大峰 行動記録 - ACKU 神戸大学山岳部

【メンバー】
CL:溝畑(4)、 SL:間瀬(3)、装備:山内(1)、食料:松尾(2)、グレン(4)、北村(3)、松村(1)、山本(1)、吉澤(1)

【日程】
6月22日~6月24日

文責:溝畑(4)

6月22日(金) アプローチ

電車(溝畑、グレン、山本、山内)と車(間瀬、松尾、北村、上村、吉澤)に分かれてアプローチ。電車組は17:30に洞川温泉に到着、お好み焼きを食べて車組を待つ。車組は23時に到着。洞川温泉の駐車場に車を停め、そこのトイレでビバーク。トイレ建物は綺麗で屋根があるため雨でも泊まれるが、ナメクジの発生に一同困惑した。

6月23日(土)
4:00起床―5:30出発―6:00入山―8:30稲村小屋―9:40レンゲ辻(女人結界)―10:15山上ヶ岳―15:50行者帰小屋

起床して各自用意を済ませる。入山口で読図レクチャー。レンゲ辻までは各自写真撮ったり騒いだり読図の練習したりで問題無く進む。レンゲ辻~山上ヶ岳は階段の連発でダルかったが、見晴らしが良く楽しい道だった。山上ヶ岳のお寺前で休憩しているとお坊さんに煙たがられ、聖域だから飲食禁止と言われすぐさま出発。次からここは休憩ポイントにしてはいけない。大普賢岳も特に問題無く登る。国見岳はピークを西に巻く道で山頂は踏めない。七曜岳の鎖場はトラバース箇所が危なく鎖で補助する感じ、北アの馬の背みたいな稜線上の物ではないが、雨の日は滑るので不慣れな新入生がいる場合は連れて行かない方が良いだろう。行者還岳はエアリアではピストン、地形図ではピークから小屋までの道があるが、実際はピストンしかできない。行者還岳~小屋にある水場を利用したが、普通に生で飲め水量も問題無い。小屋から3分ほど歩いた所に水場はある。行者還小屋の横にテントを二張設営し、就寝。この日は予定9時間だが実際は11時間行動というモンスター行程になった。今山行は岩澤&吉田ペアが2泊3日で行ったのを1泊2日に凝縮したものであるため、体力的にキツかったと思うが、今年の新入生の健闘ぶりは凄かった。体力に自信のないコがいる場合は潔く2泊3日で行った方が良い。たぶん辞めちゃうから…

6月24日(日)
2:30起床―4:00出発―7:40八経ヶ岳―10:45林道―13:00天川川合

朝の撤収をテキパキこなし出発。30分ほどヘッドランプ行動をする。弥山、八経、明星を問題無く登る。ナベの耳を通過し、カナビキ尾根コースへの分岐へと。この分岐においてRFで微妙な誤差が発生し、テープを見つけるが少し異なる方向へ進んだ。テープと地形双方から十分考慮する必要があり、また先頭を行く松尾がこのコースを地形図に書き込んでいなかった。コルからこのコースへの取り付きはコルにあるテープ伝いに進めば問題無い。テープを見つけては進む作業を繰り返すが、エアリアの点線と実際の道が異なる箇所がいくつかあった。踏み跡はしっかりあるのでテープを信じて進めば問題無い。林道に着いて下山完了。近くに川と滝があったため登山で汚れた体を各自真剣に清め、下界に戻った。車道を進み、天川川合バス停でバスに乗り、洞川温泉に帰還。観音峰登山口でバスに乗る予定だったが、再び登山道に入るには新入生の意識は安堵しきっていたので、コンクリ伝いの天川村を選択した。

バスに乗る事を前提とするなら、栃尾辻から天川村に下山してもよかったかもしれない。 温泉に入り、サービス精神旺盛な店でアユの塩焼きを食べ、サービス精神を疑う店でお好み焼きを堪能し、各自家に帰った。