爺ヶ岳報告書

【メンバー】
CL/山本(甲南大OB) SL/山田(OB)井上(OB) 通信気象/矢崎(OB) 装備/近藤(M1) 食料/吉田(1)石丸(1)

【日程】
12月26日(金)~12月29日(月) 前夜発アプローチ 予備日なし

文責・吉田周作

12/26(金)寒い アプローチ

 前日の12月25日は石丸君の誕生日であり、サプライズパーティーを予定していたのだが、本人がバイトで来れないとのことで26日に順延になり、出発前にパーティーをした。。OBが参加するのでアプローチには車を使った。途中、原因はよく分からないが、トンネル内で4時間足止めを食らった。これが原因で鹿島に着くのが大幅に遅くなった。

12/27(土)晴れ 11:00出発(鹿島山荘)4:00(テン場)

  入山連絡をしようとしたが圏外のためできなかった。ACKU一行は近藤さんを先頭に出発した。山に入ると間もなく、雪と土がはがれ落ちてきて足を滑らしそうな急な斜面であった。そして、途中から斜面は少し穏やかになり、交代でラッセルをしながら進んだ。尾根に出てしばらくして、雪がだんだん深くなりワカンをつけた。 予定ではテントはP2に張る予定であったが、前日の停滞で出発が遅れジャンクションピークの下辺りにテント張ることになった。

12/28(日)雲 6:30出発(テン場)1:00(P2) 4:00(テント)

 この日は頂上アタックの日である。しかし、テントを予定していた位置より下で張ったので、頂上へ行くのは困難であり、行けそうなら行く、無理なら引き返すと言うことで出発した。山本さんの提案で足にはアイゼンワッパ(アイゼン+ワカン)を装着して出発した。この日の登りはひたすらラッセルであった。若手に比べ年配OBのラッセルは無駄な動きがなく省エネであり、経験の深さを感じさせられた。ACKU一行は時間的な制約から、P2で引き返すことにした。P2の下り斜面はナイフリッジであり、訓練と安全の意味で新人の2人はユマールを使って降りた。その後は、テン場を目指して山を下った。先頭の近藤さんと矢崎さんがものすごいペースで降りていき新人はついていけず吉田はバテた。

12/29(月)快晴 8:40出発(テン場) 11:00(鹿島山荘)

この日は思わず叫びたくなるほど朝焼けが奇麗だった。朝食後山田さんはジャンクションピークまで散歩に行った。テント撤収後、散歩から帰って来た山田さんを含め全員でジャンクションピークへ散歩に行った。辺りの山々がはっきりと見え、遠くには日本一高い山が見えていた。その後、テン場に戻り下山した。最初は難なく進んだが、麓付近になると傾斜が急になり、また雪質が変わりアイゼンは雪団子で効かなくなり怖かった。下山後、ACKU一行は温泉で疲れをとり、今回の山行を無事終えてそれぞれの家路へ向かった。