トップページ

御嶽山(記:小宮勇介)
1998年4月1日〜4月3日


メンバー 小宮勇介(3) 明石直子(2) 入江信一郎(6)

4/1(水) 雨
 1時に部室集合。買い出しをして、2、3時間雨の中で確保練習。寒い。ロープが濡
れて凄い摩擦がある。
2人とも風邪をひいている。バスで六甲道へ行く。
 21:09分発のちくまで木曽福島まで行く。イスの暖房が熱すぎるので本をケツの下
にしいて寝る。塩尻付近で電線が凍り付いて木曽福島までしか電車が行かなくて、あ
ぶないところだった。


4/2(木) 曇り時々晴れ
 待ち合い室で仮眠をとる。7:07分発のバスで王滝に行き、タクシーでスキー場まで
行く。スキー場の下半分は雪が融けてやっていない。さっそく準備をして入山連絡を
するが通じない。1日券を買いゴンドラで三笠山のふもとへ。天場にちょうどよさそ
うなところが林の中にあり、テントをはる。田の原偵察をかねてスキーの練習をした。
 入江さんのコンパス操作と読図の講議がゴンドラの中で行われる。
 滑るのを止めて三笠山にのぼり天気図を書く。樹林帯の中を田の原まで行き、神社
で引き返す。晩飯を食べ、水を作り寝る。


4/3(金) 快晴
 5:22起床 6:40発-9:00八合目9:10-11:02頂き-雪練2:46-4:00八合目4:30-7:40ざぶ
ん(スキー場の下)

テントを撤収してスキー場のさくの外に荷物をデポしてアタック装備で出発。朝早
いので雪がかたくてスキーのシールがきかないのでスキーをかつぐ。登山道をそれて
キックステップで少し氷化した斜面をのぼっていくと明石がスリップしたのでアイゼ
ンをつける。後で考えると、この場合などは何がおこるか予想しながら歩けてないと
わかる。八合目は小屋がある。
 王滝にスキーをデポした。所々噴煙をあげているところがある。頂きに着き一ノ池
の南側、頂上直下の北側で雪練を開始。コンテの下で落ちる人は手に持ってるロープ
がきつくしまり痛い。上で落ちられると加速しまくりそうで恐い。雪練のメニューや
時間、場所さえも具体的にきめておらず計画のお粗末さで時間が過ぎるのが早く、2
時までとタイムリミットをきめてやったがスタカットも十分にできないまま、ガスっ
てきたので下山することにする。
 斜面がクラストしてきてかたいのでスキーにシールをつけて八合目から小宮と入江
は滑った。明石はかたいので歩く。
 スキーが下手なので予想外に時間がかかり星空を見ながら下山した。荷物を背負う
ととたんに滑りにくくなる。入江・明石のスキーでそりをつくって荷物をのっけて滑
らした。
 帰りタクシーのおじさんが親切で、温泉までいきまた駅まで行くのにきてもらいま
けてくれたと思う。


 トップページ