トップページ



奥高野・神納川三田谷 沢登り報告書


【日程】2003年 6月22日
【メンバー】CL大西・田中・尾崎   文責 大西



6/22(日) 曇 昼頃ときどき雨

入山(5:25)‐ガニオ谷(7:50-8:05)‐マツオ谷(8:45)‐旧熊野古道出合(12:55)‐伯母子峠(13:00-20)‐伯母子岳(13:30)‐伯母子峠(13:40)‐旗籠跡(14:15-30)‐下山(16:00)


前日、20時、大西JEMINIで神戸発。狭い山道に悪戦苦闘しながら23時半過ぎ、伯母子岳登山口に着く。三田谷へもここから入渓する。

朝5時に起床。5時半出発。最初の堰堤までは、護岸工事が施された左岸上を行く。
堰堤は右岸側に木の梯子がかかっている。堰堤の直前で最初の渡渉。梯子を上ると、堰堤の静水池だ。梅雨時で、少し水量が多いよう。渡渉を繰り返しながら三田谷を行く。所々で、白い糸のような小さな滝が落ちてくる。
途中、736mの標高点からの尾根と合流するあたりで、8mほどの滝を左岸から高巻く。
右岸に古い植林小屋がある。そこから30分ほどでガニオ谷出合。さらに40分でマツオ谷だ。谷は細くなるが、両岸は切り立っておらず、明るい感じだ。新緑が美しい。さらに20分ほどで、右岸から大きな支流が流れ込む二股に到着する。
二股を過ぎると本格的な遡行となる。10mの滝、2段30mの滝を右岸から巻く。ともに美しい滝だ。釜の付近は涼しい風が流れ、心地の良い空間となっている。しかし、付近の斜面は岩がもろく、巻くのに少し時間がかかる。特に2段30mの滝を巻いた後の下降では懸垂したほうが確実だったと思う。
小さな滝を超え、ナメを過ぎ、4m、2段30m、3段30m段の滝を全て右岸から巻く。続く4mの滝は、尾崎がシャワークライミングを試みるが、水流に負け、敗退。おとなしく右岸へ。さらに8mの滝を左岸から登ると、しばらく大きな滝はなく、きれいなナメが続く。時折、小さな滝が現れるが、全て直登可能。新緑と清流が心地よい。雨が降ってくるが、雨粒の多くは木々が遮ってくれる。水とたわむれながら、上流へと登っていく。
北西へ向かっていた沢が西向きに変わるころ、左岸から少し大きな支流が流れ込み、少し行くと15m滝が現れる。ここは、流れのすぐ右側を直登する。滝を過ぎると、谷がいよいよ細くなる。左岸に細い支流が時折、入ってくる。源流の雰囲気だ。
15m滝から約40分。突然、旧熊野古道が現れる。ここからは古道を通って伯母子峠へ。立派な小屋がある。雨が止んだ。さらに、新緑の原生林の下を10分ほど行くと伯母子岳頂上だ。頂上の部分は森林限界を超えるのか、緑の芝生が広がっている。印象的な頂上だった。
下りは旧熊野古道を通る。旗籠跡や弘法大師像などがある由緒正しい道だが、ガケ崩れや、胡散臭い橋など、想像していた「古道」とは少しイメージが異なる。中腹からは単調な植林の中を延々と下る。長い。この道は等高線に沿って緩やかな勾配になるよう設けられており、伯母子峠から登山口まで12kmもある。
頂上から2時間半。ようやく山に囲まれ箱庭のような集落が見えてきた。



【感想】

〈大西〉

新緑の沢は大変美しく、印象的でした。また、梅雨時でしたが幸いなことに天候も大崩せず、水量も少し多い程度で、運にも恵まれたと思います。
難易度的には難しくない沢ですが、一部の高巻きでは、ルートやザイル使用の判断などに問題を残しました。
また、付近一帯は携帯電話がまったく通じず、登山口に公衆電話もなかったため、リアルタイムの入山・下山連絡ができませんでした。登山本部の藤原には迷惑をおかけしました。このような場合の連絡方法についても、今後の検討課題です。 

〈田中〉

行程が長かったけど、所々いい滝もあって沢っぽい沢でした。
遡行自体は簡単で少し単調な気がしました。
私的に怖かったのは、2箇所。
・ちょこっと流されかけたとき、「あれあれ?さようなら?」ってヒヤッっとしました。
 流れに対して足が届かないところへ斜めに入ってしまったから。
・高巻きから沢に戻るときに下が滑りやすくて怖くて動けなかったときがありました。
 懸垂したほうが早かったかなと思います。
あと、全体的に、上体がふらついてました。もう少ししっかり歩けるようになりたい。
ルートファインディングについては、3人ともよく確認できたかなと思います。
入山から下山まで誰とも会えませんでした。ちょっとさみしい感じの1日でした。
小バエや蝶々にはかなり追いかけられたけど。



トップページ