2003 秋山縦走 室堂-薬師岳-黒部五郎岳-槍ケ岳-上高地

文責:藤本(単独行)

10/3 曇り時々晴れ  
室堂(9:00)-浄土山-五色ガ原TS(13:00)

立山黒部アルペンルートで室堂へ。すこし寒い。浄土山への登りでは、昨日降った雪が解けたのか、岩が全部氷に覆われていてつるつるですべる。この先全部こんなだったら・・・。アイゼンが欲しい。と思ったのもここまででなんとか五色ガ原に到着。テント場はだれもいない。水場あり。昼寝して、天気図を描いてみる。あとから3張り来た。

10/4 晴れのち曇り一時雪
  五色ガ原TS(5:30)-スゴ乗越小屋(10:30)-北薬師岳(14:00)-薬師岳(15:00)-薬師峠TS(17:00)

TS予定のスゴ乗越小屋には水場がないので汲んでいく。草に氷がついたのがきらきらして、とてもきれいだ。しかしうっかりすると木道は凍っていてすべる。彼方に槍ヶ岳が小さく見える。霜柱をじょりじょり踏んで行くのが楽しい。スゴ乗越を少し登り返したところにスゴ乗越小屋がある。誰も来ない。木の板のテラスで昼寝をするが、起きても昼前だったので薬師を越えようと出発。ナナカマドの紅葉がきれい。などと写真を撮っていたら雪が降り出す。森林限界を越えると風が真横からになる。オーバー手袋が欲しい。北薬師はまだか?視界が悪い。北薬師にたどりつくと「この先日本海からの風強い」とある。そのとおりだ。単独行の学生に抜かされ、前髪とまつげにはつららがつく。薬師についたが展望なし。早く下ろう。ようやく薬師峠に到着するがぐったり。TSには4張りほどいた。雪がたくさん降ってくる。急いでテントを張りご飯もそこそこに今日はぐっすり寝る。

10/5 快晴のち時々曇り  
薬師峠TS(7:00)-北ノ俣岳(9:30)―黒部五郎岳―黒部五郎小屋(14:30)―三俣山荘TS(16:30)

昨日疲れたので今日はちょっとゆっくり寝ることにする。雪は数センチだけ積もっているが、天気はとても良い。今日も水を3L汲んでいく。雪の積もった木道がまぶしい。北ノ俣岳、黒部五郎岳までよく見える。黒部五郎岳は堂々とした山だ。青空に映える。カールコースで行く。小川が流れ、幕営したくなるくらいきれいなところだ。夫婦二人組みと道連れになる。双六にテントを張ったので、何が何でも双六まで帰るという。自分もつられて予定TSの黒部五郎小屋を通過して三俣山荘まで行ってしまった。三俣TSで、雲の平まわりで来た昨日の学生と会うが、双六まで行くといって暗い中歩いていった。

10/6 曇りのち晴れ  
三俣山荘TS(6:00)-双六山荘(8:30)―槍ヶ岳(13:30)

今日はいよいよ槍ヶ岳。三俣蓮華岳、双六岳とピークハントする。槍ヶ岳山荘では水は高価そうなので、双六山荘でたっぷり水を汲む。西鎌尾根で、槍から来た友人Nとその友人Sに出会い立ち話をする。天気はだんだん良くなり、槍の穂先も見えつつ登る。急登を上りきると槍ヶ岳山荘にでる。穂先はガスっていたのでテントを張って、夕食の下ごしらえをして、晴れるのを待ってから穂先に登る。信州大学山岳部OGという60歳台くらいのひとが登ってきていっぱいお話した。彼女が初めて登った時ははしごなんぞなかったそうだ。きれいな夕焼けが見れた。明日は帰ってしまうんだなあ。それにしても寒い!冬用シュラフにして良かった。

10/7 晴れ
槍ヶ岳(7:00)―中岳―天狗原への分岐(9:00)―天狗原―横尾(13:30)―上高地(15:30)

となりのテントのおじさんは40Lザックである。自分もまだまだ軽量化の余地があるのかも?最終バスでいいと決め、天狗原に寄って帰ることにする。大喰を越え、槍を振り返ると、向こうも大喰岳の影からこっちを覗いているような格好でおもしろい。風もなく、自分の歩く音しかしない。地図にある南岳手前の水場は捜したが出ていなかった。快適な稜線歩きもこのあたりまで。あとは横尾尾根を見ながら天狗原へ下る。池ではたくさんの人が休憩していた。槍沢の紅葉は絶品!写真を取りまくる。上高地では平日でも人が多い。上高地―松本直通バスに乗って、松本の菊の湯に浸かる。楽しい5日間でした。