五月山 北ア 鹿島槍ヶ岳東尾根 報告書

【メンバー】
CL:野辺(4)下釜(2)

【日程】
4月28日~5月1日

4月28日

 関大、関学、阪大、立命ほかザックを持った集団に出くわした活気あふれる大阪駅。新人を連れた他大学に比べ、我々は2人。見送りもなく少し寂しい出発であった。しかしあわただしく準備を終え列車に乗り込んだ我々には安堵感も漂う。

4月29日 雨 雷 雪
信濃大町(5:15/6:00)翔羊山荘(6:35/7:05)取付き(9:35)一の沢の頭TS

 天狗尾根に向かうという立命パーティーに同乗してまず新歓山行の装備をデポしに翔羊山荘へ。山荘は目を疑うばかりのすばらしさであった。いつの日か使ってやる!!いそいそと用意し出発する。小雨の中、西俣出合への林道を進むと東尾根の末端付近に赤布さらに左に堰堤のあるところに赤布の列。一ノ沢に取付くつもりであったが、天候を見てここから取付くことにする。東尾根はさすがポピュラーなルートらしく赤布が点々。尾根状には道すらできていた。一ノ沢の頭が見え沢登りのようなヤブ漕ぎから解放されると雷が鳴りだした。迷っていると先行パーティーがテントを張り出した。追い打ちをかけるように近くて落雷。思わず幕営してしまった。

4月30日 晴 快晴 晴
TS(10:19/11:00)一ノ沢の頭(11:10/14:00)二ノ沢の頭(14:10/16:50)第一岩峰基部TS

 天気は良いが風が強く出発を見合わせる。天気図をとっていると風も止んできたので急いで出発する。一ノ沢の頭からのナイフリッジは練習もかね下釜とつるべで10ピッチザイルを延ばす。天候次第であるがそんなにいらない。雪はひどい所でひざ程度である。二ノ沢の頭で先行パーティーを追い抜かし先へ進む第一岩峰手前の岩を左に2ピッチフィックスしその上のナイフリッジを行くと第一岩峰が見える。見た感じどの様に登るかよくわからない。第二岩峰は・・・と探すが先はすべて三角形の岩峰に見える。「また明日にしよう」と2人で申し合わせとりあえず寝る。

5月1日 晴 霧 晴
TS(5:30/6:30)第一岩峰終了(/8:10)第二岩峰取付き(10:00/)NP(11:00/11:30)SP(14:00/14:20)高千穂平(/18:10)西俣出合

 いよいよ核心部である。天気は山行中最高である。リッジをたどると取付き少し雪を掘るとハーケンを見つける。出だしだけ5㍍の壁。その上は小ルンゼの中をすすむという具合だ。ランニングにはハイ松が使える。3ピッチで終える。以外と易しい。その上も細いリッジが続く。稜線上に防風壁を発見しふと見上げるとそれは第二岩峰であった。完全な岩登り。左手のチムニーもよくわかる。1ピッチ目手前まで30㍍岩稜。2ピッチ目チムニーはハングしており残置ロープが垂れ下がっているが、「触ってたまるか!」と強引に突破。下釜は「本チャンの岩場はもろい」とホールドのとれた岩場に目を丸くしていた。初々しさと図太さの入り交じる登攀である。20㍍核心を終える。あとは「しっかり歩け」の声に元気よく「はい」と答える下釜トップで北峰へ。ついに東尾根を終える。難とか槍終えてニヤニヤするのは私一人ではあるまい。ニヤニヤ握手である。吊り尾根で五竜隊の事を聞き「頑張れよ~頼むぞ~」と言い残し南峰。記念写真のあとは冷池小屋まで一気。2日目からつけていたアイゼンを外す。高千穂平までスケーティングを交えてすぎであった。東尾根からぐるりと見回して自分の足元を見る。ザックに寝そべる顔面に日光がまぶしい。高千穂平らはいいところだ。しかしそれからが失敗だった。シリセードのついてでに?沢を下りてしまい、「まあいいか」とバックステップで下り、さらに尾根に戻り下釜アプザイレン。野辺下降を5度ほど繰り返し傾斜の落ちた沢に2ピッチのアプザイレン。北俣本谷に出た頃には日は落ちかけていた。後悔ばかりが頭を覆い、最後で失敗した自分が情けなかった。最後の最後で失敗するフーテンの寅さんは今何処・・・