トップページ


上松−木曽駒ケ岳報告書                             


2002年11月23日〜24日

メンバー CL木南、SL中村、大西、藤本、小宮

文責:小宮


11/23 快晴 林道終点6:30-16:00頂上木曽山荘TS

前夜、木南号で木南・大西の運転で上松へ。林道終点に着くと明るくなってきて準備 をして出発。その際ワカンは使わなさそうだから置いていったが、あとで持っていけ ばよかったと後悔するようなところに出くわした。 木南さんの調子が悪いらしく、待ってもなかなか来ないので大西が見に行ったら来 た。

敬神ノ滝山荘の隣の沢で水を汲み、ゆっくりと高度を稼いでいく。御岳や乗鞍が雪を まとって美しい。 今にも石が落ちてきそうなナギ(がけ崩れ)を通過する。金懸小屋あたりから雪があ る。大西・藤本がトップを交代しながら行く。中村さんに歩き方を教えてもらう。 8合目あたりからは次第に雪深くなってきてペースが上がらないので全員でトップを 交代して歩く。クラストしているところとそうでないところがあり歩きにくい。時に は膝の上まで沈んでしまう。 木曽前岳あたりからようやくほとんどクラストしてきたのでアイゼンをはいて歩き、 頂上木曽山荘に着く。山荘の中で泊まろうとして入り口の雪を掘って戸を開けたが狭 いのでやめた。隣にテントを張って夕焼けを眺めてキムチ鍋を食って寝た。大西は調 子が悪く終始寝ていた。



11/24 快晴 TS6:30-頂上-7:00TS-11:00頃林道終点

朝は昨日の凍った残りでキムチ雑炊をした。

頂上で一服したあと昨日登った道を一気 に下った。朝早いのでクラストしており昨日ほど沈まなかった。

下山後温泉とプールに入り、ビールを飲んでざるソバを食った。運転をされた木南さ ん・皆さんお疲れ様でした。


 トップページ