トップページ



燧ケ岳・駒ケ岳スキー登山記録


2003年5月 3日〜 4日
文責 酒井(OB)



この5月の3連休は会社の同僚と桧枝岐に入り、会津駒ケ岳のスキー登山をすることにした。計画を立てている内に燧ケ岳も登ろうということになり、3日早朝東京発御池からの燧ケ岳(2,356m)往復、その日は桧枝岐の民宿泊まり、翌日4日駒ケ岳から南に伸びる富士見林道を辿りキリンテ沢を下るということにした。
足回りについては僕は兼用靴+フリートレック。同行の宮本君は兼用靴+180cmのアルペン用の板である。

5月3日(土曜日)快晴。気温 桧枝岐で23℃

午前6時15分 同僚宮本君と一緒に僕の車で桧枝岐に向けて出発。この3連休は好天が続く見こみだけに人出が多く、東北自動車道は大渋滞。塩原温泉は過ぎてからは車も少なくなる。桧枝岐経由で午後1時前に御池(ミイケ)到着。ここが今の時点の国道352号の終点だ。小出へ向かう道はまだ雪で閉鎖中。御池には数10台の車が留まっている。燧ケ岳往復登山をしている人も何組かいる様だ。
午後1時30分 当初計画より2時間以上送れているが登れるところまで登る方針で燧ケ岳に向けて御池(1,500m)出発。最初はシール登行をしていたが、広沢田代(1,700m)への急斜面からスキーを担いでツボ足で登る。もぐることはほとんどない。途中ホンの一ヶ所だけ1,986mピークから熊沢田代にむけて僅かな下りがある。前にはすっきりした燧ケ岳の頂上を望み、振りかえれば明日登る予定の駒ケ岳が見えるまことに気持ちの良いところである。ここはシールを外してひと滑りだった。午後4時20分熊沢田代の上の樹林帯を抜けた約2,100m地点で下山を決定する。見上げれば、燧ケ岳の頂上は一部地肌が出ているが、正面に樹林のないすっきりした雪の斜面が下っている。スキーの楽しみを満喫できそうな斜面だが、来年までのお預けとなってしまった。
下山は樹林帯をひと滑り。北斜面のため思ったほど雪は腐っておらず快適な滑りだった。 ただ広沢田代への下りで調子に乗りすぎやや西に滑り過ぎ、トラバースで軌道修正する局面があった。山スキーは楽しいが、スピードが出るだけにルートを間違える危険性がある。 急斜面の樹林帯ではフリートレック(ショートスキー)が圧倒的に有利だが、「田代」のような雪原では滑りが悪く長いスキーに軍配が上がる。
5時20分御池着。

5月4日(日曜日)快晴 気温22℃ (桧枝岐)

午前6時45分 桧枝岐 滝沢口の民宿「こまどり」前を出発(標高約930m)。今日は会津駒ケ岳(2,133m)へ1,200mの登りなので、日が高くなる前に高度を稼ぎたいと思っていたが早くも駒ケ岳何面には日がいっぱい当たっている。
20分程歩いて林道を離れ急な尾根道を重い兼用靴に苦労しながら登っていく。
9時15分 1,200m地点ここから雪の上を歩くが斜面が急なのでまだシール登行はせずにツボ足で登っていく。10時30分1,900m地点到着。傾斜がやや落ち木も疎らになったので、シール登行に切り替える。小さなピークを超えると駒の頂上に続く無木立の真っ白い斜面が見渡せる。スキーのトレースに従って駒ノ小屋には寄らず真っ直ぐ頂上を目指す。頂上直下は100m程だが急斜面だ。最後の大汗をかいて11時30分登頂。
当初予定していた富士見林道からキリンテ沢を下るルートは途中で雪が剥げ落ち藪が見えているところがある。よって今回は来たルートを下ることにする。 ラーメンを作ったりして1時間程頂上で過ごした後、12時半に下山開始。途中1,748mピークから上ノ沢に降りる尾根に入りかけて慌ててトラバースして登山道の尾根に戻る。 ここは気をつけないといけないところだ。尾根の上ではブナの木を縫う小回りターンで滑るが南斜面で足跡が多いため昨日の燧ケ岳ほど快適な滑りは出来ない。
藪が多くなった1,300m付近でスキーを脱ぐ。14時民宿こまどりに戻る。

以上

会津駒ケ岳をバックに燧ケ岳を登る
2,100m地点
燧ケ岳を滑る 駒ケ岳頂上から肩ノ小屋方面


トップページ