トップページ




北アルプス・鹿島槍東尾根 報告書


2003年 3月21日〜22日
【メンバー】L木南、SL香山、小宮、矢崎



平成15年3月21日(金)

大谷原6:45ー7:30尾根取り付き7:45ー10:50一の沢ノ頭11:10ー13:50二の沢ノ頭

前日晩に神戸発。途中高槻で香山さんをピックアップ。木南は心臓が不調。脈拍不整。過労か?大谷原には5時過ぎに到着。少し仮眠して6時から出発準備。天気快晴。同じように出発準備している登山者、トレッカーがたくさんいる。絶好の山日和だ。林道を行く。水門をこえてすぐ、赤布で取り付きとわかる。急な斜面を一気にあがり、稜線に出る。先行隊あり。トレースがなければラッセルがきついだろう。快調に高度を上げ、森林限界を越え、一の沢ノ頭には予想の半分の時間でつく。広くて快適な幕営地だが、時間がはやいのでもっと先まで伸ばすことにする。一の沢ノ頭から先はヤセ尾根になる。先頭でトレースをつけて進む。日差しで雪がゆるみ、ダンゴになって歩きづらい。雪の状態がいやらしく通過困難な箇所あり。1箇所は大きなキノコ状。側面が立って雪壁になっている。ロープを出し、強引に乗り越す。もう1箇所は二の沢ノ頭手前の雪壁。落ちるとやばい場所なので念のためロープを伸ばす。二の沢ノ頭はピーク上に3張りほど十分に張れる。この先はよいテント場がないとのことなので、少し早めだが、今日はここまでとする。あとから2張りテントがやってくる。夜中は風がきつかった。

3月22日(土)

二の沢ノ頭5:40ー11:00第二岩峰11:10ー12:20鹿島槍南峰12:35ー14:20赤岩尾根14:30ー17:00大谷原

4時起床。天気は曇り。夜中の風はおさまり、静かな朝だ。大町の街の明かりがきれいだ。二の沢ノ頭からコルに下がり、急な雪壁を上がる。尾根が岩壁に吸収されてなくなるところが第一岩峰だ。この基部でもテントは張れる。第一岩峰は全面雪がべったりついていて岩峰というより雪壁だ。先行が3隊いて、待ち時間となる。そうしている間に、後続も来て、取り付きは混雑する。
小宮、矢崎と香山、木南にザイルパーティを分けて取り付く。単なる雪壁登り。雪面がしっかりしていて容易。支点は潅木。2ピッチで抜ける。上部の急な雪面を斜めに上がっていくと核心の第二岩峰に突き当たる。ここも渋滞。記述通りかぶり気味の凹角を抜けるところが核心部だ。時間がかかる。1時間半ほど待機するはめになる。すぐ北側にある天狗尾根にもたくさんの人が取り付いているのが見える。香山さんトップでまず香山、木南チームが取り付く。香山さんは打ち込んだバイルが抜けて凹角で少しフォールする。小宮、矢崎チームは小宮トップで抜ける。第二岩峰は見た目より傾斜はあるが、残置支点が豊富なので、思い切りで行ける。第二岩峰を抜けると緊張感はやわらぐ。あとはトレースをたどって高度感のある雪稜をたどるのみ。ずっと曇り空だが、雪が降るでもなく風が吹くでもなく、穏やかな天候で助かる。鹿島槍北峰はスルーして最高峰の南峰をめざす。山頂着12時半前。剣、立山、五竜、針木など、360度見渡せる。ラッキーだ。下山にかかる。赤岩尾根の出だしは楽をしようと懸垂下降で下る。急なのは最上部だけであとはロープは要らない。少し尾根を下ったところから、西沢に直接下降する。スキーがほしいところだ。シリセードなどしながらハイスピードで下る。あとは林道をたどって1時間、駐車場に帰り着く。薬師の湯で温泉につかり、大町の焼肉曼で1000円食い放題焼肉を食べて帰途に着く。



 トップページ