トップページ


横尾尾根−槍ヶ岳 報告書       文責:小宮


日時:平成14年12月29日〜平成15年1月1日

メンバー:CL小宮 木南 中村 藤本 香山



12/29 雪後晴れ 
中の湯6:30-7:30大正池-8:30上高地-11:00徳沢-12:00横尾-3:10 標 高2000m付近TS

松本からタクシーで中の湯まで行けた。県警のプレハブに計画書を出して出発しようとすると「三のガリーは雪崩が起こってるのでやめとけ」といわれた。トンネルはツララがいつ落ちてくるか不安であった。またところどころ地面がツルツルに凍っ てお り慎重に歩かねばならなかった。
上高地を過ぎたあたりでワカンをつけた。
横尾尾根は末端からだとラッセルはしんどいが雪崩の心配がないので末端から取り付いた。踏み跡は前半はなかったので大変だった。しばらく登ってから踏み跡が出てきた。
しん どくなってきたので見晴らしのいい所で泊まる。香山は膝の調子が悪かったが次の日からは何ともなかった。


12/30 快晴 
TS7:00-8:00P2216m-10:00三のガリーコル-1:00P2323m-2:30P2520m過ぎ TS

アイゼンをつけて出発。
P2216mから三のガリーコルへの下りの一部で小宮以外は稜線を行かず踏み跡どうりトラバースをして苦労していた。その後下りで2回ザイルを張った。
P2323mの登りでは先行パーティーがザイルを張っていたが私たちは張らなかった。初心者がいれば張るほうがいいと思った。私たちの前方で3人のパーティーと2人のパーティーがラッセルをしておりP2323m頂上で追い抜いたが、雪が多く傾斜がきついのでトップは相当大変そうだった。木があったので何とか登れた。後ろから単独行の人が追いついてきた。ワカンに履き替え交代でラッセルをした。
P2520m手前でクラストしてきてまたアイゼンに変えた。風の少ない、いい天場をみつけて泊まる。


12/31 晴れ後雪
TS6:30-7:00歯10:00-11:30天狗のコル-12:30主稜線-1:30中 岳-3:00大喰岳TS

日本雪山登山ルート集の図とは違って横尾の歯はP2729mの手前だった。
ザイルを2ピッチ張ったが2ピッチ目の下りは足場がだいぶ離れていた。後続の2パーティーを2〜3時間待たせてしまった。
天狗のコルからの登りは単独行と2人パーティーの踏み跡があったのでラッセルやルーとファインディングを余りしないでよく登りやすかった。上部は岩が雪で隠れており急な雪壁になっていたが、アイゼンとピッケルが良く効くので何とか登れた。
中岳の下りは懸垂下降をしたが、はしごがあったのでしない人もいた。大喰岳の頂上に広い所があって泊まる。


1/1 快晴
TS6:40-7:00日の出-7:20槍ヶ岳-9:00大喰岳TS-9:40飛騨沢-11:00槍 平-12:00白出沢-1:15新穂高温泉

朝起きると空は満天の星で、東のほうは明るくなり始めていた。
テントをたたんで木南はザイルとテルモスを持って、他の人は空身で槍ヶ岳をピストンした。途中で見た白山の方の朝焼けが幻想的であった。山荘付近で初日の出も良く見えた。
大喰岳西尾根の下のほうで尻セードをした。槍平の手前で飛騨沢の水を汲んで飲んだらとてもおいしかった。白出沢付近には二人でも抱えられないような大木があった。
新穂高温泉でタダの風呂に入った。切符売り場で乗れると聞いていたバスが満員で乗れなかったので、物知りの運転手に猪谷までタクシーで連れて行かれた。富山でビールと酒を飲んで帰った。


 トップページ