比良・明王谷~奥ノ深谷 報告書

【メンバー】
CL-山川眞郷(3) SL/渉外-請川剛史(2) 装備-岩澤貴士(3) 近藤昂一郎(4) 奥山岳典(1)

【日程】
 5月26(Sat)~27日(Sun)  前夜アプローチ  予備日なし 

【行程】
  26日(Sat)  堅田駅22時前集合.Taxiで葛川坊村へ.
     27日(Sun)  5:40出発 5:50入渓 8:00奥ノ深谷出合 10:30終了点(登山道合流) 12:00金糞峠 13:50比良駅

文責・山川(3)

5月 27日(Sun) 晴れ 

 2007年度の沢1本目には銘渓と謳われる比良・奥ノ深谷を選んだ.ただ,奥ノ深谷だけでは物足りなかろうと思い,下半部の明王谷を追加した.今回は2日前の大雨の影響で水量が増し,水線沿いの突破を強いられる箇所には幾つか渋いものがあった.
  明王谷は滝の数こそ少ないものの,水量の多さからルートを選ばないと行き詰まる箇所が多くある.ポイントは三ノ滝の巻きで,これは右岸を大きく巻く.
  奥ノ深谷に入ると小滝の数が増し,忙しくなる.一つの滝でもルートが複数あるものが殆どで,自分の実力に合わせたルートが取れる.特に,突っ張りで越えるミニゴルジュは水量の多さから難易度が飛躍的に上昇.岩澤・山川・近藤は何カ所かでcleverな突破を試みるが,その殆どは失敗に終わる.余談だが,滑る小滝に取り付いている途中,危うく滑りそうになり,アゴを使った.4点支持の新境地か…?
  4段40mを越えるとやや滝の何度が増すように思う.滑る滝が多いので,傾斜の強いものや流れの激しいものは巻く.
  さて,今回新しく入った奥山岳典だが,初めてにしてはよくついてくる.ヘツリや滝登り,高巻きのどれをとっても、そこそこ安定している.しかし,彼は行動食を忘れてしまった.彼は共装にある小鍋で何か料理を作るのだと勘違いしていたようだ.あれはあくまで非常用だ.結果,朝も食べず行動食なしで行くことになり,下山でバテる(それでも,沢での行動を鑑みるとなかなかやるなと思う).
  終わり間際は滝が連続する.適宜お助け紐を出しながら進むが,ゴボウにしか使えないので,ロープを出して確保をした法が安全なように思う.
  請川は年末の聖から膝を痛めており,活動への参加が危ぶまれていたが,今日の動きを見る限りそれ程でもないようだ.ただ,滝の処理に時間が掛かっているので岩トレが必要である.沢には慣れてきた感がある.
  予定した所要時間とほぼ同じくして終了点に到達した.30分程休憩,後片付けをした後出発する.当初では金糞峠から大山口へ直に下る青ガレは崩壊と落石のため迂回することにしていたが,地元の登山者の話を聞く限りかなりの人間が通行しているようである.そこで,我々も計画から外れるが,青ガレを下ることにする.実際下り始めてみると全体の9割以上が樹林に覆われており,傾斜も思ったほど急ではない.ただ,浮き石が多く,枝沢からの崩壊も少し気になる所である.因みに,青ガレを下る途中,確かに多くの登山者とすれ違った….
  大山口からはのんびりと道路を歩きながら比良駅へ.駅には2時前の到着である.
         

反省会記録
        

 1.これが最も重要な点であるが,滝場でのフォローが中途半端だったこと.特に滝場ではお助け紐は危険である(泳   ぎや徒渉のフォローでは使える).ゆえに確保すべきである.確保が必要そうな滝では一度集まって意思疎通を図   るべきである.この意味で,まだ隊の中に一体感が存在していないことが分かる.
2.地形図・遡行図での現在地確認がやや疎かだったと言える.ただ,主立った箇所は押さえていたので,後はど   れだけ細部を見ることが出来るかである.
3.全体的に岩トレが不足している.特に請川は2年目になるので,確保システムを含めて練習をすべきである.
4.奥山への配慮がやや甘かった.検討会では特に装備の項目をもう少し詳しく説明すべきだった.ただし,それ   とは別として,奥山も不明な点があれば躊躇わず聞くことである.また行動食の忘れについては,計画書の個装   の欄に『行動食』と記してあるので,初めてとは言え責任は彼自身にもある.