トップページ

南ア北岳〜農鳥岳(白根三山)縦走(記:中村礼)
1996年12月28日〜31日


メンバー 中村礼(5) 正田哲一(6) 木南晴太(卒)

概要
雪が少なく、ラッセルや寒気を想定していたため、非常に物足りない。しかし.メンバーの
体調が今一歩だったことは、今後の糧になり得る。体力的には、まださほど問題にならなかったが
全体的にスピードが早い。技術的には今後新たに磨く努力が求められそうだ。重量のことで.予備
食の数の限定化は、計画段階での一層の緻密さと、あきらめの一線を引くことで山行を軽くす
る。今後の課題として挙げておく。


12/28
急行ちくまにて離神。
翌朝タクシーで夜叉神峠へ。すごい車の数だ。


12/29 快晴
登山口8:40-11:20あるき沢精一14:30池山小屋TS

正田の足の調子が悪く先を延ばさず泊まる。ホノルルマラソンの後遺症だそうだ。中村もこの間
の御岳山で足が痛い。行動中も湿布の香りが漂う。木南は調子に乗っているらしく腰が痛いとか。
やはり酒を飲み始める。


12/30 快晴
TS6:20一11:50 北岳一12:50 北岳山荘

八本歯ノコルへの下降は難なし。主稜線手前の分岐からは雪崩もあるが今日は大丈夫。主稜線、
そして頂上、あまり感動がない。正田の足の様子見で今日もおしまい。洒がお迎えに来た。用足し
に外に出ると、月明りで雪が反射してコントラストの山のシルエットがとても美しい。


12/31 快晴
北岳山荘6:00一11:10 大門沢/頭一16:45奈良田温泉

月明りで出発。間ノ岳で富士山の横を出ずる日出を愛でる.西農烏岳の登りで山らしい息を呑む
ような眺めを寄る。ロープがいるほどじゃない。大門沢下降地点よりトレースの付いている夏道や
なしに一直線沢をラッセル下降する。やっぱり樹林白のラッセルは山らしい。最後は正田に無理し
てもらい年内下山とする。が、大晦日の夜は飯食うところなく、モスでハンバーガーでした。


 トップページ