トップページ

北鎌尾根ー焼岳(記:小宮 勇介)
1998年10月3日〜10日


メンバー 小宮勇介(3) 入江信一郎(6) 明石直子(2)

10/3(土)
中房温泉に着き、きのこ鍋をして露天風呂に入る。


10/4(日) 晴れ
4:30起床5:30出発-9:00燕山荘-燕岳ピストン-10:00山荘-13:30貧乏沢上部標高2549地
点-16:00貧乏沢下部16:20-17:16北鎌沢出合

燕山荘までひたすら上り入江・小宮は燕岳を往復する。明石は行かないでいる。貧乏
沢を下りはじめると始めは水が無かったものの牛首山側の支流と合流すると水が出て
くる。ここは沢くだりで結構時間がかかる。途中で天気図を書く。天上沢に出ると小
宮は倒木を伝って左岸に渡れる。明石・入江はなかなか渡れない。北鎌沢の出合いは
流れてきた岩で扇状地のようになっている。


10/5(月) 晴れ
4:30起床5:32出発-8:00水を汲む-14:00稜線-15:54独標手前のコル

北鎌沢に水が流れているので沢登になる。沢の水が無くなる2200m付近で水を汲む(計
14リットル)。すぐの支沢との分岐で右に行く。傾斜が急になり右のルンゼの左岸を利
用して小宮が上り、残置ハーケンで自己確保してお助け紐で入江・明石のザックを引
き上げてから、二人は確保されてルンゼを登る。沢が二俣になっていて行きやすそう
な左側をく。もう一度そういうふうに左側を行く。岩がもろく土は湿っていて少し滑
り足場が悪いので草をつかみながら登る。落石が多く危ない。入江が登ったルンゼが
恐いので明石は左側の岩を登る。入江は上にも下にも行けなくなる。明石・小宮は左
側の木を伝って入江のいる上部に出る。小宮が入江のザックをお助け紐で引き上げ、
松の木で自己確保して入江を確保する。尾根状の所を登っていくので変だと感じる。
北鎌沢右俣の右岸に乗り上げてしまったらしい。小宮の持ってきたパンの耳が人気だ。
このまま稜線に突き上げようとするが谷で切れており行けないので、下に降りてから
北鎌沢右俣に出る事にする。一度懸垂でおり、明石がトラバースするが動けなくなる。
入江が白樺か何かにザイルを掛けてトラバースしようとしたが駄目で明石と戻ってくる。
北鎌沢右俣の最上部は二俣になっていてその左俣の右岸に懸垂で降りる。小宮は懸垂
しないで降りて10m滑る。大天井岳が良い。割と緩やかなのでこのまま稜線に突き上げる。
稜線上は歩きやすく小さな天場がたくさんある。天気がいいので出来るだけ進む。


10/6(火) 晴れ
4:15起床5:15出発-10:452873ピークの次のピーク11:17-16:00北鎌平

独標を過ぎたあたりでトラバース道があるのに稜線に登りまたおりる。もう一度そん
なことがあり今度は稜線を進む。
2873ピークを過ぎてから左側をトラバースし、コルから右をトラバースし捨て縄
のある稜線に登る。岩がもろくホールドがあまりしっかりしていない。捨て縄への上
りはザイルをはった方がいい。左に懸垂して小宮トップで次のピークに登る。シュリ
ンゲとカラビナで支点を取れたのに岩にザイルを掛けるだけで行く。
右にトラバースしていく。4ピッチザイルを張る。始めの2ピッチでハーケンを打つ。
雷鳥に出会う。足は白い毛に覆われている。
北鎌平手前でちょうどタイムリミットの15時半であった。しかし進む。
北鎌平でちょうど16時なのでここに泊まることにする。


10/7(水) 曇りのち雨
4:30起床5:38出発-6:48槍ヶ岳-12:10北穂高岳12:30-14:38涸沢

朝食を作った後に残った水は1人500mlずつだ。
夜中に地震があったらしい。槍ヶ岳の最後の登りはお助け紐だけで行く。高度感があ
り怖い。久しぶりに他人に会う。
登山道を快調に進み、北穂高岳の登りから雨が降り出す。ここも高度感がある。怖い。
頂上の小屋の軒下で休ませてもらう。
奥穂高岳へは、タイムリミットの12:00を過ぎているし、道が悪いようなので行かずに
涸沢へ下る。
下りに時間がかかる。登山道の目印の丸や矢印がありすぎると感じた。
天気予報が雨で岩が滑りやすくなるので北尾根は行かないことにする。


10/8(木) 雨のち晴れ
5:30起床8:46出発-12:00徳沢12:20-13:07明神14:07-14:50小梨平

夜中に雷がピカッと光る。低気圧が通りすぎた。雨宿りしている軒下で、もう下山す
る社会人の人に缶詰やカレーをもらう。雨が小降りになるころに出る。横尾尾根に赤
い実を食べるサルがいる。徳沢はもとは牧場だったらしく広々としている。マガモが
池から出てきてえさをねだる。明神池で祭が終わったところだった。入江さんのおご
りで、囲炉裏のある店で岩魚とおでんを食べる。6匹の岩魚をおまけしてくれる。中岳
の南ですれ違った夫婦に再会する。小梨平にテントを張って、上高地の一番はずれに
あるホテルの温泉に入る。


10/9(金) 晴れ
6:00起床7:17出発-9:40展望台10:00-10:54焼岳11:20-11:45峠11:55-14:00おもちゃ館
前-14:50温泉口

大きな谷を見ながら梯子をいくつか上る。展望台はとても景色がいい。焼岳は臭い。
シラベの林をくだり車道に出る。おもちゃ館の前で財布を拾う。バス停の近くの橋の
下の露天風呂に入る。高山におりると祭をやっている。


10/10(土)
朝市をみて、鉄道の日記念切符で帰る。

●総括
最後に、9mmロープでリードして良かったのか。
2人用テントは荷物を外に出したのでさほど寝にくくはなかった。
明石の計画した食料は重さ(600g/人/日)の割に盛りだくさんだった。
お疲れさまでした。


 トップページ