神戸大学山岳部 木曽御嶽山アイゼン合宿報告書

【メンバー】
 L尾崎、藤本、田中、矢崎(OB)

【行程】
 12月20日(土)
 おんたけスキー場ゴンドラリフト10:00~15:30八合目金剛童子像のまえで幕営

 12月21日(日)
 八合目TS7:00~10:30剣が峰頂上~12:30八合目TS~15:00ゴンドラリフト

12月20日(土)
おんたけスキー場ゴンドラリフト10:00~15:30八合目金剛童子像のまえで幕営

大雪で高速道路とまる。明け方に落合川駅にもぐりこみ仮眠をとる。9:00ごろおんたけスキー場着。リフトは動き出したようだ。登山者もちらほら。天気は小雪がぱらつく程度。
リフトの駅を降りると、いきなりラッセルっぽくなるのでわかんをはめる。ちょっと人ごみで、恥ずかしいのがまた好い。道に沿って歩いていくと田ノ原山荘がすぐ見える。と、矢崎0Bがわかんを持ってないのが判明。わかんは嫌いだそうだ。でもとりあえず行くだけ行ってみようかと思う。
ロープ越えるとすぐひざラッセル。山荘横の鳥居をくぐって突撃。あんまり傾斜が無い。おじさん2人を追い抜く。こちらも1人わかんを忘れている。藤本、尾崎、矢崎でらっせるをまわす。腰くらいになるところもあってスピード上がらず。とちゅうから空身でやる。ほっとくと見えないところまで行ってしまう藤本と、もがきながら突き進む矢崎のラッセルのおかげでおじさんたちに代わってもらうまでも無く進む。後ろから2人パーティが追いついてくれる。10人くらいのパーティーもいそう。
雪の降る中ラッセルを続ける。15:00森林限界を越えたころ、10人パーティも追いついてくる。この雪ではほとんど雪練は期待できないだろうということになる。が、もちろん引き返すのももったいないので傾斜が急になってくる前に幕営しようかと思う。藤本は、どこでも幕営できるので、17:00まで進めるところまで進むという。もう雪練もできないなか進むのもあまり意味がなさそうだったので16:00まで行動することにする。
この間に抜かれた10人パーティのあとにくっついて進む。遅いので寒い。藤本は一人で横をラッセルして進んでいる。もの好きな人だ。
15:30、8合目金剛童子像の横で幕営。風が強くなってきたのでトイレに行くのが面倒だ。
明日剣が峰を目指すことになる。

12月21日(日)
八合目TS7:00~10:30剣が峰頂上~12:30八合目TS~15:00ゴンドラリフト

昨日と打って変わって快晴の中、行動開始。昼には戻ってくるように行動することにする。
アタック装備で、テントなどはたたんでくるんでおいていく。わかんをはいて夏道沿いをたどったり、ハイマツのうえを歩いたり、吹き溜まりをラッセルしたりしながらおおむね尾根通しに進む。
大滝頂上直前で雪が硬くなってくるが、がしがしけりこんで頂上到着。アイゼンをはく。
剣が峰までの間は風がつよい。雪がクラストして爪がしっかりささる。頂上について2ノ池のほうを見るが、誰もいない。僕らだけの頂上である。
藤本が雪練をしようというが、あんまり時間も無いようで、雰囲気もそんな感じではなかったので帰る。
風が強いのでこかされそうになる。大滝頂上で昨日の2人パーティと出会う。大滝頂上を少し下ったところでわかんに履き替える。藤本先導で下る。風で田中はしんどそうだった。そういう尾崎もわかんが外れたり、めがねが凍ったりでみんなを待たせてしまう。矢崎OBが途中で先に行ってしまって見失う。
TSについても矢崎OBがいないのであせる。20分ほどして下から上がってきた。下りすぎたらしい。このまま帰ってこなかったらどうしただろうか。
荷物をたたんで下山。森林限界までラッセルしていくが、時間を食うと思っていた樹林帯に入ったとたんに昨日のトレースが出現。雪が降ったと思っていたが、風だけだったらしい。御嶽がきれいだった。1時間半ほどで到着。

文責:尾崎竜平

【反省会の記録】

藤本:
ダブルボッカすると藤本のような体重が軽い人がトップだと後ろの人間が沈む。軽い人が荷物運びするなど分担がほかに考えられるか。
後続のパーティーが来た際に、矢崎OBが先行していたし、遅いし寒いし、先に進んだほうがよかった。
雪練をやったほうがよかった。トレに行ったのだし、またスキー場のゴンドラ最終に間に合わせて下山する必要も無かった。ロープを張りながら下山するとかもできた。
朝早く出たほうがよかった。全体に準備が遅くなってしまった。
パーティーの力としてもコンディションとしても十分いけた。

尾崎:
雪練はやったほうがよかった、とも思う。これからの山行で補いたい。
顔は目出し帽をちゃんとして、とちゅうでヒルドイドを塗ったが凍傷になった。手はアウターをせずに毛の手袋を外側にしていたら、手首の隙間が赤くなった。
新登場のわかんがよく外れた。歩き方とひもの長さが原因かも。
ゴーグルかけるなどやっているが、やはり風が強いとめがねが凍る。

田中:
風が強く疲れた。今思ってもあの風の中、雪練はしたくないと思っただろう。ただ、時間をてきぱきとやる方法もあった。
お腹が疲れた。背筋が疲れるような感じ。シャリバテかもしれない。体力不足から来ている。自分がばてるのタイミングなどがわかるようになってきた。
ゴーグルが壊れた。目出し帽が自分に合っていない。
朝の準備がおそいということに関して。テント撤収のときなど手際悪い。作業がかみ合っていない感じもした。

藤原:
矢崎をリーダーが止めないといけない。
わかんが外れるとたびたび聞くような気がするけど、解決策はないのか。
雪練をしにいったのだからできる限りやったほうがいい。