2004年5月 GW白馬岳主稜、双子尾根 行動記録

【メンバー】
 双子尾根CL:尾崎(4) 主稜CL:小宮(OB) 矢崎(OB)

【日程】
 2004年 5月 1日~ 3日

【主な行程】
 5/1 猿倉~白馬尻~(白馬主稜)~4峰TS
 5/2 TS~(白馬主稜)~白馬岳~(大雪渓)~白馬尻~樺平~(双子尾根)~杓子岳~(双子尾根)~樺平TS
 5/3 TS~猿倉

文責: 尾崎 竜平

5月1日(土) 快晴
猿倉8:50~10:00白馬尻~(主稜)~11:50ロープ出す8峰~13:30カップルのテン場~14:20幕営4峰TS

前日に米原で矢崎号に拾ってもらっていざ白馬へ。途中のサービスエリアで寝る。朝は良い天気で、道からは後立山連峰の峰峰がよく見える。主稜や双子尾根もよくわかる。
猿倉の山荘前に車をとめて準備する。なぜだか尾崎のザックがほかの二人よりいくぶん重い。どうも個人装備に原因がありそうで、少々軽量化する。小宮OBに雑品とか持ってもらう。
出発。人が何人も登っていくし、すれ違う。長走沢で水をくんで、白馬尻へ。主稜に人が何人も見える。尻には人が大勢いた。テントも数張りある。すごく暑い。矢崎アイゼン装着。
主稜の末端の大雪渓側よりの斜面からとりつく。雪が緩い。それが小さくでろでろ~っと崩れて横に滑り落ちてきて、不安になる。トラバース気味に上がって、少々右(白馬沢)寄りから、尾根状に出ると、トレースがあった。あ~しんどい。上がっていくと、主稜上に飛び出す。おそらく8峰直前で、その先右側雪が切れ落ち、シュルンドができて、灌木と岩が出て、ひとギャップちょっと怖い。尾崎、小宮、アイゼン装着。矢崎トップで尾崎が雪上スタカット確保して通過。その後雪稜をトレース沿いにすすむ。かなりナイフエッジなところや、雪壁状のところや、そこにクレバス、シュルンドもあって、トレースがなければロープを何回か張ったかもしれない。
頂上までほとんど全部見えてきて、気持ちがいい。先行パーティーがいくつか見える。途中でカップルがテントを張っている前で休憩する。雪崩や落石を何度か目撃する。大雪渓でも何パーティーも登っていく。矢崎OBはピッケルでリッジの側面を切って、雪崩をざらざら~っと起こして喜んでいた。とんでもないやつだ。
急でしんどい。4峰と思われる付近ではやばやと幕営。スッパリしていて、あまりよっぱらいたくないところだった。3天本体の入り口ファスナーが一角でとれていてびっくりする。天気が悪かったり、厳冬期だったら命取りだった。テントチェックの際にすみまでちゃんとチェックしていなかったことが悔やまれる。
矢崎OBはとにかく豊岡に帰りたくないらしい。仕事もいやだそうだ。小宮OBとトラバーユについて助言する。
どうも彼の理想はヒモ登山家らしい。

5月2日(日) 快晴
4:00起床5:20出発~(主稜線)~7:20白馬岳頂上7:35~(大雪渓)~8:40白馬尻~11:00樺平11:15~(双子尾根)~13:08杓子岳頂上~(双子尾根)~14:00前後樺平TS

朝トイレに行くのはすこし怖い。風もあまり無いし、雪がしまっていて、アイゼンがきいて気持ちいい。
テントを途中で二つ通り過ぎる。
2峰の登りは急。トレースをたどり、資料通り右手から登る。頂上への最後の登りは下から眺めてみると急そう。トレースはあるが、ロープを張ることにする。平坦なところからちょっと登って、そこで張る。張り方は昨日と同じ。矢崎OBが途中、スノーバーやデッドマンで中間を3つとって、ロープいっぱいまで上がる。せっぴの横を通るときは、こんなの切り崩すってどうすんの?と思った。張ったのは1ピッチのみで急なところを越えて、頂上へ。風がきつい。小宮OBは稜線上のでかい雪のクラックに入って風をよけていた。危なくねいか?
周囲を鳥がいっぱい飛んでいた。
風の強い山頂にはほかのパーティーもいた。ちゃっちゃと記念撮影して大雪渓へ下る。山荘付近にはスキーヤー、ボーダーなどの滑り屋がたくさんいた。かっこいい。
アイゼンを外して大雪渓を下る。雪はざくざくで、期待していたグリセードの練習にはあまりならなかった。小宮OBにピッケルでまた怪我をしないように言われる。昨日と比べものにならない数の人たちとすれ違う。下からは様々な出で立ちの人たちが何百人(?)も上がってくる。
白馬尻で休憩。両OBより、小日向のコルへP1802付近をトラバースして近道することを強く迫られる。いわく「トレースのあるところを行っても仕方ない」。途中でキジうちをして、小日向のコルまでショートカットするつもりでP1802横まで結局行く。ここで再び、小日向のコルよりも樺平へ沢を詰めて上がろうと提案される。いわく「樺平へ直接上がる方が楽しいし、ラク」「なんで尾崎は小日向のコルへ行きたいの?」。また結局、長走沢をつめて樺平へ上がることにする。なんだかリーダーが「リーダー」なんて呼ばれるときにはロクなことが無いなあ、と思う。
どこから現れたか、人が雪崩を起こしながら沢を下っていった。沢中でデブリを2本横切って、樺平へ急登。名前通り大きな樺の木がある。そこに荷物をデポして、アタック装備で双子尾根を登って、同ルートを下降してくることにする。
先行パーティーを抜かして、JPにつくあたりで足がしんどくなってくる。かなり足が疲れているみたいで、一度つる。尾崎、矢崎アイゼン装着でばっちりのトレースを踏みながら、杓子岳着。途中の岩峰は右から巻いていったが、トレースが無くて、雪質がちがっていたらロープを張ったかもしれない。さっさと往路を下る。アイゼンを途中で外して、元気な両OBには先に下りてもらう。二人はで~~っと雪崩を起こしながら斜面をまっすぐ下っていった。10分遅れくらいで尾崎も樺平に到着。テントが数張りできていて賑やかだった。
ここで幕営。ゆっくり午後の時間を過ごす。くたびれた。小宮OBには尾崎は小股過ぎて体力のロスが多かったのでは、と助言される。
「…燃えるゴミの日に、男を捨てちゃいけないよ…」とかいう歌を小宮OBに教えてもらう。

5月3日(月) 晴れ
4:00起床~5:00出発~6:00猿倉

主稜線上はずっと右から左まで濃い雲が被さっている。急ぐこともなく、小日向のコルまで人とすれ違いながら雪稜を下った。コルからはおおむね夏道沿いに下っていき、ちんたら行ったがそれでも1時間で駐車場着。隣の車は窓が開いていた。

日本海側に抜けて、下道をひたすら爆走して神戸まで帰る。なんか帰りがいちばんしんどかった。