2004年 新入部員歓迎山行 氷ノ山分回し

【メンバー】
 CL田中(4)、SL尾崎(4)、西谷(一般)、伊藤(1)、近藤(1)、矢崎(OB)

【日程】
 2004年 4月17日~18日

【主な行程】
 福定~東尾根~神大千本杉ヒュッテ~氷ノ山~氷ノ山越~小代越~福定

文責: 田中

4月17日(土)晴れ
福定12:45~15:15神大ヒュッテ16:00~16:40山頂~17:00神大ヒュッテ

 この一週間前の日曜日、OB矢崎氏が残雪の状態を偵察に行ってくれる。山頂は冬景色だが、靴さえ何とかなれば行けるだろうと判断し、部員の重登山靴や冬用下着などを、かき集めて臨む。
 福定行きのバスから雪をかぶった氷ノ山が見える。思っていたよりも雪が…。「やばいかな~?まあ、無理だったらもどろっと。」とか考えながら眠りこける。
 近藤はともかく、伊藤はシャツにジャケット、パンツそして重登山靴という、まるで、かのマロリーのような格好でやってきた。神戸に来たばかりで着替えがないのだろう。なお、ふたりには上でビールをおいしく飲んでもらうために、食料を手分けして持ってもらう。
入山口で地形図を用いて現在位置を確認し、尾根と谷の見方などを説明する。
 雪解け水が、だ~だ~と流れている。土筆が狂ったように生えている。西谷がはしゃぐ。谷筋には結構雪が残っている。夏道は北側なので雪が出てくるかもしれないと思い、登山口まで行ってみるが、大丈夫そうだったので夏道を使って東尾根につく。途中でおじさんパーティとすれ違う。「上は雪がたっぷりだよ。」と脅かされる。
 1150の等高線あたりから雪が多くなる。多くなるといっても足首程度だが、下が解けてて雪はグサグサ、びちょびちょ。スパッツのつけ方とキックステップを尾崎が指導する。
重登山靴に慣れないせいか歩きづらそうだが、がんばっていた。
 小屋に着いた。みんなで水道のバルブを探しに雪を掘ったり、シュラフを干したり、谷に水を汲みに行ったりする。ひととおりの作業を終えて山頂へあそびにいく。偵察そして鍋とお酒をよりおいしくするためである。雪はあるのはあるが知れてるし、稜線にも特に後半はほとんどなさそうに見えたので、予定通り分回しに行くことにする。

4月18日(日)晴れ
6:00起床~ヒュッテ7:40~8:40氷の山越8:50~11:00小代越11:10~12:00福定

 今日もいい天気。山頂からの下りは雪のない藪のほうから行くことにする。これがけっこうな藪で、お互いどこにいるのかもよくみえない。「ひゃ~」とか「ゥオリャ~」とか聞こえる。新入生はどかどかコケている。楽しんでいるのだろうか、嫌気がさしてないだろうか、内心すごく気になり始める。藪を過ぎると甑岩というちょっとした岩場も通過する。が、これはすんなり通る。
 雪はまだ少しだけ残っている。GW頃にはきれいになくなっているのだろうか。残雪の氷ノ山は思っていたよりもずっときれいで楽しい。途中で氷ノ山登山ガイド協会代表の川戸弘美氏に出会う。聞くと、「日本一の千年キャラボク」が、頂上のトイレより少し先にあるらしいのだ。他にも見所が沢山あるらしく、次回の山行の時にはぜひ待ち合わせをしましょう、と言ってくださる。氷ノ山には何度か来ているのだが、まだまだ知らないことだらけなのだ。
 高丸山に向かうなだらかな山腹は南半分が焼かれていて、黒と淡黄色のコントラストが面白く、いかにも春山らしい。地面がまだ暑いのか吹き上がる風がぬるい。近藤はいろんなところでデジカメで写真をとっている。あとで見せてもらったが、きれいな風景写真である。人は誰も写っていない…。
 バスの時間が気になり、高丸山はカットして下山する。バスは当分やってきそうにないので、矢崎氏の車の後部をお座敷仕様にして、6人全員乗り込み八鹿へ送ってもらう。毎度毎度ありがとう矢崎さん。

 今回は、雪あり・藪あり・プチ岩場あり、と、なんでもありの新歓山行になった。1年生にはぜひこれからも一緒に山に行き、山の楽しさを知ってほしいと思う。