神戸大学山岳部 南アルプス・甲斐駒、仙丈報告書

【メンバー】
 L藤本、尾崎、矢崎(OB)

【日程】
 2003年12月27日~30日

【主な行程】
 戸台~仙水小屋~甲斐駒ケ岳・仙丈ヶ岳

12/27 晴れのち一時曇り
戸台(8:00)~丹渓山荘(10:15)~長衛小屋(13:00)~仙水小屋(14:00)

橋本山荘に車を停める。ちょっと行くと登山相談所があり計画書を丁寧に見てくれる。車がたくさん止まっている。丹渓山荘まで河原歩きだが、雪は少なく、あっても足首まで。丹渓山荘からは八丁坂の登り。10数回折り返しの道を登り、さらに何回か車道を横切り南アルプス林道に出る。このあたりから風が強くなってきた。テント指定地の長衛小屋は河原にあり、強風のためテントがひっくり返っている。しばらく風やどりしたあと予定通り川沿いにのぼり仙水小屋へ。風なし、水あり。こっちにしてよかった。誰もいないようだったが、そのあとテント1張りと、小屋泊まりの人たちが来ていた。なんとテントポールが一本足りない。ゾンデで代用する。ゾンデは3日間役立った。夜は星空。鍋を食べて寝る。

12/28 晴
仙水小屋(6:15)~駒津峰(8:00)~甲斐駒ヶ岳(9:40 1時間休憩)~駒津峰(11:30)~仙水小屋(12:10テント撤収)~長衛小屋(13:30)

尾崎のヘッドランプがないので、明るくなるまで待機。どんどん人が上がっていく。さすが年末。歩き始めて駒津峰までにどんどん抜いていく。学生らしいパーティーは赤旗を持っている。昨日のトレースあり。朝焼けに甲斐駒ヶ岳が赤く染まっている。樹林帯を抜け駒津峰に到着。ものすごく晴れている。ここでアイゼンをつける。甲斐駒ヶ岳は、雪が少ないのでトラバースでも行けたが、直登コースで行く。岩が露出している。視界がよいのでルートがよく見えうえに、ペンキ印が結構ある。風は強くなく暑いくらい。甲斐駒ヶ岳頂上なんと1時間くらい休憩する。尾崎はやはり裸で写真撮影。帰りも同じコースをたどり、仙水小屋でテントを撤収、長衛小屋へ。矢崎OBのぜんざいを食べはやくも正月気分。今夜も星空。テントが増えておりにぎやかである。

12/29 晴のち曇り
長衛小屋 (4:30)~大滝頭(6:30)~小仙ヶ丈(7:30)~仙丈ヶ岳(8:30)~長衛小屋(11:30)

尾崎の足元は矢崎OBが照らすことにし、今日は早めに出る。林道に出たところで尾崎がザイルを取りに帰る。その間ランプを消して星空を見ていると眼が慣れてきたよう気もする。トレースはやはりはっきりしている。登りに入ってすぐ単独行の人に追いついた。4合目あたりで空が赤く染まり始め、うつくしい。矢崎OBのデジカメは電池が寒さに負け作動せず。残念。樹林帯を出る前にアイゼンをつける。今日も晴れて景色がよい。小仙丈岳は軽くクラストしており歩きやすい。せっかくなので予定通り赤旗をさしておく。仙丈岳まで快適な歩きである。視界がなければ迷いやすいであろうところを確認しながら行く。仙丈岳頂上でしばらく休憩。八ヶ岳も御岳もよく見える。ここ一ヶ月、週末のたびこのあたりをうろうろしている。中アに山の形の雲がかかっている。人はいない。ライチョウが2羽いた。しばらく休憩していると後ろから人がたくさんやってくる。ものすごい数の人々とすれちがいながら帰路につく。帰ると早くも食いつぶしにはいる。散歩に出るとオコジョに会えた。やっと長衛小屋の管理人が入山し、トイレが使用可能になる。

12/30 曇りのち晴れ
長衛小屋(6:50)~戸台(9:50)

今日は帰るのみである。これから入山する人たちをうらやましく思いながら下る。雪は入山時より減っていて、林道では地面が出ていた。前方をゆく大きな荷を背負った背の高いちょっとすごい感じの単独行のお兄さん(推測)が見えた。足の長さの差からだろう、歩いていてはどんどんはなされてしまう。なぜか3人とも走り追いかけるが、すんでのところでゴールの駐車場となり完敗。橋本山荘では車がちゃんと待っていた。車窓から見える中アがすばらしい!しかしこのあと、お風呂と食堂がみつからず苦労することになる。矢崎OBは運転おつかれさまでした。

(以上 藤本)