大峰・川迫川モジキ谷 行動記録 - ACKU 神戸大学山岳部

【メンバー】
CL:天野(3) 下釜(2) 原田(1) 森永(1) 野辺(4)

【日程】
6月23日~6月24日

6月23日 快晴
川合(9:30)-モジキ谷出合(10:50)-赤壁(12:10)-バリゴヤ谷出合TS(14:15)

川合から川迫川沿いに林道を行く。快晴の空のもと、その渓谷美に期待を膨らませる。取水口の堰堤に下り、ワラジをつける。最初の5メートルの滝は右岸を巻く。2段7メートルは右岸のバンドをトラバースして越える。蛙をホールドにして騒ぐ者数名。2段5メートルではハシゴはなく右岸を巻く。木漏れ日の中、所々に色鮮やかなつづじを目にしながらの遡行はなかなかのものである。6メートルの滝の流木はなくなっている。左岸を巻く。この1週間晴天が続いたためか、支流はほとんどかれている。なんということなくバリゴヤ谷出合到着。のんびり昼寝をする。その夜は星空の下で花火をする。

6月24日 曇のち晴のち雨ときどき霧
TS(6:15)-カレ谷(7:10)-逆くの字15メートル滝下(8:05)-滝上(8:40)-チョックストーン(11:50)-稲村ヶ岳(15:00)-大日岳のコル(17:14)-洞川(19:15)

沢相が一変しゴーロ歩きとなる。急に水量が減ったかと思うと水がない!15メートルの滝は?2段20メートルは?と考えつつ乾いた川床を歩いていると、所々水が流れている。3メートルと15メートルの二股は記述の通り3メートルの右を巻き左のガレから本谷へ下りる。逆くの字15メートル滝ででフィックス。沢が一気に突き上げていて面白いほど高度を稼ぐ。いくつかのかれ谷を過ぎると沢筋も細くなり、チョックストーンのあるところから沢筋を離れる。岩壁に阻まれ、フィックスしたりしながらなんとかシャクナゲ尾根にでる。やっと着いた頂上はすっかりガスの中。おまえが雨男・雨女だとお互いに言い張る上級生3人。やれやれ下山と思いきや、いやに荒れた道である。踏み跡がすぐに消えたりする。いやしかし方向はあっているし、他に道があるはずないと思いながら進む。崖が崩れていたり、鎖場があったりしてしゃれになっていない。大日岳とのコルに出るまで2時間かかった。なお稲村小屋の位置は2万5千分の1の地形図に記されているところではなく、山上ヶ岳との分岐に位置している。どうにか洞川に下山。13時間行程、お疲れさま。