2005年度 新歓山行 氷ノ山 報告書

【メンバー】
 CL伊藤(2) SL近藤(2) 岩澤(1) 山川(1) 矢崎(OB)

【日程】
 2005年 4月23日~ 24日

【行程】
 福定~東尾根避難小屋~ヒュッテ~氷ノ山越の小屋~高丸山

文責・伊藤(2)

4/23 晴れ
 福定(12:45)?東尾根避難小屋(14:00)?ヒュッテ(15:30)

   六甲道駅に9時に集合し八鹿駅にて矢崎さんと待ち合わせ、車に乗せてもらって福定へ向かう。車から見える氷ノ山はまだまだ雪が残っている様子である。福定から入山しスキー場を登っていくと汗でシャツがびっしょりである。林道に出ると登山届けを出し休憩する。林道を少し歩いて、登山道を新歓なのに皆無口であると感じながら登っていく。東尾寝避難小屋のところで休憩。カメラを誰も持参していないらしく、記録が残らない山行になってしまう。カメラ好きがいないせいか。尾根上を進み登山道が尾根から逸れてトラバースしているところから雪が出てきたのでその直前でスパッツを装備、ピッケルを出す。尾根上を直登することにし、少し登ったところで短い斜面と周囲に木が多いのに油断したか伊藤が10メートル程滑落。その高低差に恐怖心が芽生える。それにしても1回生のキックステップは上手である。行き過ぎじゃないのかと近藤に指摘され、少し南に下るとヒュッテが見えてきた。ヒュッテで火を起こしシュラフを干す。なんだか落ち着いて山頂に行く気が失せていく。明日山頂に行くし晴れだからということで本日に行くことをやめる。矢崎さんが湯を沸かし、それ以外の4人で天気図を描くとやはり晴れとなりそう。その後お鍋の準備をし、かんぱーい。楽しい晩餐を過ごし23時就寝。

4/24 快晴
 ヒュッテ(7:50)?氷ノ山越の小屋(8:55)?高丸山(10:30)?福定(11:50)

 6時起床。昨日のお鍋の残りにうどん、もち、米を加えた炭水化物パレードの朝食を食べ、後片付けをし出発する。気持ちいい快晴っぷりである。山頂へ行き、下っていくと雪の多さが気になる。コシキ岩を難なく通過し、氷ノ山越で休憩する。休憩中に1回生は行動食をよく食べる。それと対照的に行動食をほとんど食べない2回生である。ここから登山道上の雪と土の割合が半々ぐらいとなる。時々道を確認しながら進み、大久保へ行く道との分岐点の少し手前で雪がなくなりピッケルを終う。高丸山からは南に道なきところを下る。岩澤が少し躊躇しているようであった。福定まで歩き、車で八鹿駅へ行く。途中で昼食のために店に寄るが、注文するや否や皆無言で雑誌を読みはじめ、料理が来ると無言でがっつく。周囲に異様な感じを与えるとともに、5人で来ているのに一人で来た気分になる。その後八鹿駅で矢崎さんにありがとうございました、お疲れ様でしたと見送り、神戸に帰る。4時頃に着いて解散する。