トップページ


御嶽山デポ装備回収山行                  

2002年6月8日(土)

メンバー:CL尾崎2、SL藤本3、装備田中2、小宮(OB)、竹内(OB)

天 候 :晴れ

コースタイム:中の湯4:40〜金剛堂6:15〜石室山荘7:15〜二の池小屋7:50

装備回収ののち8:30〜下山、10:50中の湯着


竹内OBの車で未明のうちに現地に到着したが、ロープウェーの始発が8:45と遅いために、飯森駅ではなく六合目中の湯からの入山に変更する。4時ごろには周囲が見渡せるくらい明るくなり、運転でお疲れの竹内OBを遠慮がちに起こして入山する。しばらくは木道をゆっくりペースで登る。7合目を過ぎると道に雪渓状の残雪がところどころ現れ始める。だんだんとこげ茶色の山肌と真っ白い雪とのコントラストの美しい山頂が見えてきた。けれど、なかなか近づかない。石室山荘直下は雪面をキックステップで直登する。まだ朝早いので雪は締まっている。OBからの指導も受けることもでき、雪練気分で楽しい。
空気の薄さと硫黄の匂いを実感しながらようやく頂上につく。時折やや強めの風が吹いているがたいしたことはない。水をたたえた二の池を抱く優しい景色の山頂で、事故の日のことを昨日の事のように思い出す。やっとこれた、と胸のふるえる思いである。デポした装備は当時のまま小屋の横にあった。アイゼンやわかんの一部は錆付いているものの、大体のものは大きな破損は受けておらず、藤原のザックもきれいだった。恐れていた食料は多少悪臭を伴っていたが、思ったほどひどくない。小宮・尾崎は食べられそうな食料がないかさっそくあさっている。
回収も無事終了する頃、矢崎OBから覚明堂まできているとの電話連絡が入る。けれどなかなか姿が見えないので下山を開始しようとしたところ、降り口手前で出会う。田中の「今山頂にいます」の言葉により、剣が峰に行ってしまったとか。(すみませんでした。)
ということで、6名で下山する。雪の斜面では小宮・竹内OBはスキーのように軽やかに滑り降りていく。下りはとにかく暑かった。気温がぐんぐん上昇しているのが分かる。スコップやらわかんやら季節はずれのグッズたちがどんどん異様さを増していく。帰りはJRじゃなくてよかったとつくづく思った。

下山後、そのまま竹内OBに部室まで送って頂いた。長時間の運転、本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。小宮OB・矢崎OB、ご多忙中来ていただきありがとうございました。

                                 記:田中優子

 


 トップページ