トップページ



八ヶ岳バリエーション(裏同心ルンゼ・小同心クラック・赤岳主稜・中山尾根/OB隊)報告書                             


2003年1月11日〜13日


L木南(OB)  小宮(OB)



1月11日(土)晴れ

美濃戸口11:20-赤岳鉱泉14:20

 前日晩のJRのダイヤ混乱により、木南がタッチの差でちくまに乗り損ねる。試行錯誤して最終的にいったん家に戻り車でリスタートすることになる。神戸を出たのが0時半過ぎ。ほうほうの体で茅野にたどりついたのが10時過ぎ。今日は赤岳鉱泉まで行って泊まるだけの行程で許してもらう。
 本日予定の赤岳主稜は、明日予定の裏同心ルンゼから小同心クラックにつなぐ行程がこなせて、しかも行者小屋に正午までに戻れたら行くことにする。
 17時半には早々とシュラフイン。



1月12日(日)ガス後晴れ

赤岳鉱泉06:20発
1)裏同心ルンゼ 【裏同心沢出合い06:30-F6涸滝(裏同心ルンゼ終了点)07:25】
2)小同心クラック 【取り付き・登攀開始08:20-横岳山頂(小同心クラック終了点)10:20】-行者小屋11:20-同発11:35
3)赤岳主稜    【取り付き・登攀開始12:40-赤岳山頂着15:20】-同発15:40-赤岳鉱泉16:25

【裏同心ルンゼ】
 はりきって4時半に起床するが、のんびり準備して出るのは遅くなる。
 裏同心沢にはトレースがある。おとなしくたどる。どんどん上がっていく。傾斜が上がる。ルンゼらしくなる。しかしルンゼ内はアイゼンの前爪だけで適当に上がっていける雪壁が続く。・・・滝さん、いずこ??・・・と悩む間もなく奥に顕著な涸滝が見えてくる。終了点のF6涸滝だ。難なく到着。F1〜F5は全て雪の下というわけ。拍子抜け。積雪が増えると氷が埋まってしまうという記述は本当だった。

【小同心クラック】
 そそくさと小同心へ向う。大同心の基部を回って小同心の基部へ。ガスが出ていたので見極められるか心配したが、取り付きは小同心左岩峰基部の広場の上で明瞭だ。先客はおらず、すぐに登り始める。

 1ピッチ目木南トップ、フェースの中間でしっかりしたホールドが取れず苦労する。(40分)
 2ピッチ目小宮トップ、チムニー状の岩の間に身体を入れながら乗り越す箇所で苦労する。(45分)

 あとは傾斜がゆるくなり、ザイルは不要と思われたのでしまう。ガスが晴れる。
 大同心の威容が目を引く。草付きを上がっていくと最後に壁が現れる。これをバランスで登ると横岳山頂。
 最後の壁はザイルを出した方がよかったかも。小同心クラックは全体に傾斜が強く、ときに大胆な動きを要求される。短いルートなので我々にもこなせたという感想だ。

【赤岳主稜】
 登山者多数の横岳をあとにし、地蔵尾根を下降。行者小屋には11時半前に着いた。
 このまま赤岳鉱泉に戻って休養という魅力的なプランも出たが、それは却下して、昨日決めたとおり赤岳主稜に向う。
 文三郎道から赤岳西壁を観察。「主稜」というほど明瞭な稜線は見当たらないが、2,3パーティ登っていくのが見えるのがそれだろう。
 取り付きは思った以上に上部で、文三郎道をかなり上がってから斜面をトラバースする。踏み跡がある。

 1ピッチ目小宮、出だしのチョックストーンの乗り越しが少し難しい。あとは簡単。

 以降、ツルベで50mいっぱい使って6ピッチ伸ばす。どのピッチも容易。単なる稜線歩きという部分もある。いよいよ緩やかになってきたと思ったら、赤岳頂上小屋の下に出る。山頂はいい眺め。ゆっくり休む。このルートは、取り付きさえ間違わなければ、あとは導かれるように上がっていけばいいという感じ。
 下りはやはり地蔵尾根を使う。45分で赤岳鉱泉に帰る。ジョッキ一杯800円の生ビールを飲む。



1月13日(月)晴れ

赤岳鉱泉05:50-・中山尾根【取り付き07:00-終了点09:00】-赤岳鉱泉着10:00-同発10:35-美濃戸口12:00

【中山尾根】
 一番乗りをしたいので、暗いうちに出発。トレースあり。なんとか一番乗りを果たす。

 1ピッチ目木南、難しくはないが、支点が少なく不安。(20分)
 2ピッチ目小宮、出だしのフェースが細かくいやらしい。(20分)

 そこからコンテで150mほど進むと、城壁のような上部岩壁に行き当たる。基部は広い。核心となるこのピッチは小宮がトップでいく。中段テラスまではそんなに難しくはない。アイゼンの爪の跡がはっきり付いているのでそのとおりに足を置いていけばよい。ハングした凹角を抜けるところがやや厳しい。足を開いて左右の壁を使いながら体重移動でこなす。(40分)
 そこから草付きと小さな壁を2ピッチ伸ばすと主稜線につながるバンドに出る。そこを終了点とする。
 地蔵尾根を下降。赤岳鉱泉で荷物をまとめて、さっさと下山する。



(反省)
・スピーディな行動を心がけた。初めの小同心が一番時間がかかったが、次第に セッティングなど速くできるようになった。
・トータルでみて、小同心の1ピッチ目、2ピッチ目が最も難しかった。岩慣れしている小宮に難しい所を行ってもらった。

(以上木南)



 トップページ