GW 剱岳報告書(早月尾根ピストン)報告書

【メンバー】
近藤(M2) 井上(OB)

【日程】
5月3日(日)~5月5日(月)

文責・近藤昂一郎

5/3 晴れ アプローチ 神戸~近江八幡~滑川IC

 今回の遠征トレーニングは剱岳で行うことになったのだが、私の都合でパーティーを2つに分け後続の我々は早月尾根ピストンを行うことになった。メンバーは私と井上さんの少数精鋭(?)。この時期の剱岳には前々から行きたかったので胸が躍る。井上さんとの待ち合わせ場所である近江八幡の駅に向かうのだが、最近はOBの車で行くことが多かったのでザックを持って混雑時の電車に乗ることの気まずさを久しぶりに味わった。予定より30分ほど遅くなってしまったが無事井上さんと合流。目指すは富山県・馬場島。高速料金1000円の恩恵を受け北陸自動車道を北上する。GWなので多少混むかと思っていたがそんなことはなく、またトンネルに閉じ込められることもなかったので快調に行けた。滑川ICまで4時間強で着いた。いつもより余裕があり明日に備えて十分な睡眠をとることができた。

5/4 曇り 入山 馬場島(7:00)~P1551(9:30)~早月小屋(12:30)

 朝早く起床し馬場島に向かう。天気ははれてはいないがうす曇で、単純に体力勝負の入山日としてはむしろ丁度よさそうだ。途中コンビニにより朝食を購入し30分足らずで馬場島に到着。馬場島荘はだいぶ新しく周りのキャンプ場などもだいぶきれいに整備されていて驚いた。馬場島で準備をして早月小屋を目指しいざ出発。時計はちょうど7時を指していた。ここで余談なのだが馬場島荘のトイレで用を足していると電気が消えて真っ暗闇に。尻がふけないという恐怖と戦いながら、六甲の神戸学生青年センターでも同じようなことがあったのを思い出していた。閑話休題。
 井上さんが前衛で私が殿を務めた。早月尾根は最初こそ急であれすぐになだらかな道になり快適に進む。40分ほど進むと標高1000m、馬場島まで1kmという看板のあるベンチが現れここで小休止。井上さんから行動食のハムを1パック丸々もらい後で食べようと今は大事にポケットにしまう。その先はちょっとした湿地状になっており今山行でルートファインディングの核心部分だろう。もっともトレースがついていたのでそれほど難しくはなかったが。
 このあたりから残雪がちらほら出始め、緩やかなのぼりが続く。これといって難しいところもなく眺めのよい『ここは標高1600m』というところで休憩。早月小屋の標高が2200mなので半分弱登ったことになるのだが、GPSや地図に照らし合わせると明らかに1600mではなく若干鯖を読んでいると思われる。最も気持ち的にはだいぶうれしいが。ここまで2時間半、まずまずのペースである。一応断っておくがあくまで井上さんが前衛であり、決して私が急かしたりした訳ではない。この辺りから本格的に雪がつき始めるのでピッケルを装備し、気を引き締めて登る。前のパーティーを抜きつつ次のピークの1920まで1ピッチかなと考えながら登っていると1800mを過ぎたぐらいの開けた場所で見知った3人組の姿を捉え、先頭を行く石丸がはぁはぁ言いながら寄ってきた。もう少し上で遭遇する予定だったのだが出会ってしまっては仕方がない。休憩がてら互いの情報交換をする。
近「どうだった?面白かった?」
石「怖かったです。」
近「ペミカン忘れた?」
石「いえ、忘れてないです。あれは作り過ぎたんです。」
近「ザイル使った?」
石「頂上からは懸垂で1回使いました。」
有意義な情報交換の後3人とは別れ再び早月小屋を目指す。1920のピークを過ぎると遠くに小屋が見えてきた。先に抜かしたパーティーと互いに抜きつ抜かれつを繰り返しながら小屋まで登った。小屋に到着したのは12:30ごろだった。
 だいぶ早くつくことができたので、なくテントを張った後持ってきた発泡酒を飲み昼寝をしながらすごした。今回テントシューズを忘れたので手袋を代用したが、今山行の為に買った新品の初使用が足履くとは予想していなかった。井上さんは5月は裸足で十分と言いながら裸足で用を足しに雪の上を歩くのをみて私も真似してみたが足の冷たさのせいで股間に意識がいかず用を足すことができなかった。そんなこんなで夕飯を食べ明日に向けてさっさと寝た。明日の天気は良いとか悪いとか…。

5/5 晴れのち曇り、そして雨へ… 頂上ピストン・下山 早月小屋(5:00)~頂上(7:30)~早月小屋(9:30 10:45) ~1630(11:45)~馬場島(13:30)~神戸

 昨日天気の心配をしていたが起きてみると晴れており絶好の登山日和であった。朝4時に起床しさっさと準備をして5時に出発をした。この時間帯は他のパーティーは行かないらしくスムーズに行くことができた。昨日に比べ若干傾斜はきつくなるが特に難しいということもなく快適に登る。2614のピークを過ぎたところは他と比べ特に急斜面多少緊張したが面白かった。今日の天気は最高で周りの景色を堪能することができ、途中剣から下ってくる何組かのパーティーとすれ違った。頂上付近では浮石が多く落石が怖かったが問題なく越え、頂上までは2時間半ほどで着いた。普段の剱岳は2999mで若干3000mに届かなかったが今日は3000mを越えていた。頂上で一通りの儀式を終えさっさと下ることに。下り始めたら丁度曇り始めたのでとてもタイミングがよかった。下る際先程の浮石が多い頂上付近で懸垂をし、2614のピークを越えた辺りの急斜面でザイルで確保した以外はザイルを使うことなく下ることができた。
 小屋に着くとだいぶ時間が余ったので肉たっぷりのラーメンを食べ十分に腹ごしらえをしてから下山に望んだ。やはり下りは登りに比べスピードが速く2時間45分程で下ることができた。途中井上さんが木の根にアイゼンを引っ掛け一回転したときはどうしようかと思ったが特に怪我はなかったので良かった。馬場島で当時のことを聞いたらデジカメを守ることに集中していたそうだ。八ヶ岳でこけてデジカメを壊していた誰かさんとは違いさすがである。
 帰る途中、近江八幡で焼肉を食べることにし、全力で帰ろうとしたが高速道路等で渋滞につかまってしまい予定より1時間ほど遅れてしまった。しかし無事に焼肉屋につき、井上さんに申し訳ない気持ちでいっぱいだったが私はビールをいただきながら焼肉を食べた。ああビールが美味かった。夕食の後井上さんと近江八幡の駅で別れ電車で神戸に帰った。