トップページ


中央アルプス報告書                             


2003年1月25日(土)〜26日(日)

参加者:CL中村、SL木南、小宮、明石、藤本、三桝、大石(一般)   文責:木南



1月25日 晴れ

[駒ヶ根スキー場]07:20−13:00[1920m]15:00−16:30[2080m先コル]

木南号で前夜発、早朝スキー場下に到着。ちくまで来る中村、明石を待たずに先に入山する。
スキー場の脇から山道に入るが、いきなりラッセルだ。はじめは軽い雪で割と速いペースで上がる。展望台の辺りから雪が重くなる。ひざ程度のラッセルだがペースが落ちる。ゆるい傾斜のジグザグ道をたどる。新しい池山小屋のある広い鞍部から尾根上に上がる。1920m台地状で中村たちが追いついてくるのを待つことにする。携帯電話が中村に通じる。聞けば明石が体調不良で途中一人下山したらしい。それでだいぶん遅れたようだ。中村を待つ間、カマクラをつくる。完成間近のところで到着する。多くの共同装備を一人で担いできたので大変だったようだ。メンバーがそろったので装備を分担しなおして、再スタートする。しかし時間がない。1ピッチなんとか歩いて2080mを越えるが、暮れてきたのでそこで行動を打ち切る。非常に積雪が多く、雪の状態もよくない。アクシデントがあったことも考えて、明日は空木岳ピストンに変更する。山頂に着けなくても12時リミットで引き返すことにする。夜は飲み倒す。未成年三桝は酒の味を知る。小宮は撃沈。


1月26日 晴れ

[2080m先コル]06:20−11:50[2528m]12:20−14:00[2080m先コル]14:20−[駒ヶ根スキー場]17:00

明るくなるのを待って出発。アタック装備以外は残置。はじめ急登。しだいにやせてきて、迷尾根に入る。迷尾根の通過は急な斜面をトラバースで回り込んでいく。とにかく雪が多い。しかも緩い。ひざからもも程度のラッセルだが、傾斜の強い箇所では雪壁トラバースのようになり、足場が安定しないため、いやらしく感じる。コース取りも、赤布を辿ってずっとトラバースで行ったが、雪崩の危険性は排除できない場所だ。危険を感じたら、セオリー通りに稜線をたどった方がよいように思う。主稜線に戻ると雪質は安定してくる。しかし時間切れだ。2528mはちょうど森林限界の辺りで眺望抜群。山頂まで1時間強で行けるだろうが、昨日決めた通り、ここで引き返すことにする。南アルプスの長大な山脈が一望のもとだ。みんなご機嫌で、大石さんのカメラの前でいろんなポーズをする。下降は速い。1ピッチでテントサイトに戻る。装備を回収。さらに下山。日没直前にスキー場着。

(感想など)
・スムースに行けなかった分、現役には得るところが多い山行だったと思う。
・藤本は十分にリーダーができると思う。このシーズンにリーダーで一つ計画を出してほしい。
・三桝は歩き方に安定感がでてきた。とにかくスピードがはやい。頼もしい。
・明石は残念だった。またいっしょに行く機会をつくりたい。


 トップページ