比良山地鴨川八池谷報告書

【メンバー】
CL:石丸(2)  SL:岩澤(4)  装備:佐久間(1)、溝畑(1)

【日程】
5月31日(前夜発)

文責・石丸祥史

5/30(土) 曇り時々雨 ~アプローチ~

 2009年の沢初めは1回生を連れていくということもあり、行き慣れている比良山地鴨川八池谷をチョイスした。週末の天気が不安定になるとの予報で増水の心配があったが、今まで1回生を山に連れて行ってあげられなかったのでとりあえず入渓地点には行くことにした。(もちろん増水していたときには沢には入らず沢沿いの登山道を通る予定だった。)
 六甲道から電車に乗り、近江高島駅到着後野宿ポイントを探すのにあちこちうろついたが、結局去年と同じ改札前の高架下で寝ることになった。溝畑は駅前で寝るのに少々抵抗があるように見えた。

5/30(土) 曇りのち晴れ 
5:00起床 7:10入渓 8:00障子ノ滝 9:00貴船ノ滝下 12:00オガサカ道分岐(遡行終了) 13:30北比良峠 14:50ダケ道下 15:50比良駅

 2時頃気持ち良く寝ていると何か気配がするので起きたら3人の警官に囲まれていたというハプニングもあったが、不良グループに襲われることもなく無事朝を迎えることができた。警官とエンゲージしたときかなり降っていた雨はやんで曇りになっていた。起床後、のんびりと朝食をとり、6時にタクシーでガリバー旅行村に行く。そこから登山道を少し歩き、沢に入ったところで沢装備に着替える。去年の自分と違って忘れ物がないあたり、今年の新入生は優秀である。
 左岸から右岸に移って障子ノ滝を巻くときはロープを出して、岩澤さんにビレイをしてもらった。このとき石丸はトップで高巻きするのに必死で、巻きすぎて登山道に出てしまう。鎖につられてしまったようだ。そんなわけで空戸ノ滝を余計にトラバースしてしまいつつ、大摺鉢に着く。ここで例の不思議文字と記念撮影していると、トレッカーっぽい中高年集団に珍獣を見るような目で見られた。ここで純真な佐久間は、わざわざ変なルートを通る先頭の石丸についていってしまい靴の中が砂まみれになる。靴紐の締めが悪かったようだ。
 今回の核心部である貴船ノ滝では溝畑にビレイをしてもらって左岸を巻く。ここの巻きもそうだが、鎖やホールドが整備されていた。特に悪場はまんべんなく鎖が張ってあった。ここからは七遍返しまでなだらかな流れになる。七遍返しではいかにも「沢登りをしている!!」というようなちょうどいい滝が連続し、高巻き・直登に皆テンションが上がる。ここで一度、佐久間にビレイをしてもらって滝を直登した。(おそらく8m斜瀑)その時に本番で初めてハーケンを打ったがよく効いていたようだ
 12時にはオガサカ道に着き、遡行を終了する。そこで下界用の服に着替え、登山道を歩く。遡行終了したとたん快晴になった。比良ロッジ跡では琵琶湖の対岸まで見えるほどだった。そのあと、北比良峠で出会ったトレッカーの方と話しつつ、比良駅へと向かった。16時前には比良駅に着き、道路で大の字になりながら寝つつ電車を待ち、20分後に来た電車に乗って神戸へと帰った。

反省点(「→」以降は改善案)