2017.4.30 :リーグ第5戦:京都大学戦(男子)@甲南大学レンジ

4930 神戸大学 ○ vs 4918 京都大学 ●

神戸大学

的番 Name 学年 50m 30m Total 備考
1 松下 義幸 4 288 334 622
2 大島谷 遼 2 284 332 616
3 和泉 浩行 4 271 324 595 30m1回目より交代
菱田 欣矯 4
4 山村 健将 4 301 340 641
5 吉村 栄人 2 296 324 620
6 林 啓太 3 281 330 611
7 安達 貴洋 4 278 323 601
8 田村 鷹彬 4 300 324 624

京都大学

的番 Name 学年 50m 30m Total 備考
1 西脇 主税 4 279 327 606
2 山口 拓真 3 315 334 649
3 信岡 正樹 2 285 326 611
4 長屋 翔悟 3 293 325 618
5 杉本 達哉 4 288 324 612
6 山下 光輝 3 294 332 626
7 平野 貴之 2 280 325 605
8 佐野 裕樹 4 266 325 591


リーグ戦、そして1年間お疲れ様でした。
4勝1敗でブロック2位、更には王座進出という素晴らしい結果に私自身驚くばかりです。
55代はリーグ戦を通して常にチームを意識した試合ができていたと思います。
個人競技ではあるものの、点数面ではチームを意識して、誰かがミスをしても他のメンバーがカバーし、
チームとして安定した点数を取り続けることができました。
また、こうした良い雰囲気で試合ができたのは選手の力だけでなく、応援の皆様が盛り上げてくれたおかげです。
選手が射ちやすい雰囲気を作るために、射っていないときから声を出して、点数を出せばみんなで盛り上がり、外したときには励ます。
そうやって選手と応援が一体となって試合に取り組めたことが今回の結果に繋がったと思います。

今回のリーグ戦は私の6年のアーチェリー人生の中で1番思い出に残る試合になりました。
55代という素晴らしい代に神戸大学洋弓部にいられたこと、そしてこんな私に部員みんながついてきてくれたことにとても感謝しています。
リーグ戦を通して55代がさらに好きになりました。王座でもこの55代らしさを全開にして戦っていきましょう。55代の皆様本当にありがとうございました。
次の56代は部員のことをよく見ていてとても頼りになる主将が率いる代で、今以上に練習熱心な部員が多くいます。
部員数は減るものの、彼ら一人一人が大きな可能性を秘めていると信じていますので、今後も温かく見守っていただけると幸いです。
最後になりましたが、応援に来て下さった51代、53代、54代の先輩方を始め、OBOGの先輩方、様々な面で支援していただいた弓影会の皆様方、
本当にありがとうございました。これからも神戸大学洋弓部をよろしくお願いいたします。

55代主将 松下 義幸


リーグ最終戦お疲れ様でした。
最終戦は雲がほとんどなく、少し暑いと感じるぐらい晴れた中での天気の中での試合となりました。
他4戦と比べるとあまり点数は伸びませんでしたが、それでも選手も応援もしっかり声を出して神大らしい、55代らしい試合をすることが出来ました。
その結果、勝利を収め、笑顔でリーグ戦を終えることが出来ました。
また今回のリーグ戦の結果から男子は王座に出場することが決定しました。
そこで結果を残せるように男子は頑張っていきますのでご声援よろしくお願いします。
最後に試合に応援に来てくださった先輩方、本当にありがとうございました。

55代主務 平山 翔一朗