

現在どうぶんの部員は13名です。

所属学部は文理問わず様々で、男子部員ばかり・女子部員ばかりということもありません。またOBとの交流も盛んで、たまに部室に遊びに来たり、『すぎかえる』に寄稿してくれたりします。

部費

月400円で半期ごとに集めています。一回生前期は無料となります。

連絡先

何かありましたら、お気軽に下記メールアドレスまでご連絡ください。

メールアドレスクリックでメール送信画面へ

配布・掲示しているチラシ記載の担当者メールアドレスの方が、レスポンスは速くなるかもしれません。どちらでもご都合の良い方をご利用ください。

またツイッター@KU_dbnの方でも最新情報など呟いていきますので、そちらにリプライを送っていただいてもかまいません。