トップページ

甲斐駒、仙丈岳(記:小宮 勇介)
1999年1月8日〜10日


メンバー 小宮勇介(3) 橋本拓(1)

1999/1/8(金) 曇り後雪 入山
戸台口7:49-12:00丹渓山荘20-15:08北沢峠長衛小屋

小宮が時刻表を調べ間違えており、この日の朝の3時頃岡谷から伊那北へいく。
始発のバスで戸台口までいき、戸台まで1時間あまり車道を歩く。バスが同じだった
単独行の人はヒッチハイクをして私たちを追い抜いた。戸台川が本流に合流するとこ
ろにウソという鳥らしい姿が見える。
戸台川で4,5人が測量をしている。丹渓山荘に入って休憩。しんどい登りを終えて、
小屋近くの登山道に雪で隠れていた氷で転ぶ。この冬一番の冷え込みとラジオが言う
。冬型の気圧配置。


1/9(土) 雪 沈殿
稜線の風がきついということで沈殿する。橋本のもらった酒を飲む。このままいても
冬型が続き晴れないということで明日下山に決定。


1/10(日) 曇り時々晴れ 下山 5:30起床7:05-8:15丹渓山荘8:25-11:15戸台口バス停
獣の足跡を雪の上に追いかけながら下る。来る時にはなかったテントが2張り丹渓山
荘の横にある。長い川原歩きの途中で左岸から右岸に渡る時に、登った時と同じよう
に登山道がなくて、薄らと積もった雪が石を隠していて歩きにくい。
車道からヒッチハイクが出来れば11時前のバスに乗れたのだが、車が1台くらいしか
通らずにヒッチハイク失敗。次のバスは2時半まで来ないのでバス停からヒッチハイク
を試みる。生まれて初めてヒッチハイクに成功。伊那市駅まで送ってもらう。この辺
りは雪が少ないので人工スキー場しかない。スキーをする人は長野のほうまでいくそ
うだ。


 トップページ