トップページ



北アルプス 立山東面 立山中央山稜〜真砂尾根 報告書

2003年5月 2日〜 4日
L.香山 矢崎



5/2 黒四ダム(9:00)→(10:00)内蔵助谷出合→(12:00)内蔵助平→(内蔵助峰北東尾根)→(14:00)2100m付近T.S.

8:20トロリーバスで黒四ダム着。ダムの降り口から真正面に見える、目 指す丸山南峰から南に延びる尾根を見ると、尾根上には雪が全くなく、谷筋に途切れ途切れに残る程度。丸山南峰か ら登ることを早々に中止し内蔵助峰に北東の尾根から取り付くことに変更する。9:00ダムを出発、黒部川沿いに左岸を下り内蔵助谷出合まで。ほとんど川が見えていて所々雪でブリッジが残っている。天気が良く気温が高く風もないので、上は長袖Tシャツに下はジャージのみである。防寒の下着も着ていない。これから下山まで 、行動中は常にこの格好だった。内蔵助谷出合からは谷の右岸を歩く。丸山東壁は基部近くを通る。壁にはほとんど雪はなく、テラスやチムニーに一部残る程度である。雪崩れた後が随所にある。12:00内蔵助平到着。見渡す限り、テントは見えない。スノーボードを担いだ隊を見かけた。内蔵助カールにつけられたシュプールは彼らのものか?カールは一部真砂尾根からのデブリで茶色く汚れている。
内蔵助峰を目指し尾根を上がる。斜面の雪の途切れたところを避けながら、13:00細い尾根上に出る。雪はしまっていてほとんど沈まないが、アイゼン団子がうっとうしい。14:00尾根上、平らなところを見つけて宿泊することにする。
夕食後、まだ明るい17:30には寝てしまった。新しく入手したダンロップの2人テントは居住性がよく快適である。夜中にどこかで雪崩れる音が数回聞こえた。

5/3 T.S.(5:30)→(6:00)内蔵助峰→(丸山中央山稜)→(10:00)富士ノ折立⇔ 雄山 →(12:20)真砂岳→内蔵助山荘→(真砂尾根)→(15:00)T.S.

4:30鳥の鳴き声で目が覚める。外はすでに明るい。ラーメンと紅茶の朝食をとり出発。
ところどころ雪のない雪稜をつめ30分ほどで内蔵助峰に着く。これから登るルートの概念把握のために大休止。大部分は雪のあるところを拾って登れることを確認し出発。内蔵助峰から降りたコルは広く、宿泊適地である。どちらかといえば真砂沢側の雪壁を登り、ハイ松薮こぎをしながら稜線を詰める。
尾根上を岩が行く手をふさぐと核心部である。雪が多いと左側のルンゼの雪壁をつめると思われるが、今年はその雪壁と岩の間にハイ松が露出しており、木登りで突破。 ロープは使用せず。
その後も、薮こぎや岩稜を交え稜線を詰め、富士ノ折立に10:00に着いた。頂上で硬い握手。
大汝岳や真 岳までの稜線上にはかなりの人が見える。下のほうに見える雷鳥沢のテントサイトには数十のテントが見える。立山の東面 とは大違いだ。とりあえず東側の夏道に下り荷物をデポ、雄山へ向かう。稜線上で追い抜いたりすれ違う人々はほとんどの人がアイゼンをつけていない。結構夏道が出ており、雪で覆われたところもトレースがしっかりついている。我々もアイゼン を外して歩く。途中携帯のアンテナが立っていることに気づき、登山本部と山岳会のメンバーに中央山稜終了のメールを 送る。恐らく、室堂に基地局があるためだと思われる。この稜線上は携帯が使用可能。大汝山を経て雄山へ。雄山には10人ほどのスキーヤーがいた。少しゆっくりした後引き返す。
12:00富士ノ折立で荷物を回収、そのまま真砂岳へ。真砂岳から内蔵助山荘を過ぎ真砂尾根の下降を始める。尾根上もやはり雪が少なく、上部はほとんど雪がない。真砂沢側に少し降りた雪面のトラバース、尾根上の岩稜、ハイ松の薮こぎや木下りをしながら下る。尾根上に残っている雪もところどころ割れていて、ややこしい。
15:00尾根上の広いテントサイトを見つけ今日の行動を打ち切る。雪が腐っていたため、稜線からここまでアイゼンは使わず。ここは剣東面の源治郎尾根、八ツ峰の格好の展望台だ。剣を正面に見据える位置にテントを建て、眺めながら夕食を作る。今日も18:00には寝た。

5/4 T.S.(4:45)→(5:30)ハシゴ谷乗越→(7:00)内蔵助谷出合(7:20)→(8:20) 黒四ダム

今日は3:30起床。4:45出発。本日も天気が良い。朝は雪がしまっており、アイゼンを装着。昨日と同様真砂沢側をときどきトラバースしながら下る。ハシゴ谷乗越の手前で5:30に休憩した後、どんどん下る。内蔵助平を突っ切り、デブリの多い内蔵助谷も一気に下って、7:00内蔵助谷出合へ。後はだらだら歩いて8:20ダムに着いた。

「終わり」

黒部ダムより丸山南峰を見る 内蔵助峰より丸山中央山稜
黒部ダムより丸山南峰を見る 内蔵助峰より丸山中央山稜 真砂尾根より見る剣


トップページ