氷ノ山 報告書

【メンバー】
 CL山川(2)  SL岩澤(2)  装備 伊藤(3)  食糧 近藤(3)  矢崎OB

【日程】
 2006年4月22日~23日

【行程】
 福定-東尾根避難小屋-神大ヒュッテ-氷ノ山山頂-氷ノ山越-大平頭避難小屋-高丸山-福定

文責・山川(2)

4/22(土) 
   福定1:20 - 東尾根避難小屋2:35 - 神大ヒュッテ3:30 就寝8:00

朝起きてすぐに山川(2)はヒュッテの鍵を借り忘れていたことに気付く。慌ててメンバーにメールするが、彼等もすっかり忘れていた様子。矢崎さんに聞くと、梯子を使って入れるとのことで取り敢えず解決。去年、伊藤(3)が南京錠を外していた記憶が鮮明で、冬用入り口のことなど頭になかった。  集合には誰も遅れなかったものの、憂鬱になったメンバー達は八鹿駅に着く。播但線に乗っている途中、ちょっとしたトラブルがあったのだ。10分程で矢崎さんが迎えに来てくれて、車で福定へ。本来は小宮OBも来るはずだったが、体調が悪くて参加できないとのことである。  福定には1時過ぎに着き、曇り空の下をのろのろと歩き始める。去年はスキー場を突っ切ったが、脇の道を歩いた方が効率良いことを学ぶ。スキー場の上にある小屋に登山届けを提出し、東尾根に取り付く。道は雪解けでグチョグチョ、歩きにくい。途中2カ所程腐った雪面のトラバースがあった。今年は雪が多く、矢崎さんが4月頭に登ったときは2月並みの量で、小屋は埋まっていたという。  東尾根の避難小屋から200m程のところでピッケルを出す。傾斜の急な雪面を黙々と登り、神大ヒュッテを目指す。 今回は登りすぎることなく小屋に着くことが出来た。3時半到着。  小屋に着くとうしろの梯子から進入し、中にある合い鍵で用を足した。水くみ、天気図、掃除、ストーブの点火などを分担して行い、夕食にする。今回はこってりした味噌鍋で美味しかったが、肉団子の味が強かった。特に話すこともないので寝る。8時就寝。

4/23(日)曇り
 起床5:00   出発7:05 - 氷ノ山山頂7:30 - 氷ノ山越7:25 - 大平頭避難小屋9:20 高丸山10:00 - スキー場10:15 - 福定11:10

朝からガスで、雨が降る可能性が高いようだ。雪は多いものの寒くないのが嬉しい。7時にヒュッテを出発。山頂、コシキ岩と越え、氷ノ山越に着く。途中の雪稜歩きやグリセードが面白い。  氷ノ山越からは正面の赤倉山を完全に右から巻こうと試みるも、笹藪に行く手を阻まれ、いかにも雪崩れそうな雪面を上がりルートに戻る。この辺りから雲が薄くなり暑くなってくる。大平頭の小屋には9時半前に着いた。ガスが晴れ始めて鉢伏山の方がよく見える。再び黙々と歩き始め、一気に高丸山まで登る。今回は読図で迷ったということはなかったと思うが、読み合わせの回数が少なかったように思える。  高丸山からはいつも通り各自思い思いの場所を下る。傾斜がキツイので、少し恐いが、尻を着いて滑ると早い。ズボンが破れなくて良かった。スキー場のトイレで顔を洗い、リフトの下を通り、福定に戻ったのは11時過ぎ。行きに食堂に寄ったので帰りは寄らずに八鹿駅へ。矢崎さんと別れ30分ほどで電車が来て帰路に就く。みなさんお疲れ様でした。

 

反省会記録

【反省点】