神戸大学山岳部 北八ヶ岳報告書

【メンバー】
L尾崎(3) SL田中(3) 安藤(1) 矢崎OB

【行程】
12月13日
ピラタスロープウェイ9:30~9:40坪庭・縞枯山荘分岐~10:30北横岳~11:30坪庭・縞枯山荘分岐~12:40縞枯山~13:30茶臼山~15:00麦草ヒュッテ~16:00白駒池TS

12月14日
TS6:30~7:15高見石小屋7:30~9:00中山9:30~中山峠~11:50渋の湯

12月13日
ピラタスロープウェイ9:30~9:40坪庭・縞枯山荘分岐~10:30北横岳~11:30坪庭・縞枯山荘分岐~12:40縞枯山~13:30茶臼山~15:00麦草ヒュッテ~16:00白駒池TS

 夜中、矢崎OBの車で茅野駅に着いたが雪がない。駅で寝る。2年ぶりの冬山の始まりかと思うとドッキンコして、車の中にいろいろ置いてくるのを忘れて、夜中茅野市街地を矢崎号をもとめてさまよう。
翌日8:10のバスで出発し、迷うことなくロープウェイに乗る。すごくいい天気。山頂駅で降りると踏み跡もないパウダースノーだった。吹き溜まりに尾崎靴を落とす。
準備をして出発。とりあえず荷物を坪庭の端っこに置いて、北横岳をピストンしてくる。雪が10センチほどの積雪で、まったくしまってないので逆に歩きにくいところもある。ちょっと木道がこわい。ピッケルの代わりにストックを持つ田中はズボンが小さくておなかがしんどい。道に沿って切り開かれた樹林帯を出ると、ほどなく北横岳到着。ここはちょっとだけ風がある。えびの尻尾がはったつ。尻尾は風の向きにむかってできることを尾崎は知らなかった。
分岐に戻って一休み。途中でおじさん・おばさんたち数パーティーと、ジーパン、スニーカーの街着の兄ちゃん2人とすれちがう。
縞枯山荘の前を通り過ぎ、雪の載った木道の上を歩く。のぼりにかかってから木道が無くなり、切り開かれた森の中を縞枯山に向かって歩く。単調な登り。雪がふんわり乗ってるだけなので、石石する道がうっとおしい。その点でトレースがあんまり無いのであるきにくい。スピードをそがれる。
縞枯山山頂で休憩。写真撮影。天気もいいし、樹林帯もきれいだし、素敵。茶臼山に向かって出発。トレースが全然無くて、雪ふわふわで、15センチくらいなのでトップが嬉しい。安藤先頭で茶臼山着。茶臼山は展望台があって、人もいたが、止まらず進む。田中は足首に少々不安があるので、くだりにかかってから尾崎が先頭を歩く。下が石で、がれてたりするので少し不安定なのだ。樹林帯の間の道をずんずん進む。矢崎OBとちゅう滑ってむこうずねを強打。狂おしいほど痛かったそうだ。中小場ですこし道を見失うが、麦草ヒュッテも見えて道発見。
麦草峠、ヒュッテ前でトイレ休憩。静かである。
国道を歩いて白駒池まで行く。田中はおなかの調子があんまりよくない。
池のほとりにテントを張る。
池は凍っていた。ピッケルでがんがん叩いたが水出ない。
意欲的な晩御飯は少々課題が残る。安藤すまん。

12月14日
TS6:30~7:15高見石小屋7:30~9:00中山9:30~中山峠~11:50渋の湯

 少し寝坊して起きる。これまたアヴァンギャルドな朝御飯は難在り。田中さんごめん。
 出発。朝陽に美しい森を歩いてムード満点の高見石小屋。こういうところに女の子と来たい。尾崎うんこが出ないので気持ち悪い。高見石で浅間山を見る。
 ちょっと東に向かって降りていってから、中山に向かって登り始める。道の様子は昨日と一緒。天気も同じ。小動物の足跡に導かれる。ライオンと魔女。途中おば様たちとすれ違ったので、トレースができてしまう。飽きが来たころ中山山頂到着。大休憩をとって、浅間山、妙高、北ア、南ア、乗鞍、御嶽、南アの端っこ?を眺める。人もおらんし素敵。えびの尻尾に蜂蜜をかけてかぶりつく。トレビアン。昨日と同じ、暑いので脱ぐ。
 せっぴの話とかをしながら中山峠に下りる。途中は本当に左側すっぱり切れていた。もっと雪があったら怖いだろう。とちゅう天狗岳とかが垣間見える。ピラミダルなその風貌にズキュン!何人も見える。
 だらだらと下って渋の湯に一瞬で到着。15:00前のバスまでお風呂に入ったりしてのらりくらりする。温泉の水風呂がここちよい。

 田中は足首の不安がとれたらしい。でも久々だったしザックも合わなかったのかもしれないので初日は途中からお腹がしんどそうだった。安藤は元気いっぱい。田中のお気に入りの犬になる。天気がよくてスノーハイクて感じだった。矢崎さん運転ご苦労様でした。車は安上がりでよい。

文責:尾崎竜平

【反省会の記録】

田中:足首の不安はとれた。体力的にはちょうどあってる感じだった。ピッケルがあったほうがよかったのでは(尾崎)。ストックで別によかった(田中)。というか、リーダーがちゃんとピッケルを持っていくように言うべきだった(藤原、藤本)。
安藤:読図がよくわからなかった。スパッツに不都合は感じなかった。
尾崎:食糧計画をいい加減にしすぎた。田中や安藤、メンバーにたいして注意や指示が足りなかった。