トップページ

御嶽山(記:小宮勇介)
1999年3月21日〜23日


メンバー 小宮勇介(3) 橋本拓(1) 入江信一郎(6)

3/20(土)
 夕方18切符でアプローチした小宮、入江、橋本の3人は木曽福島駅の横にテントを
張り寝た。

3/21(日) 曇りのち雪 
飯森というロープウェーの上の駅10:45-2時ごろ金剛堂の 横-4時ごろ二ノ池BC

 駅からバスでロープウェーへ行く。ロープウェーが点検中だったので30分ほど待た
される。ロープウェーに乗って上の駅につくと、すでに1組のスキー登山者がいて登山道の
右の尾根を登っていった。我々もその後を登った。
 風邪気味の入江はストックを忘れてスキーで登るのが困難なのでスキーをデポする
ことにした。小宮はワカンを忘れてストックもいらないだろうということで持ってこ
なかった。しかしやはりストックがないと登りづらいのでピッケルと木の枝をストッ
ク代わりにしスキーで登った。調子の悪かった橋本は登っているうちによくなった。
 高度を上げるとともにクラストしてきて風雪が強くなってくる。金剛堂を横目に休
み、しばらく登ってから傾斜がきつくなってきたのでスキーをアイゼンに履き替えた
。風が強く時々立ちどまりながら登った。やっとの思いで頂上につき、二ノ池新館小
屋の隣に張ってあるテント二張りの隣にテントを張った。
 寒いのでシュラフに入っているうちにねた。

3/22(月) 風雪強く沈殿。
二つ玉低気圧が通過したようだ。
 天気がよくなれば雪錬と考えたものの風は一向に止まず。本日下山予定の隣のテン
トの人が下と連絡がつかないので無線を借りに来たが通じなかった。この隊は次の日
下山した。

3/23(火) 快晴 
7時から12時雪錬 頂上ピストン 1時過ぎBC発 3:20ロープウェ
ー下駅

 朝起きるとテントの骨組みのポールがはずれており、外張りをはずして立て直す。
朝食のラーメンを食べて雪錬を西側の斜面でした。歩行、ピッケルのつき方、自己確
保、滑落停止、入江さんの様々な確保、スタカットで急斜面の実践練習をした後、橋
本と小宮で頂上ピストン。富士山や南アルプス、乗鞍、白山の方まで景色は最高であ
る。入江さんはしんどいのでBCに帰る。
 テントをたたんでアイゼンで下り、2770m付近のクラストしていないあたりからス
キーで滑り出した。小宮はスキーでターンできずに転びながら進み、斜滑降していく
橋本の後を追った。入江はザックに乗っかって滑っていった。しかし、滑りすぎてト
レースのない谷から尾根に上がるのに苦戦を強いられる。その途中でワカンが何度も
外れて体力を消耗した。一方、藪に入ったスキーの小宮はストックがないので何度も
転びなかなか前に進まなかった。
 何とかロープウェーの上につく。デポした入江のスキーは無事あり橋本が取ってくる。
入江はロープウェーに乗るので小宮のザックも持ってくれた。スキー場を二人で滑り
出すと驚いたことに、荷物を背負っている橋本は空身の小宮と同じスピードで滑った
。ロープウェーの入江さんを下の駅で待って16時のバスにも間に合う。駅近くの温泉に入
り、本日中に神戸へ帰った。

 二晩とも寒い夜で睡眠不足に陥る。にもかかわらず無事下山できてお疲れ様でした。



 トップページ