トップページ

大峰・弥山-八経ヶ岳(記:中谷 賢人)
1998年11月22日〜23日


メンバー 中谷賢人(2) 小宮勇介(3) 橋本拓(1) 王(1)

11/22 晴れのち曇り
近鉄阿部野橋-下市口駅-天川川合-栃尾辻-狼平-弥山-八経ヶ岳ピストン(6:47)

阿部野橋駅に6:30集合。電車、バスを乗り継いで、9:30分に天川川合到着。トイレ休憩
の後歩き始める。途中の林道を横切るまでがやたらと長く感じられるが問題はない。順調な
ペースで高度を上げる。栃尾辻を過ぎたあたりから雪が地面についており、狼平から上は
真っ白だった。別に歩きにくいと言うほどでもないが、軽アイゼンぐらい持っていても良か
ったかも。14:30弥山小屋着。テントを張って、八経ヶ岳ピストン。山頂はガスって何も見えず。


11/23 快晴
弥山小屋-行者還岳-大普賢岳-和差又ヒュッテ(8:39)

朝起きると気温は5度だった。6:00出発。いきなり急なくだり。雪がついているので滑りやすい。
聖宝宿跡のあたりではもう雪はない。9:16行者還岳、11:56大普賢岳頂上。ここまでスローペ
ースできたせいで、バスの時刻が気になりだす。くだりはペースをあげる。途中のケイブでボルダリ
ングをかますが岩がもろくて無理。しかし上部の方には古いハーケンが打ってあった。誰かが登ったの
だろう。和差又ヒュッテ14:25。後は1時間の林道歩き、、、、のはずだったが、七曜岳付近で出会った
ハイカーの車に拾ってもらいそのまま尼崎まで。いい人だ。 19:04JR立花駅解散。


 トップページ