合気道とは


植芝盛平翁により創始された合氣道は、最も合理的、力学的、近代的武道で新聞、雑誌、テレビ等を通じ皆様既に御承知の事と思います。
明治16年、和歌山県田辺市に呱々の声を挙げた植芝翁は、物心ついてより柔道、剣道、相撲、銃剣術、器械体操等何でもよいと思うものは片っぱしからやってのけ、又、諸流の武術を習得すべく全国を行脚、起倒流柔術をはじめ、柳生流、合生流、宝蔵院流、鹿島神刀流等を、そして最後に旧会津藩に伝わった大東流合気柔術を学んだ、その超越した強さは例挙にいとまなく、植芝翁程数多くのエピソードを持つ武道家は前例も後例もない程であります。(大阪武育センター「合氣道解説」より、小林裕和師範文)
  合氣道は日本の古くから伝わるいろいろの柔術の流れなどの中から、開祖『植芝盛平』がその技術を磨き上げ、さらに人格的研鑽によって精神性、求道性をくわえ、“術”から“道”へと飛躍的に完成せしめたものです。
 つまり“不断の心身錬磨をもって人間求道のための修業となり”という開祖『植芝盛平』の信念にもとづいて生誕した独自の近代武道であり、その後さらに社会一般への普及組織化にともなう合理的な整備が裏付けられ今日へと発展しています。
 その要旨によると、『真の武道はいたずらに力に頼って他人と強弱を競うものではなく、自己の人格の完成を願っての求道である』と説き、その体現についての道である合氣道は宇宙偏在の根源の気と、人間“我”の呼吸を通じての氣とが一体化するところにその究極を置くとしています。いわゆる合氣道はこの“氣”と“理”を和する武道といえるのです。
 開祖『植芝盛平』がこの合氣道を世に出すためには、戦前から戦後にかけ、幾多の精神的遍歴を重ねました。中でも、起倒流柔術、柳生流柔術、神陰流剣術、大東流柔術などつぎつぎと修業体得し、さらに日本古来の宗教的教義や古書等を通じ精神的究極を追いつつ、それを武術と一体化したところに大きな特徴が考えられます。
 徒手と相手と対決しながら、その氣を導き制するところの合氣道は、多分に今日的合理性と洗練された格調とをもつ“現代に生きる日本武道”といえるものがあります。
 よって、合氣道は、その起点である日本を中心としながらも国際的に現代人の心を掴み、大きな飛躍につながったのです。
 『合氣とは愛なり。天地の心を以て我が心とし、万有愛護の大精神を以て、自己の使命を完遂することこそ武の道であらねばならぬ。合氣と自己に打ち克ち、敵して戦う心無からしむ、否、敵そのものを無くする絶対的自己完成の道なり。而して武技は天の理法を体に移し霊肉一体の至上境に至るの業であり、道程である。』(開祖『植芝盛平』)



我ら合気道部は以下の時間、養心館において練習しております。

練習時間 場所
月曜 OFF
火曜 17:00〜19:00
水曜 OFF
木曜 17:00〜19:00
金曜 16:00〜18:00
土曜 14:00〜16:00
日曜 OFF