冬山スキー合宿 西吾妻周辺 行動記録 - ACKU 神戸大学山岳部

【メンバー】
CL:上野(3) SL香山(3) 天野(3) 下釜(2) 池本(1) 木田(1) 原田(1) 森永(1) 横山(顧問){12/29~1/1}

【日程】
12月28日~1月3日

12月28日

神戸出発。

12月29日

ゲレンデ(天元台スキー場)にてスキー練習。

12月30日

同上+雪練(原田)。ゲレンデ練習はもっと効率の良いやり方があったはず。

12月31日 曇のち晴

6:30 7時までのウエイティングを決定、前日の天気図より天候が良くはならないのではないかとの判断をしてしまい、朝の一時的なガスを警戒しすぎた感あり。
  7:30 出発することにする。西吾妻まで行けなくともスキー練習になると思いとりあえずである。はじめはワカンジキで行く。リフト終点からしばらくは樹林帯であり、スキー登高はできないと思われたからだ。
  9:30 すっかり登りきって中大嶺に着く。この辺りは本当にだだっぴろくすぐには現在地がつかめない。中大嶺にも半信半疑で着く有り様だった。ここからガスがはれ西吾妻山域全体が見渡せた。ものすごく広い。しかし天気図をすっかり信じ込んでいたCLがTSへの引き返しを決定。皆にすまんことをした。スキーで行く。
 10:30 途中でツボ足となり、TS着。午後は晴の中ゲレンデスキー練となった。

1月1日

昨日の天気図と全員の疲労があいまって休養となる。だが天候はたいしてわるくならなかった。横山(顧問)下山。

1月2日 曇のち雪

昨日、一昨日と予備日を使い果たしており、何が何でも上がることにする。
  6:30 TS発。例によってワカンジキで行く。中大嶺と西吾妻の間のだだっ広いところに着く。
  8:30 スキーを履き、シールをつけて歩く練習をする。周りは完全にガスの中、とにかく赤旗12本がなくなるまで行ってみようということになり西吾妻に向かう。だが、天候は悪化していることがわかる。
  9:30 赤旗12本と赤布13枚を使い果たしたため、そこまでとする。全く西吾妻に届かない。だいたいコル中間地点の手前ぐらいだと思う。  10:00 引き返すことにする。
 11:00 TS着。

1月3日 雪

今度は本当に荒れそうなので1日残してはいたが、下山することにする。
  8:30 TS発。荷物をしょってのゲレンデは疲れた。
 11:30 ロープウェー着。

【感想】

今回の合宿はスキーということで全員に気のゆるみが見て取れた。計画についても初心者を3人また山スキーに関してはほとんどの者が素人であることをもう少し考慮すべきであったと反省される。その他にも反省点は多くあり、次の山行に行かすべきであるが、全員がそれなりのスキー技術を得ることができた点は評価できる。初心者がいなくなったと言う点で何とか本山行の意義は満たされたのではないか。最後にスキーコーチとして多大の労力をおかけした横山先生に御礼を申し上げます。またわざわざ上野駅にまで差し入れに来てくださった中川OBはじめ諸兄の御厚意に感謝します。