黒部源流赤木沢~槍ヶ岳 報告書

【メンバー】
CL:中堀(M2) 香山(2) 井上(3) 上野(2) 北(1)

【日程】
8月9日~8月12日

8月9日 晴 曇 晴
有峰口(6:10/7:10)折立(7:35/10:50)太郎平(11:20/13:30)薬師沢小屋(13:40/14:00)沢沿いTS

 入山が遅くなったので、縦走は槍ヶ岳までの予定で出発する。最初は皆合宿の疲れで足取りが重いが、太郎平までのなだらかなお花畑の中は快適だ。薬師沢小屋を過ぎて赤木沢取付へ行くまでの間の所で適当な場所を見つけてTSとする。のどかな青天の中、のんびり気ままに時間を過ごす。

8月10日 曇 曇 雨
TS(5:50/7:50)赤木沢出合(8:00/10:00)35㍍大滝の上(10:20/11:30)中俣乗越(11:45/13:00)黒部五郎岳(15:00)黒部小屋TS

 いくら夏とはいえアルプスの水は冷たい。朝一番での源流での渡渉は身が縮みあがる思いだが我慢する。黒部源流のきれいなナメ滝を左に見送り赤木沢に取付く。ほとんどの滝は直登でき、これでもかと出てくる赤岩の滝を越えてゆく。高巻きの必要な滝もはっきりとした巻き道が左岸についている。35㍍の大滝を高巻いてルートを左側支流にとり中俣乗越を目指す。やぶこぎもなくお花畑を通り抜けて稜線上へと出る。稜線直下は雪渓が少し残っている。雨が降り出し雨の中稜線を歩いて黒部五郎小屋をTSとする。

8月11日 曇 晴 晴
TS(5:50/9:00)双六岳(9:10/9:30)双六小屋(9:50/12:00)千丈沢乗越(12:20/13:30)槍ヶ岳山荘TS(往復1時間)槍ヶ岳山頂

 昨日とは打って変わった晴天でなだらかな稜線を快適に進む。がいかんせん人が多い。例年より雪が多いとのことであったがすでにほとんど融けてしまっている。西鎌尾根はガレておりあまり気持ちのいいものではない。TSでゆっくり休んでから槍をアタックするが1人気分が悪くなって足早に戻る。

8月12日 晴 快晴
TS(5:10/7:10)槍平小屋(7:20/10:30)新穂高温泉

 槍平小屋でフリーにすると2年生2人が一目散に駆け下りた。私が着いた頃にはすでに温泉に入って涼しい顔をしている。