トップページ


御岳山アイゼン合宿 報告書       文責:木南


日時:平成14年12月21日〜22日

メンバー: CL木南、SL小宮、大西、藤本、三桝、矢崎、中村、香山


12月21日
御岳ロープウェイ山上駅9:10→二の池14:30

香山、木南の車2台でアプローチ。7時過ぎの到着。御岳ロープウェイは8:30になら ないと動かない。寝てない者はここぞとばかりに眠る。小雨の降るあいにくの天気だがとにかくロー プウェイで上がる。
ロープウェイ山上駅はボーダー多数。雨は小雪に変わる。出発。スキー場の外に出 て、わかんを装着する。
金剛堂の辺りが森林限界でブレイカブルクラストに変わる。アイゼンにはきかえ る。中途半端なクラストで歩きにくい。
ガスで視界は50m程度。岩室小屋手前から風雪が加わる。足元の雪も深くなり、冬山 初めての三桝は歩行が安定しない。
二の池向かいの斜面は30〜50cmの新雪の下にやや硬い雪面がある。雪練は可能だが、十分にはできないだろう。 時間も無く悪天候でもあるので今日は雪練はやめて行動を終えることとする。


12月22日
二の池07:00→〔雪練07:20-09:50〕→二の池10:30→剣が峰11:30-11:50→14:40 御岳ロープウェイ山上駅

夜半までかなりの降雪がある。50cmほど積もったようだ。しかし朝は高曇りで、そ れも日が昇るとみるみる晴れていく。
雪練を行う。つぼ足歩行はほとんどラッセルの練習のようだ。アイゼン歩行、ス トップは表面の軟雪をのけて硬い雪面を 露出させて行う。しかし硬さが十分でなくきっちりした技術のチェックはできな い。形だけと思いながら一通りやる。 スタカットはやらない。
雪練を切り上げ、テントを撤収後、山頂に向う。山頂へ至 るルートも全くクラストしていない。
山頂からは完璧な眺望で、槍、穂高、中ア、白山などが望める。雲海も見事だ。昨 日とのギャップがあるので感激もひとしおだ。
下山を開始する。分厚いふかふかの新雪で歩きにくい。山スキーヤーがいたが、彼 らも板を脱いで歩き下っていた。
三桝はたくさんこける。2時間ちょっとでスキー場まで戻る。香山、木南以外はロー プウェイを使わずにスキー場を歩いて下る。

CL反省点
・雪練が十分にできなかった。きちんとクラストした斜面でアイゼン歩行、ストッ プを再度チェックする必要がある。
・非常に雪が多かった。しかも上の方までふかふか。前回12月に入ったときもそう だった。
 12月の御岳は山としては面白いが、やはり雪練には不向きだ。


 トップページ